ふたば未来学園の日々

ふたば未来学園の日々

JICAの「貿易ゲーム」を実施しました!(1年次)

1月23日(水)5・6校時、「産業社会と人間」では、1年生を対象に“世界を知る”ことを目的に、JICA職員による貿易ゲームを行いました。

 

 *貿易ゲーム:貿易ゲームは、国によってもともと所有している資源や技術力が異なり、その中でより良い国づくりを目指すゲームです。情報格差、技術格差など様々な格差が存在する世界で他国と協力したり、場合によっては青年海外協力隊の力を借りながら、なんとか製品を作り出し、財を得ていきます。

 このゲームを通して、世界のモノ・カネのしくみ(経済)や、構造的貧困を模擬体験することができます。

 

↑入場時に国分けのくじをひいて、いざ貿易ゲームの世界へ!

 

↑JICA職員の坂本さんによるルールの説明!

 

↑紙とハサミで製品を生み出している最中です。資源(紙)がたくさんあるけど、よく見ると切り方(生産方法)が無駄なところも。もったいない!

 

↑銀行に製品を売っている様子です。銀行は国の信用度によって、対応に差がありました。

 

↑製品販売で得たお金で、食料や教育などの各種カードを買う様子。国内の充実を図る。

 

↑国づくりボードに、各種カードを張っていく様子。

↑JICA版貿易ゲームの仕掛けであるトランプ。働かずに遊んでしまう人たちが出現してしまうことも。これもリアリティです。

 

↑振り返りの様子。様々な仕掛けを明かした時、生徒からは「あ、そうだったんだ!」「なるほど」と言った声も上がりました。

 

《参加した生徒の声》

「私は今回のゲームを通して、たくさんのことを思いました。世界のことはあまり分かっていませんでしたが、このゲームで貧しい国と裕福な国があり、できることとできないことがあるなと思いました。何もない国に教えたり、あげたりすることが大切なんじゃないかと思いました。」

 

「今日の貿易ゲームを通じて、経済力、資源、情報力の格差などを知ることができて良かったです。また、“協力することで発展していく国が増えて世界が比較的豊かにすることができるのかな”と思いました。」

 

 

 

「ふるさとおうちごはん」全国発売、開始!

スペシャリスト系列農業の食品製造を学ぶ3年生5名が、課題研究の授業で株式会社大戸屋ごはん処とコラボ開発した「ふるさとおうちごはん」が1月28日(月)~3月19日(火)の期間限定でいよいよ全国発売されます!

夏休みから何度も試作やインタビューを重ね、大戸屋の社員の方に教えていただきながら、ついに第二弾のコラボメニュー定食ができました。

今回のメニューは、寒い冬の時期を意識し、心も体もほっこり温まる鍋メニューを開発しました。定食名は「牛肉と里芋のみそ煮鍋定食」です。メインとなる鍋は、東北地方の各地で食べられる芋煮をベースにしており、牛肉、里芋、しめじ、こんにゃく、三つ葉などが入っています。副菜には「ほうれん草となすのピリ辛」、そして「ごぼうとおかかの生姜ご飯」の三点が1つの定食になっています。

是非、「牛肉と里芋のみそ煮鍋定食」で冷えた身体を温めてくださいね☆

 

↑生徒達によるプレゼンの様子。

 

↑なぜ、この定食を開発したのか、これまでの経緯を説明しています。

 

↑生徒達が開発した定食を、来賓の方にご試食いただきます。緊張の時間です。

 

↑校長先生の質問に、これまでの授業を振り返りながら答える深谷くん。

 

 

福島学(楽)会に参加しました

 早稲田大学ふくしま広野未来創造リサーチセンター(環境総合研究センター(WERI))

