学校行事

学校行事

令和2年度 福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校入学式

 4月8日(水)に本校アリーナ1にて、双葉地方町村会会長の伊澤史朗様、広野町長の遠藤智様、本校PTA会長の高橋晃様をお招きし、令和2年度入学式を挙行いたしました。

 新入生は、中学校60名、高等学校158名の入学が許可されました。新型コロナウイルスの感染拡大のため、マスクの着用や、式次第の変更など例年とは異なる入学式となりました。そうした中で新入生は緊張した面持ちではあったものの、呼名の際には大きな声で返事をし、それぞれの学校生活をスタートさせました。

 双葉地方町村会会長の伊澤史朗様、広野町長の遠藤智様から、心あたたまる祝辞をいただきました。

 新入生を代表し、中学校は長谷川翔哉さん、高校は吉田百華さんが誓いの言葉として、これからの学校生活に対する期待、意気込みを力強く述べました。また、中学生には教科書が授与され、代表で齋藤琴音さんが受け取りました。

 来賓の皆様、地域の皆様からたくさんのお祝いのお言葉をいただきましたことに、心より御礼申し上げます。

 いよいよ、新たな学校生活が始まります。中学校及び高等学校教職員一同で力を合わせ、本校のスローガン「変革者たれ」のもとに、素晴らしい学校生活を過ごせるよう努力していきます。今後も変わらぬご支援、ご協力をお願いいたします。

ふたば未来学園中学校1期生・高等学校3期生の卒業式が行われました

 3月1日(日)卒業式が行われました。中学校1期生の8名、高等学校3期生の140名がこれまで学んできた学び舎を巣立ちました。令和初、新校舎、中学校1期生と初めて尽くしの卒業式でした。しかし、今年の卒業式は、新型コロナウィルス対策として在校生、来賓、三島長陵校舎で学ぶJFAアカデミー福島の生徒が出席しない卒業式となってしまいました。

 探究活動などを中心に本校生徒を見守ってくださった地域の方々や、共に学校生活を送ってきた後輩にきちんと別れを伝えられない卒業式に卒業生は寂しさを感じていたかもしれません。そうした中でも前日に吹奏楽部員が入・退場曲、校歌を演奏し録音してくれました。前日には在校生も登校したので短い時間ではありましたが多くの部活動で3年生を送る会も催されました。来賓からの祝辞はありませんでしたが丹野校長から式辞がありました。(本校HPに全文が掲載されています。)加えて式では、中学校卒業生を代表して岩野滉也(いわの こうや)くんが挨拶を述べ、つづいて在校生を代表して大和田美月(おおわだ みづき)さんからの送辞、卒業生を代表して菅野光桜(かんの みらい)さんからの答辞がありました。

 また、3月4日(水)から在校生は同じく新型コロナウィルスの感染拡大を予防する措置により休校することとなりました。ICTを利用して健康・学習状況の確認をしますが生徒それぞれには自主勉強に励んで欲しいです。

修学旅行 学校到着

修学旅行団は、A組がそれぞれの寮に16時に、1〜4組が広野に17時30分に無事到着しました。
広野の本校舎では解団式が行われ、代表生徒が修学旅行の思い出と今後の抱負を述べました。
3泊4日沖縄への修学旅行、最高の修学旅行でした!

修学旅行 沖縄出発

楽しみにしていた沖縄への修学旅行も、全ての行程を終え、後は広野と三島にそれぞれ帰るだけとなりました。
旅行中、沖縄の文化と歴史を感じながら、大宜味村の方々をはじめ、地元の方々と交流し、多くの体験をすることができました。また、生徒同士、そして広野と三島との交流もいたるとこでできたと思います。
帰りの空港では、各自セルフで預ける荷物のチェックインを行ないました。これも初めての体験です。
羽田行きの便が天候の関係で30分ほど遅れましたが、生徒たちにとっては、沖縄での楽しかった旅行の余韻を感じる良い時間になったようです。

修学旅行 守礼の門見学

修学旅行最終日は首里城の見学です。残念ながら首里城は火災で焼失してしまいましたが、こういった災害から立ち上がり、もう一度首里城を再建しようという沖縄の方々の気持ちをいたるところで感じることができました。
あいにくの雨模様でしたが、守礼の門での雨宿りという貴重な経験ができました。

修学旅行 最終日の朝

修学旅行もあっという間に最終日の朝を迎えました。今日は、5時30起床の6時朝食開始でしたが、多く生徒が身支度も整えて、6時前から朝食会場入り口に並んでいました。寮生が多いからでしょうか、朝は強いようです。
出発の準備が早かったので、予定よりも早く首里城に向けてホテルを出ることができました。

修学旅行 タクシー研修終了

雨の中でしたが、それぞれの班で計画を立てたルートでタクシー研修が行われました。
約束の時間に担任の先生に電話を入れ、しっかりと状況の報告をしていました。班内で協力して活動している様子がうかがえました。
そして、全ての班が時間内に研修行程を終え、無事にホテルに戻ってきました。各班ともに沖縄の観光スポットを楽しめたようです。ホテルでは友達や先生と過ごす修学旅行最後の夜を楽しんでいます。

修学旅行 自主研修の様子

雨空の下、生徒たちは各班に分かれて沖縄県内をタクシーにて巡っています。「琉球村」「ビオスの丘」「沖縄アウトレットモール」「ブルーシールアイスパーク」などの様子を掲載します。

 

↑琉球村でフォトフレーム作成!

