生徒会

生徒会

校長先生と生徒会役員の懇談会

6月2日(月)の放課後、柳沼校長先生と、高校生徒会役員による懇談会が行われました。

生徒会役員は、服装・頭髪に関する校則の改正に向けて協議をしていましたが、長い休校期間が明け、生徒の服装に乱れがあることに問題意識を持ちました。自治活動として6月1日(月)から、5日(金)までの間、朝のあいさつ運動を行い、服装について呼びかけをしています。

今回の懇談会は、ふたば未来生の理想の姿と、現実の姿のギャップに悩んでいる生徒会役員が以前から思っていた、「校長先生と話してみたい」という気持ちと、「生徒の意見を聞いてみたい」という校長先生の考えから生まれました。

会の中では校長先生より、役員一人ひとりが「なぜ生徒会役員に立候補したか」を問われ、「この学校が好きだから」、「生徒から出る意見を実現させたい」、「中高交流の場を増やしたい」など、それぞれの真剣な想いが話されました。校長先生からは、「自立の裏側には責任があること」、「双葉郡唯一の高校としての自覚」について話をいただき、生徒会が進めていた校則改正には、生徒全体の意識の変様が必要だと改めて認識できました。

会の終了後、生徒会長の大和田美月さんは、「楽しみにしていた校長先生との話が実現できてうれしかった」と話していました。また、改めて今回の朝のあいさつ運動を行っている意義を生徒に伝えたいと考え、放送で全校生に想いを伝えました。今回の懇談会により、今取り組んでいるあいさつ運動や校則改正、日々の生徒会活動が深められるきっかけとなりました。

  

 

0

【高校】風紀委員会より その4

 風紀委員会より

 コメント:委員長・副委員長

 ポスター:風紀委員1年次委員

  手洗いうがい、そしてアルコール消毒で菌を無くしましょう!
また3つの密「密接」「密閉」「密集」を避ければ、菌も避けることができます。
こういった行動は自分のためだけでなく、そばに居る家族や地域の人々のためにもなります。
「1人1人の行動が、みんなの笑顔につながる。」
この言葉を意識してみんなで対策していきましょう!

 

©風紀委員会1年次委員

0

【高校】風紀委員会より その3

 風紀委員会

 コメント:委員長・副委員長より

 ポスター:3年次委員 

 手洗いうがいをしっかりすることで、菌をしっかり洗い流しましょう!
あまり気を張りすぎるのも良くありません。バイバイキン!って明るい気持ちで菌をやっつけましょう!! 

©風紀委員会3年次委員

0

【高校】風紀委員会より その2

 風紀委員会 副委員長より

今の時期「3つの密」は避けよう!
何のために学校が休みになっているか考えよう。
この時期だからこそ考えないといけないことがあると思います。
一人一人、少しでも意識してくれるといいです! 

©風紀委員会副委員長

0

【高校】風紀委員会より その1

風紀委員会 委員長より

もう「マスクつけようぜ!」どころではなく、「外に出ないようにしようぜ!」って話になってますね。
しっかり手洗い、うがい、外に出ない…
対策するぞっ

このポスターを見て、みんなが一気に変わるわけではありませんが、少しでも変わろうと心の中で思ってくれたらうれしいです!!!

 

©風紀委員会委員長

※コメント中の「保健室でのマスク支給」の対象は生徒のみです。

0

【中学校】生徒会専門委員会編成について

 4月16日(木)中学校では、生徒会専門委員会編成が行われました。委員会ごとに委員長、副委員長、書記の選出を行い、その後に活動目標の設定、活動計画の作成に取り組みました。どの委員会も生徒が主体的に取り組み、充実した話し合いが行われていました。

 昨年、高校の生徒会が中心となって、「私たちはふたば未来学園の生徒だ ふたば未来学園の生徒とはどんな生徒だろうか」から始まる宣言文が制定されました。この宣言文の中に「ふたば未来学園は私たちがつくる」という言葉があります。

 毎日の生活と大きく関わる委員会や係活動です。それぞれの委員会が立てた目標の達成に向けて、積極的に委員会活動に取り組んでいきましょう。

 

 

0

令和2年度部活動紹介

 4月14日(火)に本校アリーナにて、令和2年度部活動紹介が中学校、高等学校合同で実施されました。新入生は真剣に先輩の話を聞きながら、どの部活動で活動したいかを考えていました。

 

 新型コロナウイルスの対応のため、新入生と各部の代表者のみの参加、紹介の時間の短縮など、例年とは異なる実施となりました。そうした中でも、各部の代表者がそれぞれ工夫を凝らした紹介で新入生の心を引きつけていました。