早稲田大学レジリエンス研究所(WRRI)主催の、第3回福島学(楽)会に参加しました。

今回は、1月27日(日)楢葉CANvasにおいての開催となりました。本校からは2年生の探究活動の発表として、原子力防災班、アグリビジネス班、再生可能エネルギー班の代表者が発表をし、また1年生の産業社会と人間の演劇の発表を代表者が行いました。それぞれの発表に対して大学の先生や地域の方々のフィードバックを頂戴し、参加生徒は今後の活動に活かして行こうと、熱心に話を聞いていました。聴講生として参加したニューヨーク研修の参加生徒からも質問が出るなど、会は大変な盛り上がりを見せていました。

 

 

 

プリムラ寄せ植え

 1月16日(水)広野町保育所においてプリムラの寄せ植え実習が実施されました。

 スペシャリスト系列農業で栽培を選択する3年生5名が広野保育所の子どもと一緒にプリムラをプランターに寄せ植えしました。生徒が先生となり園児に寄せ植えの方法を教えました。生徒は園児と一緒に花の色や配置を考え、楽しく上手にプリムラのプランターへの寄せ植えができました。

寄せ植え終了後に特定非営利活動法人こどもファーマーズ協会主催「第6回高校生こどもベジコン」の賞状を手に全員で記念撮影をしました。最後に生徒から園児たちに「1年間ありがとう」とあいさつをすると園児から「また来てね-」「今度いつ来るの?」などの声があがり、本校との交流を楽しみにしている園児たちの姿に生徒も交流してきてよかったと実感していました。

 

1年次「産業社会と人間」~高遠菜穂子氏による国際理解講演会~

 1月16日(水)5・6校時、「産業社会と人間」の授業で、現在イラクでエイドワーカーとして活動されている高遠菜穂子さんをお招きし、国際理解講演会が行われました。

今回、高遠さんの講演会では、イラクを事例に、復興への課題や難しさなどを、体験談とともに教えていただきました。多くの人が避難を余儀なくされている現状や宗教による人との対立などが山積し「人間関係」を構築していくことの難しさなどを教えていただきました。

また、メディアリテラシーの必要性にも触れられ、情報収集する際には、日本語だけではなく、英語のサイトも上手に活用することで、「情報量」や「情報の質」も向上するとのアドバイスもいただきました。

 

【参加した生徒の感想】

「日本は、本当に情報が少ないなと思いました。原発事故の時も必要な情報が入らず、困ったことがあるので、どうにかして直していかなくてはならないと思った。」

 

「危険な地域に行って、人を助けようとする気持ちが素晴らしいと思った!また、日本の情報の少なさや、自分たちの知識の少なさがよく分かった。私も受け身にならず、自分から現地の情報を調べて、いろんな知識を入れたいと思う。」

 

「今回の講演を聴いて、日本がどれだけ平和なのか、自分達がどんなに幸せな生活をしているのかとてもよく分かった。まだ世界には辛い生活をしている人がいることを考えて、自分の私生活を見直していきたいと思った。」

 

「私と同じ年齢の人、それよりも小さい子、などの人たちが、“国”が違うだけで、日々の生活でいつ命がなくなるか分からないという状況で生活をすることは、自分が想像している以上に苦しくて、本当に怖いものなんだということが分かりました。」

 

「日本語に限らず、英語などの様々な記事を読み比べたいと思った。」

 

「イラクは戦争しているというイメージだったけど、ほんの一部だということを知りました。世界では、このようなことが起きているんだと思うと、心が痛かった。助けたいけど、難しい。「多少の犠牲はしょうがない」ではだめだと思う。」

 

〇講演会の様子

 

〇質疑応答の様子

 

〇「将来、国際協力の分野で仕事がしたい」と考えている3年生の先輩も講演会に参加しました!休み時間になると、高遠さんに聞きたいことをたくさん質問しました。

 

〇高遠さんは、今後イラクの学校現場で演劇や読み聞かせを取り入れた教育支援をお考えということで、講演会終了後に、2つの班の演劇をご鑑賞いただきました。

 

 

 

演劇部 校内公演

 演劇部の校内公演を1月28日(月)17時よりふたば未来学園高校食堂にて行います。先日の東北地区高等学校演劇発表会で上演した「Indrah~カズコになろうよ~」です。校外の皆様もよろしければおいでください。

