社会起業部

熊本県立荒尾高等学校との交流

12月8日に、熊本県立荒尾高等学校の2学年の生徒15名が修学旅行で来校されました。「学校及び地域の活性化」というテーマのもと交流し、本校からは校長が学校概要説明した後、社会起業部が活動紹介を行いました。最初ぎこちなかった生徒たちもすぐに打ち解け合い、最後に社会起業部の部室で記念写真を撮り、別れを惜しみました。最後に荒尾高校の校長先生から、「実は、荒尾高校は、生徒減により、この生徒たちで最後になるのです。そうしたこともあって、困難な中、地域活性化に取り組んでいるふたば未来学園に訪問させていただきました。」とのお話があり、胸が熱くなりました。そして、荒尾高校の生徒たちの、背筋が伸び、胸を張って、前をしっかりと見据える姿に感動しました。くまモンをいただき、ありがとうございました!