 

↑ビオスの丘で遊覧船に乗船!

 

↑沖縄アウトレットモールで買い物!

 

↑ブルーシールアイスパークでメガ盛りに挑戦!

 

↑お昼はキャプテンカンガルーでハンバーガー!

修学旅行 3日目タクシー研修

修学旅行3日目の朝は雨の朝となりました。風はなく、穏やかな雨なので、潤いがあって趣きがあります。
生徒たちは一晩お世話になった、大宜味村の家族に感謝の言葉を伝え、記念の写真をとりました。生徒の表情からも、各家庭で心のこもったもてなしを受け、何ものにも代えがたい貴重な交流ができたことが感じられました。
この後は、タクシーに分乗して自主研修のスタートです。

修学旅行 教員の一コマ!

大宜味村での生徒の各家庭での自主研修中、生徒の姿を見るためにレンタカーで各地を周りました。
天候にも恵まれ、素晴らしい沖縄の景色を見ながら、各家庭で充実した交流をしている生徒達の姿を見ることができました。

↑道中、見る人が幸せになるという、ハートロックを見てきました。

修学旅行 大宜味村民泊

大宜味村に到着し、民泊を受け入れてくださる方々と対面しました。代表生徒が感謝の気持ちも込めて挨拶し、お世話になる方々と握手をしました。
ぜひ沖縄の家庭の温もりと地元ならではの文化を体験し、貴重な体験を満喫して欲しいと思います。民泊先ではドライブ、民芸品を作成、海で浜遊びをしたりとそれぞれ楽しんでします。

修学旅行 大宜味村に向けて出発

大宜味村に向けて出発です。全員が5分前行動を心がけたため、予定より5分以上早い出発となりました。素晴らしいです!
今日は私服での活動なので、それぞれ個性が感じられる服装でバスに乗り込みました。
途中の休憩場所では、暖かい日差しのもと、沖縄の綺麗な海を眺めることができました。

修学旅行2日目の朝

修学旅行2日目の暖かい朝です。初日の移動の疲れも見せず、皆んな体調も良いようです。
朝食はゴーヤチャンプルなど沖縄の料理も多く、クラスごとに美味しくいただきました。
天気も雲が多いものの、日差しも見え、とても穏やかです。

修学旅行初日のホテル到着

初日のホテル、ロワジールホテル那覇に予定よりも早く到着しました。皆んなが時間を守って行動しているおかげです。
ロワジールホテル那覇はプロ野球球団がキャンプの際に利用する一流ホテルで、とても豪華なホテルです。一階ロビーにある大きなクリスマスツリーが生徒達を迎えてくれました。
夕食はバイキング形式で、A組の生徒の元気な号令により、楽しい食事のスタートとなりました。
4組女子には誕生日の生徒がおり、サプライズのバースデーパーティーが行われました。友人思いの素晴らしい生徒たちです。

福島の塔での献花

福島の塔に到着し、生徒会長が生徒を代表して献花を行いました。そして、平和への誓い言葉を述べ、全員で黙祷を捧げました。
その後、生徒それぞれが平和の尊さについて考えながら福島の塔を後にしました。

修学旅行 摩文仁の丘

バスでの移動の中で、バスガイドさんから沖縄戦の話を聞き、戦争の悲惨さと平和の尊さを改めて感じながら、摩文仁の丘に到着しました。
摩文仁の丘では、美しい夕日のもと、集合写真を撮り、その後クラスごとにガイドさんの説明に耳を傾けながら、福島の塔をめざしました。

修学旅行1日目 平和記念公園・平和記念資料館

沖縄到着後、バスにて平和記念公園を訪れました。公園内には沖縄戦の写真や遺品などを展示した平和祈念資料館、沖縄戦で亡くなられたすべての人々の氏名を刻んだ「平和の礎」、戦没者の鎮魂と永遠の平和を祈る「平和祈念像」、そして摩文仁の丘の上には国立沖縄戦没者墓苑や府県、団体の慰霊塔が50基建立されています。

 

修学旅行沖縄到着!

 無事沖縄に到着しました!心配した天気も晴れ間ものぞくほどで、沖縄の暖かさを感じることができました。
旅行中にお世話になるバスガイドさんの出迎えを受け、看護師さんとも合流し、沖縄での修学スタートです。