 

 

 新入生は今後、仮入部期間を経て正式入部となります。よく考え、自分のやりたいこと、自分を成長させてくれる部活動を見つけましょう。

0

令和2年度ふたば未来学園中学校・高等学校合同対面式

 4月13日(月)に本校アリーナ1にて、中学校、高等学校合同の対面式が行われました。真新しい制服を着た新入生を暖かく迎え入れることができました。新入生は新たな生活に胸を躍らせ、キラキラとした眼差しで、校長先生や先輩の話を真剣に聞いていました。

 校長先生からは、東日本大震災によって、現在休校となっている浪江高校、双葉高校、双葉翔陽高校、富岡高校の校旗紹介が行われました。それぞれの高校が再開するまで責任を持って校旗を預かるとともに、それぞれの高校の思いを引き継ぎながら、教育活動を充実させていきたいというお話をいただきました。校旗を預かる本校の責任と使命を強く感じることができました。

 

 続いて、中学校生徒会長の伊藤珠弓さんから「思いやりのある生徒が多い。安心して何でも聞いてほしい。夢に向かって一緒に努力していきましょう」と挨拶がありました。また、高校の生徒会長大和田美月さんからは「不安がたくさんあると思いますが、2、3年一同不安をなくせるよう頑張ります。ふたば未来での出会いを大切にして過ごしてほしいです。」と挨拶がありました。

 

 新入生を代表して中学校からは長谷川翔哉さんが「新しい学校生活に胸が膨らんでいる。力をつけて、相手に意見をきちんと伝えコミュニケーションがとれるよう頑張りたい」と挨拶があり、高校からは佐藤哉汰さんから「新たな学校生活に胸が躍ります。不安もあるが、何事にも一生懸命に取り組んでいきたい。」と挨拶がありました。

 

 あらためて新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。在校生一同、みなさんの入学を心からお待ちしておりました。このふたば未来学園で「変革者たれ」の精神のもとに、楽しく充実した学校生活を共に過ごしていきましょう。

0

高校生徒会引き継ぎ会、中高生徒会対面会

12/18(水)放課後に高校生徒会役員の引き継ぎ会が行われました。和やかな雰囲気の中、旧役員が校則改正までの道のりや、活動の中で大変だったこと等を振り返りました。

旧役員ひとりずつからの、新役員へのメッセージでは空気が一変し、旧役員それぞれの生徒会に対する熱い思いや、役員同士ケンカになるまでぶつかり合い議論したこと、役員それぞれの成長について伝えられました。中には泣き出しそうになる役員もおり、一年間の活動の大変さ、充実が表れていました。生徒会長の菅野光桜さんからは、「先生方とぶつかることは間違いではない。生徒会は全校生徒の想いを受け、伝える役割があるので、正しいと思ったことは、どんどんぶつかって欲しい。」というメッセージが伝えられました。

役員改選から1ヶ月を過ぎましたが、今回の会を通し、新役員に責任感と覚悟が芽生えたように感じます。

引き継ぎ後には、中学生徒会が合流し、中高の生徒会が初めて対面し、お互いに協力しながら学校をより良くしていくことを確認しました。

 

0

生徒会役員選挙が行われました【中高合同】

 10月11日(金)、中高合同で生徒会役員選挙が行われました。中学生にとっては初めての役員選挙で少し緊張した様子でしたが、それぞれ理想の学校について熱く語っていました。また、高校生の立候補者からは、“全校生徒の意見を取り入れオープンな生徒会にしたい!”などの積極的な演説が聞かれました。

0

熱い応援による壮行会が行われました!

 5月23日(木)、本校アリーナにて壮行会が行われました。教頭先生のお話では、勝利に繋げるアドバイスとして「チームワークが大切であること」、「普段の練習でも本番のように取り組むこと」、「最後まで諦めないこと」について教えていただきました。

今回の壮行会では、男子サッカー部、女子サッカー部、陸上競技部、レスリング部、バドミントン部、卓球部、ソフトテニス部、女子バレー部の部活動が壇上に上がり、これから試合に臨む意気込みを言いました。

また、応援では今年から初めてとなるチアガール達が登場し、一生懸命エールを送っていました。どの部活動も上位入賞目指してガンバレッ!!

 

【アベック優勝を目指すバドミントン部】

 

【気合を入れて、心を込めてエールを送る、団長の小林くん】

 

【本校はじめてのチアガールが結成されました】

0

《中学・高校合同》生徒会総会が行われました!

