未来創造探究

カテゴリ:報告事項

【アグリビジネス探究班(3年次)】_ドレッシング販売開始(^_-)-☆

完成披露会兼試食会

平成30年12月19日(水)14:00~

西野屋食品(いわき市常磐上矢田町田端8-1)

 

未来創造探究にて、2年間かけて取り組んできた、地元の特産品を使ったドレッシングが完成しました。

製造元である、西野屋食品さんの店頭をお借りして披露会を兼ねた試食会を開催しました。

 

○商品名【青春ドレッシング】

 みかん:広野町のみかんを使用したほんのり甘酸っぱい味

 ゆず:楢葉町のゆずを使用したちょっぴりほろ苦い味

 

・ご来店いただいた方に、試食をしていただきました。

・西野屋食品さんで購入することができます。

○道の駅よつくら港でも販売が始まりました。

 

○実は、ネットでも購入できるんです。(*^^)v

西野屋食品オンラインショップ

 ○青春ドレッシング ゆず

 ○青春ドレッシング みかん

 

天市場_西野屋

 ○青春ドレッシング ゆず

 ○青春ドレッシング みかん

  

○この商品のお問い合わせ先

 漬物・佃煮製造卸 西野屋食品株式会社

 〒971-8131 福島県いわき市常磐上矢田町田端8-1 

 TEL 0246-28-2828  /  FAX 0246-28-2833

 メール info@nishinoya.jp

 

参考資料

朝日新聞

福島)高校生がミカンとユズで「青春ドレッシング」開発

福島民報

青春の味をドレッシングに ふたば未来高生が考案

福島民友

甘酸っぱ~ぃ!青春の味「ドレッシング」 ふたば未来高生開発

 

【アグリビジネス探究班(3年次)】_ドレッシングの開発を行いました

 【ゆずドレッシング】

平成30年11月28日(水)西野屋食品(いわき市)

自分たちで収穫したゆず(楢葉町)で、開発中の【ゆずドレッシング】の最終チェックを行いました。

年度や収穫の時期で微妙に味が変わります。

 

西野屋食品(いわき市)の小野社長からご指導頂きました。

・ゆずの搾取中

 

・ドレッシング加工

温度を確認しながら、煮詰めています。(^^♪

・計量しながら、瓶の中へ (+_+)

これまでのアンケート結果をもとに、ゆずの風味をちょっと強くしました。

 ・

・最後の工程。

気を引き締めて、キャップを閉めます。(^^ゞ

 ・

・ラベルの編集も行っています。

製造者兼販売者の社長に、作成したラベルのプレゼンをしました。

自分たちが描いたイラストで、商品価値を高めます。

いろいろありがとうございました。

社長と西野屋食品のキャラクターふとめちゃん♡

 

【みかんドレッシング】

平成30年11月21日(水)西野屋食品(いわき市)

収穫したみかんで、開発中のドレッシングの試作を行いました。

 スペ系【商業・福祉】_広野町でみかん狩りを行いました。

今年度のみかんの味を確認し、ドレッシングの味の調整を行いました。

 

西野屋食品(いわき市)の小野社長からご指導頂きました。

・ドレッシング加工

・ドレッシングの瓶詰

 

・キャップ閉め 

 

  

☆ラベル編集

今回は、ラベルのデザインの編集の場に同席しました。自分のタブレットを使ってイラスト作成と編集をしました。オリジナリティ溢れたネーミングとデザインに仕上がっていきました。

 

 ・色々とありがとうございました。

 

 

【アグリビジネス探究班(3年次)】_大熊町ふるさとまつりinいわきに出店しました。

大熊町ふるさとまつりinいわき」に出店しました。

平成30年11月10日(土)エイブル社有地 ( いわき市好間工業団地24-6)

 

このイベントは、双葉翔陽高校が休校になるまで出店を続けていました。

・双葉翔陽高校学校WEBより(2016/10/29)

・今回、キウイ農家の渡邉さんのブースをお借りして販売をしました。

販売ブース:カフェ大百笑

 

 

 

販売品名:Oh!くまちゃん

大熊町の特産品であるキウイのドライフルーツを練りこんだクマ型マドレーヌです。

このキウイは、スペシャリスト系列【商業・福祉】がいわき市の園児と一緒に収穫しました。

 

 

なお、この商品は、以下のお店で購入することができます。

ペールノエル(いわき市平字倉前116-4)

 

 

 

11/10【アグリビジネス探究班(3年次)】大熊町ふるさとまつりinいわきに出店します。

大熊町ふるさとまつりinいわき」に出店します。

平成30年11月10日(土)エイブル社有地 ( いわき市好間工業団地24-6)

 

販売ブース:カフェ大百笑(キウイ農家の渡邉さんのブースです)

販売品名:Oh!くまちゃん

大熊町の特産品であるキウイのドライフルーツを練りこんだクマ型マドレーヌです。

このキウイは、スペシャリスト系列【商業・福祉】がいわき市の園児と一緒に収穫しました。

 

 

