ふたば未来学園生徒の心得

 

生徒会活動は、生徒主体の活動を通して学校を活性化するとともに学校文化を形成し、ひとりひとりの生徒たちが「変革者」としての能動的市民性を育んでいく重要な機会であり、ふたば未来学園では開校以来活発な生徒会活動が行われています。

平成30年度からは、生徒会主導で変革者として自由な学校文化を形成していく校則改正の取り組みが行われ、校則の前文となる「ふたば未来学園生徒の心得」が策定されるとともに、携帯電話使用規定が改正されました。

宣言策定と校則改正の取り組み

 

 策定の経過 

平成30年11月 生徒会役員より職員会議に校則改正案提出→差し戻し
平成30年12月 生徒会役員より改めて職員会議に校則改正案提出→差し戻し
 

生徒会役員議論(複数回)

  • 校則改正について
  • 公民の教員を招いて自由とルールの関係についてディスカッション(カントの自由意志、サルトルの自由の刑、ミルの他者危害排除の原則)
  • 校則の前文となる理念の検討(各種法や宣言文、大学理念等を参考に)
平成31年2月 中央委員会
 

クラス協議

  • 生徒会役員・中央委員会より全校生へ呼びかけ
    「(抜粋)当たり前のことかもしれませんが、私たちの校則や学校生活においてのきまりごとは、先生方が決めたものです。私たち生徒会は、義務付けられたきまりだけでなく自分たちで、自分たちの学校生活についての権利を獲得していきたいと強く思っています。」
  • 目指すべき学校・自身の姿と、携帯電話使用ルールについて協議
平成31年4月 中央委員会 クラス協議を経ての方向性議論
平成31年4月 クラス協議 生徒会役員の草案を踏まえ議論
平成31年4月 生徒会役員・教職員協議 生徒会役員から教職員へ方向性の提案、議論
令和元年5月 生徒会総会
  • 「ふたば未来学園生徒の心得(案)」の決議
  • 携帯電話使用規定改正案の決議
  学校長の承認により校則改正
  • 生徒会決議「ふたば未来学園生徒の心得」を生徒日常の心得の前文として掲載
  • 携帯電話使用規定の改正

  ふたば未来学園生徒の心得 

私たちはふたば未来学園の生徒だ
ふたば未来学園の生徒とはどんな生徒だろうか
優しい生徒、明るい生徒、元気な生徒、一生懸命な生徒
それぞれの生徒がそれぞれの理想の自分を、それぞれに理想のふたば未来学園を思い描く
自分で考えるんだ
先生や周りの大人、知らない大人が考えるのではない
私たちが考え、決断し、行動する
自分はどうなりたい、今どうしたい、どうしたらいい、学校をどうしたい、地域を、世界をどうしたらいい
もし全員の考えが全て違ってもその中に間違いはひとつもない
一人一人が考える理想は全て違う
それが私たちの個性だ
その個性に溢れた学校がこのふたば未来学園だ

そして私たちは仲間の理想を、個性を認め合う
違って見える仲間の世界を、自分と違う仲間の考えを受け入れ大切にする
そして互いの考えを深め、一人の人として成長する
成長しながら私たちはそれぞれの目標に向かって挑戦をする
もしかしたらその挑戦は外から見れば小さな挑戦かもしれない
しかし私たちのその小さな挑戦を積み重ねることは大きな財産となる
目標はそれぞれ違っても仲間と高め合い、応援し、感謝し、私たちはまた成長する
そしてまた挑戦を積み重ねよう

ふたば未来学園は私たちがつくる

以下の生徒日常の心得は、この宣言に基づき本校の生徒が自らを律し、他者への尊重を心がけることを前提に守る。 

令和元年5月9日
生徒総会決議

生徒会

生徒会

【生徒会】令和4年度 第2回ふたばミーティング

 7月11日(月)に、第2回目となるふたばミーティングを実施しました。

 今回のテーマは、7月26日に行われる対面会議でのアイスブレイクを考えることでした。ミーティングの中で、ジェスチャーゲームや絵しりとりなどのアイデアがたくさん出ました。当日は本校みらいシアターに集まって、生徒会連合で交流を深めます。ふたば未来学園中学校の生徒たちが、26日の司会を務めることになりました。アイスブレイクが無事にできるよう、これからも話し合いを進めていきます。

