海外研修について

2018年1月の記事一覧

ドイツ研修5日目(コンスタンツでの学校交流会)

 ドイツ研修も残すところ後2日となりました。
今日もコンスタンツ市内の「Wessenberg-Schule」での学校交流会を行いました。
 ホテルからは市内循環バスと徒歩での移動でしたので、町の風景や雰囲気を確かめながら学校に向かいました。
 学校の始業は本校と同じく、各クラスでのSHRの後、自分が学習する内容によって各教室に分れていました。
 今日の交流会のスタートは、本校の学校紹介から始まりました。英語でのプレゼンテーションなので、はじめは緊張していましたが、生徒たちの明るい雰囲気の中で、しっかりと本校の成り立ちや福島の現状などのメッセージを伝えることができました。

☆パワーポイントでプレゼンテーションメニューがドイツ語で少し焦りました

☆Wessenberg-Schuleからの発表


次にWessenberg-Schuleからの学校紹介、カリキュラムなど、パートごとに発表がありました。
昼食をはさみ、本校の「産業社会と人間」での演劇を、英語で発表しました。演劇を通して風評に悩む福島県の高校生の姿を伝えました。

☆昼食はデリバリーのピザ

☆持参した折り紙で鶴の折り方を教える
  

演劇発表の後のプログラムは、移民の高校生たちとディスカッションをしました。
ドイツは移民や難民などを積極的に受け入れる政策を行っていましたが、さまざまな場面で社会問題となっています。日本での避難者に対するいじめや、ドイツでの移民・難民に対する差別などについてお互いに考える貴重な時間になりました。
交流会終了後、ドイツとスイスの国境がすぐ近くにあるので、Wessenberg-Schuleの生徒に案内してもらいました。

☆移民・難民の生徒たちとのディスカッション

ドイツ研修4日目(コンスタンツでの学校交流会)

 いよいよSGHドイツ研修も後半になりました。
4日目は、フライブルク市内で路面電車乗車体験、朝市見学、コンスタンツ市内の学校「Wessenberg-Schule」での学校交流会という内容でした。
 朝市は大聖堂のある広場で行われますが、とても大きな大聖堂で圧倒されました。それぞれが店の人とコミュニケーションをとりながら買い物などをしていました。

☆朝市が行われる広場のフライブルク大聖堂

☆朝市の様子


 フライブルクからバスで約2時間、スイスとの国境の町コンスタンツへ移動しました。
 市内の高校「Wessenberg-Schule」との交流会では、約50人の生徒たちと自己紹介、学校案内、ゲームなどをしながらコミュニケーションをとりました。はじめは緊張していた本校生も次第に打ち解けて話せるようになりました。
 本校生たちは、やはり語学力は必要だと痛感していた様子でした。

☆グループに分かれての交流      ☆ゲームをしながら自己紹介
 

ドイツ研修3日目(フライブルク)

 ドイツ研修の3日目は、環境都市フライブルクでの研修でした。
ドイツの南西端に位置するフライブルクは、「フライブルク大学」や各種研究機関があり、緑の多い学術研究都市となっています。エネルギー政策や公共交通機関を中心とした都市デザイン、緑の保護条例など、先進の環境対策と快適性の両立を目指した都市です。
まず市内にあるホテルを見学しました。エコにこだわりつつ、不便を感じることなく居住性・快適性にこだわったホテルです。まず目に付いたのがフロント横にある発電量表示パネルです。このホテルでは、屋上に設置したソーラーパネルと風力発電装置で発電しています。
☆ホテル外観            ☆フロントに設置された表示パネル
 
☆屋上のソーラーパネルと風力発電装置(最大で21kwの発電量があります)

☆客室にある植物のパネル


 ホテルを見学した後、環境モデル地区のヴォーバン地区を見学しました。都市計画段階から環境と居住性を両立させた街づくりをした新興住宅街ですが、日本のそれとは違って古いものは改修しながら使う、緑地は自然のままにする、カーシェアリングや公共交通機関によって車の所有率を下げるなど、見習うべきところがたくさんあります。
☆ヴォーバン地区の見学の様子
  

 「緑地などに手を入れすぎず、あえて古い石積みなどを残して、昔から生活する人が思い出に浸ったり、新しく入居してきた人がその思い出を共有して、お互いにふれあう機会を作る街づくりに感動した」と生徒が感想を述べて本日の研修を締めくくりました。

ドイツ研修2日目(ハイデルベルク)

 ドイツ研修の2日目、ハイデルベルクでの研修でした。
 フランクフルトのホテルからアウトバーンを専用車で1時間ほどの移動でした。
ハイデルベルクドイツの歴史を感じる古い町並みが保存されており、また名門の「ハイデルベルク大学」があることで有名です。

☆石畳の道を散策       ☆大学の学生組合の建物を見学
  
☆ドイツの最も有名な城址のひとつ、ハイデルベルク城も見学し、門の前で記念撮影
映画に出てきそうなたたずまいでした

☆ちなみにアウトバーンを走っているときも、山の頂にはいくつかの城跡が見えました
 (小さくてわかりにくいですが山頂に城跡があります)
急な坂道を上り哲学者の道を見学した後、ハイデルベルクの旧市街のレストランで昼食を取り、食後に市内で最も古い「ハイデルベルク聖霊教会」を見学しました。
厳かな雰囲気と規模の大きさに圧倒されました。

☆哲学者の道に通じる細くて急な坂 ☆哲学者の道で、城跡をバックに記念撮影
     
☆ハイデルベルク聖霊教会の内部

 
 旧市街を見学した後、バスでホテルに向かう途中、車窓からでしたが環境開発都市バーンシュタットを見学しました。
以前は鉄道施設があったところですが、環境を考えた再開発計画で現在建設が進んでいる地区です。その広さは東京ドーム26個分。外部からのエネルギーを極力減らし、快適な生活をする工夫がされた「パッシブハウス」や雨水を利用する施設、ビオトープなど、都市開発と環境を両立させたモデル地区となっています。

☆太陽エネルギーを効率よく取り入れる工夫がされたパッシブハウス
 手前の溝は雨水を効率よく集める働きをする


本日の見学はここまでで、その後ホテルに移動して、おいしいドイツ料理を堪能し、部屋で十分休養をとりました。

☆ドイツはジャガイモが主食

ドイツ研修(1日目)

 1月6日より、1年次生12名がドイツ研修に参加しています。
 これはSGH研究指定校としての活動の一つで、再生可能エネルギーについての学習、異文化交流、ドイツの学校との交流などを目的としています。
 1日目は朝7時に学校を出発し、日本時間の7日午前3時半にフランクフルトのホテルに到着しました。生徒たちは長時間の移動で若干疲れていますが、みんな元気で、明日からの研修を楽しみにしています。

☆経由地のコペンハーゲン空港、スターバックスの前で
 
☆フランクフルトのホテルで食事。美味しかったです