【アグリビジネス探究班(3年次)】大熊町の特産品を使った商品開発

スペシャリスト系列【商業・福祉】がいわき市の園児と一緒に収穫したキウイを使って焼き菓子を開発しました。

商品名:Oh!くまちゃん

大熊町の特産品であるキウイのドライフルーツを練りこんだクマ型マドレーヌです。

 ・ペールノエルさん(いわき市平倉前)をお借りして製造しました。

・クマ型に生地を絞っています。

・一つひとつ丁寧に包装しました。

・一緒にキウイを収穫した園児にプレゼントしました。

 園児からは、キウイ農家の渡邉さんへの手作りカレンダーを預かりました。

・渡邉さんに、出来立ての「Oh!くまちゃん」をプレゼントしました。

・梅香保育園の園児からのプレゼントを渡しました。

・今回のお菓子は、以下のイベントにて販売しました。

葛尾村で1日限定「café おかえりHouse」がオープンします。

 

・次回は、「大熊町ふるさとまつりinいわき」にて販売します。

 11月10日(土曜日)いわき市で開かれます。

【アグリビジネス探究班(3年次)】地元産の農産物を使った商品リサーチ(その3)

未来創造探究【アグリ・ビジネス探究班】では、広野町の特産物を使った商品開発を行い、賑わいを取り戻すことができるかを探究しています。

 

・広野町の農産物を使ったクッキーを開発しました。

・広野町産のにんじんをすっています。

・広野町のカボチャをこしています。

・クッキーの粉をふるいにかけています。

・機械でこねます。

絞っています。

・おいしいクッキーが焼きあがりました。

・写真はありませんが、広野町のみかんを使ったクッキーも開発しました。

 

 ・広野町のまちなかマルシェにて販売し、検証を行いました。

【参考】  PTA_本校舎にて都高P連の研修会が開催されました。

 

【予定】

8月11日(土)社会起業部の後輩たちが、広野町サマフェスにて販売を行います。

9月19日(水)この商品に関する探究内容を、未来創造探究生徒研究発表会(会場:本校体育館)にて発表いたします。

【アグリビジネス探究班(3年次)】地元産の農産物を使った商品リサーチ(その2)

 未来創造探究【アグリ・ビジネス探究班】では、広野町の特産物を使った商品開発を行い、賑わいを取り戻すことができるかを探究しています。

 

・Ⅰ期生が開発した「みかん大福」を、よりリアルに表現した【まるころみかん大福】を開発しました。

ラベルをかわいく表現しました。

 

 校内文化祭で販売し、検証を行いました。

 

【予定】

8月11日(土)社会起業部の後輩たちが、広野町サマフェスにて販売を行います。

9月19日(水)この商品に関する探究内容を、未来創造探究生徒研究発表会(会場:本校体育館)にて発表いたします。

 

 

 

【アグリビジネス探究班(3年次)】地元産の農産物を使った商品リサーチ(その1)

未来創造探究【アグリ・ビジネス探究班】では、広野町の特産物を使った商品開発を行い、賑わいを取り戻すことができるかを探究しています。

・広野町の夏みかんを使ったゼリーです。

 

・広野町産の夏みかんを農家さんからいただきました。

 ありがとうございました♡

・夏みかんを搾取しました。(ジュースにしました。)

ゼリーに加工して、スタンディングパックへ

・ペールノエル(いわき市平)と協力して製造しました。

校内文化祭で販売し、検証を行いました。

 

【予定】

8月11日(土)社会起業部の後輩たちが、広野町サマフェスにて販売を行います。

9月19日(水)この商品に関する探究内容を、未来創造探究生徒研究発表会(会場:本校体育館)にて発表いたします。

 

【メディア・コミュニケーション探究班(2年次)】外部講師講話

 2月21日(水)5・6校時は、2年生が未来創造探究授業を行いました。
 今回のメディア・コミュニケーション班では、福島県広報課とふくしま心のケアセンターから総勢6名の方にお越しいただき、班ごとに自分たちの探究活動に対するインプットやアドバイスをいただきました。
 中学生との交流会を計画している班では、心のケアセンターの渡邊さんより「親しみやすいコミュニケーションのコツ」というテーマでワークショップを開催していただきました。
 生徒の中に大人も一緒に入り、「コミュニケーションとは何を伝えるかだけでなく、(相手からの発信に対して)何を思うかということも含む」ことや、対人コミュニケーションでは言葉の意味だけでやりとりが行われているわけではなく、声のトーンや表情、身振りなどからもたくさんの情報を受信しているということを実際のゲームや活動を通して体感することができました。
 生徒が自分たちで知りたいことを知るために心のケアセンターを探し、アポイントメントをとって心のケアセンターの方をお招きすることができたこともあり、積極的に活動に参加する様子が見られました。
 また、SNSを活用する班や学びの歩みを冊子にまとめながら双葉郡についての理解を広げる活動を行う班では、県の広報課の方より実際に行っている広報活動の紹介を通して、より多くの人に手に取ってもらいやすくするための工夫を教えていただきました。
 生徒からは「これまで自分なりに発信をしてきたのでSNSでどのように発信すればいいか戸惑う部分もあったが、自分の中で方向性が決まった」「活動の中で何度も方向転換をしてきたが、やっと考えがまとまった。今日学んだことを校外活動に活かしていきたい」というような声が聞かれ、今後の探究活動を加速させる足掛かりとなりました。
 次回は中間発表に向けた準備と予行練習を行う予定です。

☆心のケアセンターの渡邊さんとのワークショップの様子
 
 ☆伝え方の難しさを体感するワークの様子
 
☆広報課の方より広報リーフレットを参考に伝え方のコツを伺う様子