海外研修について

海外研修

【トップアスリート系列】ドイツ研修③

 午前中は、TIER GARTENでランニングとアジリティートレーニングを行いました。TIER GARTENは、ドイツの王族などが狩りを行っていたといわれるベルリン中央に位置する大きな公園で、昔のままの姿を残す公園です。この公園で走り、大きなパワーをもらいました。
 午後は、いよいよF.C.HERTAH03 BERLIN-ZEHLENDORFの練習に合流しました。
生徒は、U-19とU-17にそれぞれ分かれて参加となり、言葉が通じないところや身体のサイズの違いに戸惑いながらも積極的にプレーしました。それぞれチームメイトに自分から名前を聞いたり、質問をしたりとコミュニケーションを取ることも出来ていました。
夜には、女子ドイツリーグ2部でプレーしている、富岡高校女子サッカー部4期生の西林里恵選手が、宿泊先のホテルへ足を運んでくださり、ドイツでの挑戦の話や高校時代の話など、学ぶことの多いお話を聴くことが出来ました。

〈選手感想〉
  • 初めは不安で結構緊張したが、チームのメンバーはフレンドリーでお互いに仲良しな人たちだった。ドイツ語が全然わからず指示をすぐに理解できなかったので、せめて英語でコミュニケーションを取りたい。
  • 初めてチーム練習に参加し、コミュニケーションを取る大切さがわかった。言葉が通じないだけでこれほど大変だとは思わなかった。でも、自分から話しかけたり良いところもあったのでそれは継続していきたい。
  • ドイツの選手とプレーして感じたことは身体の違いだった。しかし、自分の中でもドイツの選手と戦えそうなところがあったので、その部分を出し続けてチャレンジしていきたい。
☆TIER GARTENでの練習の様子
  
☆F.C.HERTAH03 BERLIN-ZEHLENDORFの練習に合流しました
 
  
 
☆女子ドイツリーグ2部でプレーしている西林里恵選手(富岡高校女子サッカー部4期生)との懇談
 

【トップアスリート系列】ドイツ研修②

 午前中は現地ガイドによるドイツ文化研修を行いました。
ドイツの歴史や文化に触れるため、ベルリンの壁やポツダム広場など、ベルリンの街を約3時間かけて歩きました。机の上で「学んだ」ものを現地で「感じる」ものとなり、戦争の恐ろしさを日本以外の場所で、肌で感じることで、自分たちの「今」がどれほど平和なのかを考えさせられました。
昼にはドイツの食事を街で体感し、ドイツのサッカー選手たちの強さの理由を、食事からも感じることができました。
午後はコンディション調整のためにランニングとインターバル走を行いました。
長時間移動と時差による身体への影響が、思っている以上に大きいことを初めて知るトレーニングになりました。
明日はいよいよチームへの合流です。強い気持ちを持って、臆することなくトライします!!

〈生徒感想〉
  • 文化研修で感じことは「街並みがすごく綺麗」ということです。日本にはないモダンな感じがとても魅力的でした。また、昼食時にはレジがなく、テーブルで会計を済ませるということにも文化の違いを感じました。
  • ドイツの文化や歴史などを直接見て感じることができ、第二次世界大戦で起きていたことを日本よりも詳しく残しており、しっかりと伝えていたことが印象に残りました。関係のない人を巻き込む戦争を二度と起こしてはならないと強く感じました。
  • 実際に自分の目で見ることでネットやテレビなどでの情報よりも肌で感じることができた分凄さが伝わってきた。電車や信号、店舗などの日本との違いに最初は戸惑ったが少し落ち着いてきました。
  • 午後のトレーニングは身体が重く、日本代表の海外組が行なっていることは本当に凄いことだと思いました。明日現地のチームに合流したときには、全力で積極的にトレーニングしていきたいです。
  • 明日のトレーニングで自分の本気を出し、積極的にドイツ選手と話をして一人でも多く仲良くなりたいです。
☆ドイツ文化研修の様子
      
☆戦争の傷跡を残す建物
 
☆昼食の様子
 
☆トレーニングの様子
 

【トップアスリート系列】ドイツ研修①

 双葉地区教育構想国際人育成プランスポーツ交流事業により、本校舎男子サッカー部の3名が参加します。チーム、学校の代表として何を持ち帰って来てくれるか楽しみです。
 2月17日(土)、ドイツ・ベルリンに向けて学校を予定通り出発し、無事にベルリンへ到着しました。
 明日から挑戦が始まります!!

☆出発の様子
 
☆ドイツ・ベルリンへ到着した様子
 

ドイツ研修5日目(コンスタンツでの学校交流会)

 ドイツ研修も残すところ後2日となりました。
今日もコンスタンツ市内の「Wessenberg-Schule」での学校交流会を行いました。
 ホテルからは市内循環バスと徒歩での移動でしたので、町の風景や雰囲気を確かめながら学校に向かいました。
 学校の始業は本校と同じく、各クラスでのSHRの後、自分が学習する内容によって各教室に分れていました。
 今日の交流会のスタートは、本校の学校紹介から始まりました。英語でのプレゼンテーションなので、はじめは緊張していましたが、生徒たちの明るい雰囲気の中で、しっかりと本校の成り立ちや福島の現状などのメッセージを伝えることができました。

☆パワーポイントでプレゼンテーションメニューがドイツ語で少し焦りました

☆Wessenberg-Schuleからの発表


次にWessenberg-Schuleからの学校紹介、カリキュラムなど、パートごとに発表がありました。
昼食をはさみ、本校の「産業社会と人間」での演劇を、英語で発表しました。演劇を通して風評に悩む福島県の高校生の姿を伝えました。

☆昼食はデリバリーのピザ

☆持参した折り紙で鶴の折り方を教える
  

演劇発表の後のプログラムは、移民の高校生たちとディスカッションをしました。
ドイツは移民や難民などを積極的に受け入れる政策を行っていましたが、さまざまな場面で社会問題となっています。日本での避難者に対するいじめや、ドイツでの移民・難民に対する差別などについてお互いに考える貴重な時間になりました。
交流会終了後、ドイツとスイスの国境がすぐ近くにあるので、Wessenberg-Schuleの生徒に案内してもらいました。

☆移民・難民の生徒たちとのディスカッション

ドイツ研修4日目(コンスタンツでの学校交流会)

 いよいよSGHドイツ研修も後半になりました。
4日目は、フライブルク市内で路面電車乗車体験、朝市見学、コンスタンツ市内の学校「Wessenberg-Schule」での学校交流会という内容でした。
 朝市は大聖堂のある広場で行われますが、とても大きな大聖堂で圧倒されました。それぞれが店の人とコミュニケーションをとりながら買い物などをしていました。

☆朝市が行われる広場のフライブルク大聖堂

☆朝市の様子


 フライブルクからバスで約2時間、スイスとの国境の町コンスタンツへ移動しました。
 市内の高校「Wessenberg-Schule」との交流会では、約50人の生徒たちと自己紹介、学校案内、ゲームなどをしながらコミュニケーションをとりました。はじめは緊張していた本校生も次第に打ち解けて話せるようになりました。
 本校生たちは、やはり語学力は必要だと痛感していた様子でした。

☆グループに分かれての交流      ☆ゲームをしながら自己紹介