 5月9日(木)本校アリーナにて、初めてとなる中学・高校合同の生徒会総会が行われました。本校中学校はまだ生徒会が設立されていないため、中学生はオブザーバーとして総会に参加しました。また、昨年まで猪苗代校舎で学んでいた生徒達にとっても、今回が初めての合同での総会となりました。

校長先生のお話では「学校生活をよりよくしたいと思うのならば、自分達で考え、どんどん発言し、自分たちで学校を創り上げてください。学校は社会に出る前の民主主義のお勉強です。」とご助言をいただきました。

 議題では、校則に関するルールについて生徒会から提案が出るなど、自分たちで学校を創っていくために生徒会がリードしている様子が伺えました。

質疑応答でも、一般生徒から様々な質問や要望が寄せられ、活発な総会となりました。

 

●初めての中・高合同の生徒会総会

 

●校長先生のお話

 

●各委員会・部活動から活動計画についての報告

 

●質疑応答の様子

0

【生徒会】はじめての中高合同!対面式・部活動紹介

 4月9日(火)、中学校・高校合同による対面式・部活動が本校アリーナにて行われました。

対面式では、真新しい制服を着た新入生を在校生が温かく迎え入れました。新入生は皆期待に胸を膨らませ、キラキラとした表情で先輩たちの話を聞いていました。

 校長先生による校旗紹介では、休校となった5つの高校の特色ある教育活動や母校を失った卒業生の想いを教えていただき、校旗をお預かりしている本校の責任と使命を強く感じることができました。

部活動紹介では、高校生による趣向を凝らした紹介が多く、新入生、中学生、転入生ともに笑いが耐えない時間となりました。

【校長先生による校旗紹介】

【高校生徒会代表あいさつの様子】

【中学新入生代表あいさつの様子】

【女子サッカー部の紹介】

 【卓球部の紹介】

【美術部の紹介】

【吹奏楽部の紹介】

0

熊本地震 募金活動

このたびの、熊本地震により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。東日本大震災と原発事故の被災地として、他人事ではありません。また、昨年には、熊本県立荒尾高等学校のみなさまに本校に来ていただき、貴重な交流をさせていただき、その際、くまモンのぬいぐるみをいただいたこともあり、生徒たちの想いも強いです。(本校の生徒たちは荒尾高校の皆さんのことを心配しています。)このことから、本校生徒会では、校内において、校内生対象に募金活動を開始することになりました。地震の発生した週末から今朝(4/13)にかけて生徒たちが自主的に動いたものです。

0

対面式・部活動紹介が行われました

一期生と二期生の対面式・部活動紹介の様子です。
 ↓ 一期生が待ちに待っていた後輩たち、二期生と対面しました。新入生代表が堂々とあいさつをしました。

 ↓ 部活動紹介の様子です。開校初年度、少人数でも頑張ってきた部や、新たにできた部など、それぞれの持ち味を生かしたプレゼンでした。一期生は、先輩になったんだなあという、実感がわいたのではないでしょうか。



0

双葉郡の高校生たちの唄 練習会2

双葉郡の高校生たちの唄 練習会2

2月27日(土)いわき明星大学サテライト高校において、2回目の歌唱練習会が行われました。今回は、生徒会と音楽部に希望生徒を加えて、本校から23名が参加し、渡辺俊美さんのご指導のもと双葉郡の高校生たちと一緒に練習しました。
 3月5日(土)の本番では、心を一つに素晴らしい歌声を届けたいと思っています。


0

双葉郡の高校生たちの唄

双葉郡の高校生たちの唄 練習会

2月6日(土)いわき明星大学サテライト高校において、初めての歌唱練習会が行われ、生徒会と音楽部の生徒が参加しました。始めの緊張が少しずつほどけていくと、他校の生徒たちと歌声を合わせることができるようになりました。



0

第5回 双葉郡生徒会交流会

双葉郡生徒会交流会(双葉郡の高校生たちの唄づくり)

平成28年1月13日(水) いわき明星大学サテライトにおいて、5回目となる交流会が行われました。以前に出し合ったアイディアをもとに渡辺俊美さんに作詞をしていただきました。それをもとに再度グループごとにワークショップを行い、おおよその歌詞が出来上がりました。
 今回は、初めて浪江高校からも2年生3名が参加し、富岡・双葉・双葉翔陽と本校の5校で、前回以上に活発な交流が行われました。





0

生徒懇談「一期生としての9ケ月を振り返って」

生徒懇談 「一期生としての9ヶ月を振り返って」

 

以前にHPに掲載しました生徒シンポジウムについての詳細記事です。

 

本校の一期生の生徒5名が、開校からの9ヶ月間を振り返りお互いの成長や今後について懇談しました。参加したのは、アカデミック、スペシャリスト、トップアスリートの各系列で、部活動や生徒会活動などで活躍している生徒たちです。

