部活動紹介

部活動紹介

女子バレーボール部 活動報告(大会参加報告)

 6月15日(土)に相馬農業高校で開催された県総体相双地区予選会に参加しました。

試合開始に先立っての開会式では本校の主将が選手宣誓を行いました。

 1回戦は相馬農業高校と対戦しゲームカウント2-0で勝利しました。続く2回戦は相馬東高校対戦しました。第1、第2セットを連取されゲームカウント0-2で敗戦しました。

県大会の出場権が懸かる3位決定戦では前回敗戦した小高産業技術・新地高校の合同チームと対戦しました。この試合に勝つことを目標に日々練習に励んできたので、全力でプレーをしました。第1、第2セットともに1ポイントを争う接戦となりましたが連取され、惜しくも敗戦しました。この結果、全体順位4位として大会を終えました。

 今後は1年生を中心とした新たな体制で部活動を行いますが、3年生もサポート役として部活動に携わりながら進路実現にむけて精進していきます。応援よろしくお願いします。

女子サッカー部活動報告

優勝 第65回福島県高校体育大会サッカー競技

 

5月31日~6月2日に行われた県大会に参加しました。

準決勝  2-0  対 尚志高等学校

 決勝   13-0  対 磐城桜が丘高等学校

 

単独チームとしては初優勝でした。(平成27年度大会において富岡高等学校との合同チームで優勝)6月21日から行われる東北選手権大会(山形県)に福島県代表として戦って参ります。今大会で出た課題を反省し、インターハイの切符がとれるよう頑張ります。これからも応援よろしくお願いします。

バレーボール部活動報告

 令和元年5月25日に福島市国体記念体育館にて実施された第65回福島県高等学校体育大会バレーボール競技に出場しました。

 1回戦で福島西高校と対戦し、第1セット目の序盤は一進一退の攻防を繰り広げましたが、自チームのミスが相次ぎ、2セットを連取されゲームカウント0-2で敗戦しました。今回の悔しさをばねに次の県総体では一つでも上の順位を目指して日々練習していきます。

 

 6月2日に相馬市の原釜尾花海水浴場で開催された第72回福島県高等学校体育大会バレーボール競技(ビーチバレーボール)に補助員として参加しました。当日は天候もよく潮風を頬に受けながら気持ちのよい環境のもと、会場作成や線審、記録係など大会運営のサポートをしました。

第65回福島県高等学校体育大会バドミントン競技

5月29日から6月1日まで白河市中央体育館で行われた、第65回福島県高等学校体育大会バドミントン競技に参加してきました。大会結果は以下の通りです。

 ☆:第70回全国高等学校バドミントン選手権大会出場

○:第48回東北高等学校バドミントン選手権大会出場

 

 

【男子団体】

優勝 ☆○

 

【男子ダブルス】

優勝  後藤 サン・高嶋 集(3年)☆○

第2位  李 正・山下 啓輔(3年・2年)☆○

第3位  末永 逸貴・杉浦 壮哉(2年)○ 鶴岡 真人・安田 伊吹(3年)○

ベスト8  阿部 大輔・稲光 翔太郎(2年) 武井 凜生・吉田 翼(1年)

荻原 聖也・小林 倫太朗(1年) 齋藤 広・松尾 駿(1年)

 

【男子シングルス】

優勝  李 正(3年)☆○

第2位  稲光 翔太郎(2年)☆○

第3位  後藤 サン(3年)○ 武井 凜生(1年)○

ベスト8  高嶋 集(3年) 阿部 大輔(2年) 山下 啓輔(2年) 

4回戦敗退 齋藤 広(1年)

 

【女子団体】

優勝☆○

 

【女子ダブルス】

優勝  内山 智尋・廣上 瑠依(3年・2年)☆○

第2位  木村 百伽・千葉 美采(3年)☆○

第3位  染谷 菜々美・中静 朱里(3年・2年)○ 小野 涼奈・田部 真唯(1年)○

 

【女子シングルス】

優勝  木村 百伽(3年)☆○

第2位  内山 智尋(3年)☆○

第3位  染谷 菜々美(3年)○ 中静 朱里(2年)○

ベスト8  千葉 美采(3年) 廣上 瑠依(2年) 小野 涼奈(1年) 田部 真唯(1年)

 

 MIND OVER BODY 

 

大堀均コーチ、仁平菜月選手、来校!!

5月13日~15日の三日間、日本の実業団のトップチームであるトナミ運輸所属の、大堀均コーチと仁平菜月選手がバドミントン部の練習に参加されました。

大堀コーチは、ふたば未来学園バドミントン部の礎となるTeam TOMIOKA(富岡一中・富岡高校バドミントン部)の創設者にして初代総監督です。仁平選手は、Team TOMIOKA 9期生(富岡高校 平成28年度卒)で、高校時代はインターハイ2冠(女子団体・女子シングルス)を成し遂げています。

三日間という短い時間でしたが、技術面のアドバイスはもちろんのこと、トップアスリートとして求められる精神面の在り方についても御指導をいただきました。

 大堀コーチ、仁平選手、ありがとうございました!!

 

 MIND OVER BODY