 

0

【生徒会】令和4年度 第1回ふたばミーティング実施

 6月20日(月)に、双葉郡にある中高生徒会がオンラインで交流する「ふたばミーティング」が行われました。中学校・高校との交流を深めたり、8月に予定されている中高交流会に向けて準備を行ったりと、これからもふたばミーティングは続いていく予定です。

 

 今までは「ビデオ会議」という名前で毎年行われてきたものですが、今回のオンラインミーティングの中で話し合いを行い、名前を「ふたばミーティング」にすることで決定しました。これからも、双葉郡内の生徒会で多くの意見交換を行っていってほしいと思います。

 

 今回のミーティングでは、本校生徒会が議長校を務めました。円滑な司会、すばらしかったです!

0

【生徒会】令和4年度中高合同対面式・部活動紹介

 4月11日(月)に、本校アリーナ1にて中高合同対面式が行われました。三島長陵校舎の生徒もオンラインで参加しました。入学式では在校生が新入生を迎えることができなかったため、今回が初の顔合わせとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 校長先生からは、東日本大震災によって現在休校となっている浪江高校、双葉高校、双葉翔陽高校、富岡高校の校旗紹介が行われました。その後、生徒会会長や新入生代表生徒からのあいさつも行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対面式終了後、中高の部活動紹介も行われました。中高一緒に紹介する部活動や、今年度同好会の新設を目指している生徒など、それぞれ特色ある発表が見られました。

0

【中学・高校】臨時生徒会総会 部活動原則入部の改正

本校の校則では、高校生の部活動入部について以下のように示されています。

第36条 部は生徒会員によって構成され、会員は少なくとも1つの部に所属するものとする。それぞれ顧問を置かなければならない。

この校則により、現時点では部活動に加入することが義務付けられています。

 

この校則を見直し、部活動への加入の在り方について全校生に対してアンケートを実施しました。アンケートでは、様々な意見が出されました。

【改正に賛成】

・放課後の時間を有意義に使いたいから。

・必ずしも自分のやりたいことが部活動の中にあるとは思えないから。

・原則入部だと真面目に活動をしない人がでて、ちゃんとやっている人に失礼だから。

・強制という縛りは校風にあっていない。

・部活動はあくまで「自主的な活動」だから。

・多様性を尊重するべき。無理やり入部させて生徒のやりたいことを奪うのはもってのほか。

【どちらでもいい】

・やりたい部活がないときに、強制的に入らないといけないのは違うと思う。しかし、入部しなければ他学年との交流の場が無くなってしまう。

・部活以外の活動に力を入れることができるのは良いが、部活の人数維持についてどう対策をとるのかを考えなくてはならない。

・廃止するなら、部活動への参加を推奨するというふうにしてほしい。

【改正に反対】

・入部する生徒が減少し、廃部になる部活動がでるかもしれないから。

・運動不足の人が増えてしまう。

・人間関係を学べる大切な機会だから。

・興味をもっていろんなことにチャレンジした方がいいと思う。

・部活動に入ることによってやりがいや目標を見つけられるケースもある。

 

多くの意見をいただいた上で、生徒会役員・中高連携幹事で改正案を作成しました。

第36条 部は生徒会員によって構成され、それぞれ顧問を置かなければならない。会員は、どれか1つの部に任意で所属してよいものとする。ただし、顧問の承認があれば、他の部と兼任して構わない。

この改正案について臨時生徒会総会を開いたところ、総会出席者の8割以上から賛成票が投じられました。

生徒たちの意見をまとめた改正案は、後日生徒会長から校長先生へ提案しました。

 

生徒たちが思い描く、ふたば未来学園の実現に向けて、これからも役員・連携幹事で活動を進めていきます。

 

0

【中高生徒会】赤い羽根共同募金

3/25(金)、中学生・高校生及び教職員で集めた「赤い羽根共同募金」を広野町社会福祉協議会様に届けてきました。

ふたば未来生が学ぶ広野町の地域福祉の充実の一助となればとの思いで募金しました。役立てていただけると嬉しいです。

0

【中高生徒会】生徒会アンケートの実施

 2月25日(金)に、全校生を対象に生徒会アンケートを実施しました。

アンケートの内容は、「ふたば未来学園生徒の心得をどれだけ意識しているか」「校則についての意識」「試験的自由服登校日について」「高校1年次の部活動原則入部について」です。

