部活動

【レスリング部】第63回福島県高等学校体育大会へ参加しました

 平成29年6月2日(金)~4日(日)にかけて、田島高等学校体育館で、第63回福島県高等学校体育大会レスリング競技が行われました。

 大会では、66㎏級 近野雄一郎と74㎏級 宍戸拓海は、新人戦に続いて優勝し、よりレベルが高まっていると実感しました。圧巻だったのは、84㎏級 小松維真で、普段の体重が74Kgで、新人戦で体力負けした相手に勝利し、両親・妹たちが応援する中、涙の優勝を飾りました。

 この3人は、本校トップアスリート系列で学ぶメンバーです。普段は、近野が72㎏、宍戸が76㎏と3名がほぼ同じような体重であることから、お互いに毎日切磋琢磨したことが、大会での結果につながりました。最後まで諦めない気持ちが身に付いてきたことで大きく成長したようです。
 東北大会・全国大会と続きますが、自分の持っている力をすべて出し切って、入賞をつかみ取ってくれるはずです。

 レスリング部には、トップアスリート系列ではなく、放課後の練習のみという限られた中で成長している藤原清哉、柳沼直樹、佐藤諒太がいます。この3人は、試合の経験を積むことで、着実に実力をつけています。
 その中でも佐藤諒太は、初めての5㎏減量で試合に臨み、団体戦で敗れた3年生を相手に勝利して3位に入賞しました。初めての減量に耐え、計量に合格した精神力があったからこその勝利でした。

☆個人戦で優勝した3人の部員