印象深い出来事として、入学式や学園祭「双来祭」、海外研修、授業など様々な取り組みがあげられ、あらためて密度の濃い9ヶ月間であったとお互いに実感しました。また、それぞれが成長したこと、進路の悩みなども話題になり、「目標や将来像をしっかり持つことの大切さ」など、入学してくる後輩に対してのメッセージも話し合われました。和気あいあいとした懇談となり、有意義な時間を過ごしました。

 

実施日: 1222日(火)16001645

参加者: Aさん(男子・アカデミック系列・生徒会副会長・演劇同好会)

Bさん(男子・アカデミック系列・生徒会会長・サッカー部)

Cさん(男子・トップアスリート系列・後期寮長・サッカー部)

Dさん(女子・スペシャリスト系列・自宅生【電車通学】・野球部)

Eさん(女子・スペシャリスト系列・寮生)

 

懇談:

 

(1)あっという間に開校からの9か月間が過ぎました。学校生活を振り返って、印象深かったことは何ですか?

Dさん:なんと言っても学園祭の「双来祭」です。地域を巻き込んで、地域を盛り上げる方法を授業で考えて実施するスタイルが他の学校と違っていた。とても楽しかった。

Cさん:僕は双来祭では「スポーツの力」というテーマで、地域を巻き込んで盛り上がる全く新しいスポーツを開発して実施しましたが、会場を盛り上げる司会役を務めました。為末大さんからスポーツを盛り上げる方法を色々と学んでのぞみましたが、司会ですべったこといまだに部活動でいじられる(笑)。

それから、印象深いことと言えば、サッカー部での一番初めの試合です。東北ルーキーリーグでの秋田商業戦に3-2で勝利することが出来ました。残念ながら次の日には敗退してしまいましたが・・・

Bさん:印象深いことは一杯ある。特に上げるなら海外研修です。年明けにはタイとドイツへ行きますが、夏休みにいったベラルーシ研修も印象深かった。「産業社会と人間」の授業で作った、地域の現状についての演劇を英訳して発表したんだけど、海外の人はほとんど福島の現状を知らないことが分かった。ベラルーシでの生活は楽しかったけれど、朝5時から夜中の10時過ぎまで明るく、寝る時間などがおかしくなってしまった。きれいだった朝日は忘れられません。

Aさん:入学式も忘れられません。たくさんの報道のカメラの前での生徒代表の挨拶はすごく緊張しました。その後、街中で「ミヤネ屋で観たよ」とまで声をかけられました。

Bさん:僕は、開校式の日にふたばの教育復興応援団の林修さん、宮田亮平学長(東京藝術大学)と一緒にご飯を食べて緊張しました。

Aさん:林修先生と言えば、開校式のスピーチで「さわやか」という言葉を使ったときに、壇上から林さんに「さわやかは秋の季語だ」と教わったのは忘れられません。(笑)

Eさん:私が印象に残っているのは「ふたば未来の集い」です。猪苗代校舎と、三島校舎のみんなとも宿泊して、キャンプファイヤーや野外炊飯、ゲームなどをして交流をできた。同じ学校だけど、三島と猪苗代の子たちは・・・

Kさん:身に纏っている空気が違った。

Mさん:そうそう。JFAアカデミーとバドミントンで、世界で戦っている雰囲気を感じました。

K君:猪苗代と三島校舎生とは修学旅行でも会えるから楽しみ。


 

(2)この9ヶ月で、自分はどんなところが成長できたと思う?きっかけとなった出来事もあったら教えてください。

Aさん:みんな成長したと思う。

Bさん:背が伸びた。

全 員:え、そこ!?(笑)

Bさん:父親も、兄も抜いた。

Aさん:ふたば未来学園では、人と話し合ったりして物事を進めることが多い。そんな時、自分はどうしても司会やまとめ役をやってきた。でも、双来祭に向けて「演劇の力」を選択して、演劇を作っているときに初めて人に任せることができた、引くことができた。その時に自分は成長できたと思った。

Bさん:昔は、授業でも班になって、リーダー決めてとなるといつもAさんだったものね。

Aさん:みんなが成長できたことが見えていたから、俯瞰して見られたのかな。自分はもしかしてふたば未来のママ!?(笑)

Dさん:自分は変わっていないかなぁ。もっと成長したい。

Cさん:自分は、寮に入ってから自分のことを自分でやらなきゃいけないから、自己管理が出来るようになったかな。あとは、周りの人のことを考えて行動するようになった。秋に寮長になってからは特に意識するようになった。

 

(3)9ヶ月間過ごしてみて、ふたば未来学園について今、どう感じていますか?