【日 時】1月28日(月)開場16:45 開演17:00

【場 所】ふたば未来学園高校 食堂

【入場料】無料

【その他】上演時間は約1時間です

      駐車場はありません

 

ドイツ研修6日目(ミュンヘン)

 ドイツ研修6日目の報告です。
 本日も午前中、「イースト・マッハ高校」との交流です。雪の影 響で休校となっている中、ドイツの生徒たちが集まってくださいま した。
  本日は日本のポップカルチャーのプレゼンを行い、ヨーロッパの伝 統的なダンスを一緒に踊りました。

 

 

会の最後に本校を代表して、上田陸明君が挨拶を行い、会は終了し ました。ぜひ今後も交流を続け、本校にも来ていただきたいと思い ます。

 

  午後は「冬の城」とも呼ばれているミュンヘンレジデンツを見学し 、その後はミュンヘンの街を各自で観光しました。生徒たちも自分 たちだけで積極的に英語でコミュニケーションを取れるように成長 しています。

  

  明日は夕方にドイツを出発し、16時間ほどかけて、学校へ帰りま す。

ドイツ研修5日目(ミュンヘン)

 ドイツ研修5日目の報告です。
  本日からミュンヘンでの研修です。ミュンヘンは数年に一度の大雪 のようです。
 

本日から2日間、「イースト・マッハ高校」との交流を行います。 生徒たちは緊張しながらも、英語でドイツの生徒たちとお互いのプ ロフィールや文化の違いなどについて話をしていました。また、準 備していた英語でのプレゼンテーションと演劇を披露し、折り紙を 通じてさらに交流を深めました。

 

 

   ドイツの生徒たちが、別の授業を受けている間には、学校近くのパ ン屋でプレッツェル作りを体験しました。

 

 

   午後は一度ミュンヘンの歴史博物館と市内を観光し、

 

 

夕食は夕食会・交流会を準備していただき、ドイツの生徒が各自自 宅で調理した家庭料理を振舞ってもらいました。 生徒たちもリラックスした様子で、大分打ち解けた様子でした。

ドイツ研修4日目(ハイデルベルク→ミュンヘン)

 ドイツ研修4日目の報告です。
   本日はハイデルベルクの旧市街を観光しました。まずは、ゲーテ 等、多くの詩人や哲学者が実際に歩き、思索にふけったという、「 哲学者の道」からハイデルベルクの美しい街並みを眺めました。

 

   その後はハイデルベルク城へ行き、バルコニーから旧市街を眺め、 城の地下にある世界最大級のワインの大樽などを見学しました。

 

 お城を見学後は、聖霊協会を見学し、各自街を散策しながら昼食を 取り、バスでミュンヘンへ向かいました。

 

 

  ミュンヘンまでの移動を4時間程度と見積もっていましたが、雪の 影響で渋滞が続き、約9時間もかかってしまいました。(13時4 5分ハイデルベルク出発、23時00分ミュンヘン到着)

  明日から二日間は「イースト・マッハ高校」との交流です。

ドイツ研修3日目(フライブルク→ハイデルベルク)

ドイツ研修3日目の報告です。
 本日はフライブルクでの最後の研修でした。午前はエコステーシ ョンで、プラスチックごみに関する研修を受け、その後にふたば未 来学園を紹介するプレゼンと、演劇を披露しました。

 

  その後、本校一期生がこの場に研修に訪れた際に、植樹した木を 見学しました。この場所で研修を受ける、様々な方にこの木と本校 についてのお話をしていただいているようです。

   本日の昼食はフライブルク大学の学食でとり、午後はハイデルベル クへ約2時間かけて移動しました。
  夕食後には本日のプレゼンと演劇の振り返りをし、後日行うミュン ヘンの「イースト・マッハ高校」での発表に向けて、 練習に励みました。本日の反省をしながら、真剣な表情で練習を行 っていました。

 

   明日はハイデルベルクの観光地を散策し、ミュンヘンへ移動します 。