猪苗代校舎

猪苗代校・バドミントン

バドミントンアジアジュニアU19選手権2018

7/14から7/22にインドネシア・南タンゲラン市で行われたバドミントンアジアジュニアU19選手権2018に参加してきました。

大会結果は、次の通りです。

 

【国別対抗戦】

第2位  水井 ひらり 福本 真恵七(3年) 内山 智尋(2年)

 

【女子シングルス】

第3位  水井 ひらり(3年)

3回戦敗退  内山 智尋(2年)

 

【女子ダブルス】

3回戦敗退  福本 真恵七(3年)・上杉 杏(埼玉栄高校3年)

 

【混合ダブルス】

2回戦敗退  福本 真恵七(3年)・川本 拓真(埼玉栄高校2年)

 

MIND OVER BODY

第71回福島県総合体育大会バドミントン競技

7/12~7/14にいわき市総合体育館で行われた第71回福島県総合体育大会バドミントン競技に参加してきました。

大会結果は、下記のとおりです。

 

【男子ダブルス】

優勝     廣澤 紫雲・安田 伊吹(3年・2年)

第2位    李 正・鶴岡 真人(2年)

ベスト8  松岡 聖和・齋藤 直(3年) 高嶋 集・稲光 翔太郎(2年・1年)

        後藤 サン・山下 啓輔(2年・1年) 末永 逸貴・杉浦 壮哉(1年)

 

【女子ダブルス】

第2位   木村 百伽・千葉 美采(2年)

第3位   佐藤 杏・染谷 菜々美(3年・2年) 中静 朱里・廣上 瑠依(1年)

ベスト8  松田 羽奏・宮 澪里(3年)

 

【男子シングルス】

優勝      山下 啓輔(1年)

ベスト8   後藤 サン(2年) 李 正(2年) 稲光 翔太郎(1年)

ベスト16   松岡 聖和(3年) 末永 逸貴(1年)

3回戦敗退  安田 伊吹(2年)

 

【女子シングルス】

優勝    中静 朱里(1年)

第3位   木村 百伽(2年)

ベスト8  佐藤 杏(3年)  千葉 美采(2年)

ベスト16  廣上 瑠依(1年)

3回戦敗退  宮 澪里(3年)

2回戦敗退  松田 羽奏(3年)

 

 MIND OVER BODY

第47回東北高等学校バドミントン選手権大会

6月21日~24日に岩手県花巻市でおこなわれた第47回東北高等学校バドミントン選手権大会に参加してきました。

 大会結果は、下記のとおりです。

 

【男子団体】

 第3位

【男子ダブルス】

第3位     李 正・鶴岡 真人(2年)

2回戦敗退  廣澤 紫雲・安田 伊吹(3年・2年)

1回戦敗退  松岡 聖和・齋藤 直(3年)

【男子シングルス】

優 勝  稲光 翔太郎(1年)

第2位  廣澤 紫雲(3年)

第3位  李 正(2年) 後藤 サン(2年)

 

【女子団体】

優勝

【女子ダブルス】

第3位   佐藤 杏・福本 真恵七(3年)

ベスト8  水井 ひらり・内山 智尋(3年・2年)

1回戦敗退  中静 朱里・廣上 瑠依(1年)

【女子シングルス】

優 勝  水井 ひらり(3年)

第3位  中静 朱里(1年)

ベスト8 佐藤杏(3年) 染谷 菜々美(2年)

MIND OVER BODY

 

 

 

第64回福島県高等学校体育大会バドミントン競技

 6月1日~6月4日に宝来屋郡山市総合体育館で行われた

第64回福島県高等学校体育大会バドミントン競技に参加してきました。

大会結果は、下記のとおりです。

 

≪男子団体≫

第2位

 ≪男子シングルス≫

優 勝   後藤 サン(2年)

第2位   廣澤 紫雲(3年)

第3位   李 正(2年) 稲光 翔太郎(1年) 

ベスト8  安田 伊吹(2年) 山下 啓輔(1年)

4回戦敗退  松岡 聖和(3年) 

≪男子ダブルス≫

優 勝   李 正・鶴岡 真人(2年)

第3位   廣澤 紫雲・安田 伊吹(3年・2年) 松岡 聖和・齋藤 直(3年)

ベスト8  髙嶋 集・稲光 翔太郎(2年・1年) 後藤 サン・山下 啓輔(2年・1年)

 

≪女子団体≫

優 勝 

≪女子シングルス≫

優 勝   水井 ひらり(3年)

第2位   染谷 菜々美(2年)