高校生徒会長・中学生徒会長・中高連携幹事からそれぞれ挨拶があり、アンケートの趣旨や思いを生徒に伝えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒たちは真剣にアンケートに取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中高の生徒会役員が、休校期間中もオンラインミーティングなどを行って協議し、ついにアンケートを実現させることができました。ここからが本当のスタートです。生徒たちの意見をもとに対話を重ね、より良い学校生活の実現に向けて行動してほしいと思います。

 

0

【中高生徒会】校則改正アンケートの検討

中学校生徒会役員・中高連携幹事・高校生徒会役員が集まり、校則改正について議論を深めました。

全校生を対象にアンケートの実施を計画しており、内容や文章表現についての意見交換を進めています。

「校則を改正するとはどういうことか」

「ふたば未来の制服にはどんな想いが込められているか」

「本当の自立って何だろう」

中学生と高校生の違いについて認め合い、これからも対話の機会を増やしていきます。

 

0

【中高生徒会】ふたば生徒会連合 ビデオ会議への参加

 11月29日(月)放課後に、ふたば生徒会連合で行っているビデオ会議に参加しました。

 会議の中では、12月4日(土)に行われるふるさと創造学サミットに向けた話し合いがなされ、当日に向けた準備を進めることができました。

 ふたば生徒会連合が中心となって、オープニングセレモニー・全体企画でのアイスブレイク・クロージングセレモニーを行います。ふるさと創造学サミットが楽しみになってきました。

 

0

【中高生徒会】校則や今後の生徒会活動に向けた議論(11/5)

中学校役員・中高連携幹事・高校役員が集まり、副校長先生と一緒にミーティングを行いました。来年度は、中学校からの一貫生が初めて高校アカデミック系列にも進学する節目となります。それに向けて、「中高の校則はどうあるべきか」「部活動の接続をどのように進めるか」などについて議論を深めました。

冒頭に、高校役員の浦山夏美さんから、自身の探究活動での取り組みを踏まえて「参画の階段」について話がありました。「参加は何かの機会に入っていくこと、参画は計画段階から入っていくこと。お飾り・形式的な参画の段階ではなく、生徒主導で参画していく段階までのぼることを目指したい」と呼び掛けてくれました。

また、『ふたば未来学園生徒の心得』の中にある宣言文の策定に関わった先輩から以下のようなメッセージをいただきました。

『自由は自律の先にあって、自律は考えた先にあります。
 よく考えて自らを律することができたとき、あなたは本当の自由を掴めます。
 自由はあなたが想像したよりも不自由なものかもしれないけど、きっと面白い。
 (元生徒会副会長 秋山杏由子さん)』

中学生徒会長からは、「哲学対話でも”自由と自分勝手の違い”について議論したことがあり、先輩の”自由は自律の先にある"という言葉に深く共感します」と話があり、一同どよめく場面もありました。

自由・自律とは何かをよく考え、これからの学園を生徒たちでつくっていってほしいと思います。

 

0

【中学校】後期生徒会総会と手話の実践(10/15)

 令和3年度の後期生徒会総会がアリーナで開催され、学級役員、専門委員会役員の認証とともに生徒たちによる活発な質疑応答が繰り広げられました。

 さて、実はこの総会での校歌静聴の際、阿部さんが、自身が取り組んでいる手話による探究の一環として、校歌を手話で表現することを試みました。「手話を全員でやってみよう!」というわけです。「全員で手話によるコミュニケーションを体験する機会を設けたい」との一葉さんの熱い想いがあり、それを受けた生徒会役員が尽力して実現したものです。

 

 

 結果は大成功!中学生全員が、映像と阿部さんの解説に合わせ、校歌の一番を手話で表現することができたのです。この後お話された柳沼校長先生は、全中学生で手話での校歌に取り組んだ様子について感じたことを、「共有・理解・深い学び。そして他人事から自分事へ。」と表現されました。まさに、全員で校歌による手話を体験した、この時間の意味の本質を表した言葉だと感じました。

 

 その後の総会も予定時間を超える質疑応答。みんなで確認した活動をみんなで実践!

 引き続き、一人ひとりが主人公となる学校づくりに取り組んでいきます。

 

0