Dさん:「産業社会と人間」の授業では、毎週すごいことが起きた。春には地域の復興の課題をフィールドワークして調べて演劇を作ったり、応援団の方が来てゼミがあったり。

Bさん:外部から来てくれる方を、もっとお出迎えするべきだとも思う。例えばこの間、視察に来た方と生徒会で昼ご飯を食べたのだけど、仕事を聞いたら「え、ヤフーの副社長なの!?」とかあって、リーダーシップについて助言をもらったりして自分は凄く楽しかったけど、みんなが知らないのはちょっともったいない気がした。

Aさん:全員が、どなたが来校しているのか把握できていないものね。

Dさん:学校生活では2、3年生がいないことも大変だよね。生徒会長を1年生がやっていて。Bさんは大変だと思う。その辺りも他の学校とは違うと思う。

Aさん:いわき地区の学校とも、相双地区の学校とも少し違う。自分は、ふたば未来学園って、既存の学校とは比べられないと思っている。ふたば未来学園は今までの受験のピラミッドとは違う所にある。これから大学受験が変わっていって、テストの点を取るための勉強だけでなくて、身につけた知識をいかしてディスカッションしたりプレゼンしたりできる力が問われるようになるけど、ふたば未来はそういう力を育てる、新しい学力観の高校だと思う。もちろん受験の筆記でも他校生に負けないけどね。(笑)

Bさん:おれも。そして、3年半後には中学校も開校する。

Aさん:校外の人に学校の評判とかを聞いてみたいよね。2年後の自分たちの成長の結果で、みんなふたば未来学園が目指していることが分かるんじゃないかな。

Eさん:卒業生や上級生の前例がないだけに、進路は大変そうだと思う。

Cさん:トップアスリート系列の自分たちとしては、大学に行くには競技で良い結果残すしかないと思っている。学力で大学を目指す人もいると思うので、進学を考えたときに系列選択は慎重にしないと。

あと、感じることとしては学食おいしい。

全 員:同意。


(4)盛り上がっているところですが、いよいよあと3ヶ月で、二期生が入学してきます。来年度入学してくる後輩にメッセージはありますか?

Bさん:自分の将来像をはっきりと持って!中学は何となく入学してもよいけれど、高校受験は受験前に自分のやりやいことを見つけることが大切。この学校は、自分からアクションを起こさないと何も起こらない!例えば、真面目にふたばの教育復興応援団の方の話を聞いて、自分でも実行して力にするぞと思っているのと思っていないのでは、その後の経験値が全く違ってくる。

Cさん:系列選びは慎重に(笑)

Aさん:チャンスにつぶされないようにして欲しい。やりたいことの選択はして欲しい。大学受験の勉強だけをしている学校とは違って、夏休み前からこの学校の忙しさはやばいなと、感じ始めた。この学校で生活するには、みんなが一斉に受験勉強だけしているわけではないから、やりたいことを選択する意志が大切!意志があれば、受験勉強以外にも色々な機会がある学校。後輩にも自分はこうなるのだ、これをやるのだ、という意志を持ってほしい。自分は、受験勉強だけやるのはいやだったから、こっちを選んだ。(笑)

Eさん:目標を持って活動に取り組んで欲しい。例えば、前期が終わったら自分で自分を反省できるくらいに。

Cさん:あと、寮に入るなら、自分で自分のことはできるように!

Bさん:成長したじゃん(笑)

Cさん:洗濯もできるようになった。(笑)毎月仕送りしてくれている親には感謝している。冬になったからと、自然とマフラーが届いて感動した。親にも恩返ししないと。

 

(了)

0

生徒シンポジウム

生徒シンポジウムが行われました

 12月22日(火)に入学からの9ヶ月を振り返り、生徒同士でじっくり話し合う機会をもとうと、生徒シンポジウムが行われました。アカデミック、スペシャリスト、トップアスリートの各系列で部活動や生徒会などで活躍している生徒5名が参加し、お互いの成長や今後の目標などについて意見を交換しました。
 印象深い出来事については、入学式や双来祭、ベラルーシ研修、初めての試合、未来の集い、「産業社会と人間」の応援団の先生方による授業など次々と出てきました。その他、それぞれが成長したこと、本校の印象、進路への悩みなども話しました。入学してくる後輩へは、目標や将来像をしっかりもつこと、系列選びを慎重にすること、忙しさにつぶされないように、などのメッセージを挙げました。
 和気藹々とした交流会となり、生徒たちは有意義な時間を過ごすことができました。



0