第3位   佐藤 杏(3年) 中静 朱里(1年)

ベスト8  福本 真恵七(3年) 内山 智尋(2年) 千葉 美采(2年)

3回戦敗退  宮 澪里(3年)

 ≪女子ダブルス≫

優 勝   水井 ひらり・内山 智尋(3年・2年)

第2位   佐藤 杏・福本 真恵七(3年)

第3位   中静 朱里・廣上 瑠依(1年)

ベスト8  松田 羽奏・宮 澪里(3年) 木村 百伽・山浦 波瑠(2年・1年)

染谷 菜々美・千葉 美采(2年)

 

MIND OVER BODY

 

 

 

スラバヤオープン2018

 5月7日~5月12日にインドネシア・スラバヤ市で行われたスラバヤオープン2018に参加してきました。

 

大会結果は、下記のとおりです。

 

<シニア 女子シングルス>

 優勝  水井 ひらり

 

<U19 男子シングルス>

ベスト8  廣澤 紫雲(3年)

 

<U19 女子シングルス>

優勝    内山 智尋(2年)

第3位   染谷 菜々美(2年)

ベスト8 松田 羽奏(3年)

 

<U19 女子ダブルス>

優勝 水井 ひらり・内山 智尋(3年・2年)

ベスト8 佐藤 杏・福本 真恵七(3年)

 

<U17 男子シングルス>

 ベスト8 山下 啓輔(1年)

 

<U17 女子シングルス>

第2位 中静 朱里(1年)

 

 <集合写真>

 

 

 

 

 

 

ジョグジャカルタオープン2018

4月30日~5月5日にインドネシア・ジョグジャカルタ市で行われたジョグジャカルタオープン2018に参加してきました。

大会結果は、下記のとおりです。

 

<U17 女子シングルス>

第3位  中静 朱里(1年) 廣上 瑠依(1年)

<U17 男子ダブルス>

ベスト8  稲光 翔太郎・武井 凜生(1年・富岡一中3年)

 

 

<U17 女子ダブルス>

第3位 山浦 波瑠・杉山 薫(1年・富岡一中3年)

 

 

BS11「ザ・チーム 勝利への方程式」でバドミントン部が紹介されました。

放送局 BS11

番組名 「ザ・チーム 勝利への方程式」

放送日 平成30年5月11日

 

見逃した方は、以下のサイトにてご覧いただけます。

見逃し配信 https://vod.bs11.jp/video/the-team/rYoQDT/

 配信終了日_平成30年5月18日

 

番組サイトより引用

第4回「プレーヤーズファーストでさらなる高みへ」(5月11日放送)

2015年に開校したばかりの福島県立ふたば未来学園高校。その前身は県立富岡高校で数年前まで桃田、大堀、仁平らの日本代表のバドミントン選手を多数輩出してきた強豪校だった。しかし、2011年の東日本大震災によって高校が立ち入り禁止になり他の高校に間借りする形で存続するも2017年3月に休校。その精神と育成メソッドは新設のふたば未来学園に引き継がれた。
学校の名前を失ってもジャージにはすべて「TOMIOKA」の名を入れ続け、創立するや否や史上初となるインターハイ5冠を達成。若き本多監督のもと絶対王者として君臨する。苦難を乗り越え栄冠を手にしたバドミントン部に密着。

 

 

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権2018

4月4日~4月8日に、大阪府守口市で行われたヨネックス大阪インターナショナル

チャレンジバドミントン選手権2018に参加してきました。

大会結果は、下記のとおりです。

 

<男子ダブルス>

1回戦敗退 山下 啓輔・杉浦 壮哉(1年)

 

<女子シングルス>

1回戦敗退 染谷 菜々美(2年)

予選1回戦敗退 木村 百伽(2年)

 

<女子ダブルス>

 1回戦敗退 福本 真恵七・上杉 杏(3年・埼玉栄)

1回戦敗退 染谷 菜々美・中静 朱里(2年・1年)

 

<混合ダブルス>

1回戦敗退 杉浦 壮哉・福本 真恵七(1年・3年)

1回戦敗退 山下 啓輔・木村 早希(1年・青森山田)

 

MIND OVER BODY

ペンバングナン・ジャヤ・ラヤジュニアグランプリ2018

4月3日~4月8日に、インドネシア・ジャカルタ市で行われたペンバングナン・ジャヤ・

ラヤジュニアグランプリ2018に参加してきました。

大会結果は、下記のとおりです。

 

<女子シングルス>

2回戦敗退 水井 ひらり(3年)

2回戦敗退 内山 智尋(2年)

 MIND OVER BODY