ふたば未来学園の日々

2017年9月の記事一覧

【英語科】授業風景

 本校の英語の授業では、主体的・対話的で深い学びを意識した実践を行っています。1年生のコミュニケーション英語Ⅰのクラスではインフォメーショントランスファーという手法や生徒によるプレゼンテーションを用いて、生徒たちが対話を通して学んでいます。また、先日は2年生のコミュニケーション英語Ⅱのクラスで、ポスターセッション形式の授業が行われました。興味深い発表が多く、教室中に質問が飛び交っていました。

<コミュニケーション英語Ⅰ>
 ☆グループ内でプレゼンテーションをして代表者を決めています。
  
 ☆対話や読解、発表に使っているワークシートです。
  

 <コミュニケーション英語Ⅱ>
  ☆ポスターセッションです。見事に聴衆を引きつけています。
     

手話スピーチコンテスト出場 第3位!

「第34回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」
全国第3位  青木 凜華(2年)

 8月26日(土)、東京の有楽町朝日ホールにおいて手話によるスピーチコンテストが開催されました。今年度は、全国から84名の応募があり、作文による1次選考、映像による2次選考を通過し、最終選考に進んだ10名の中から、本校2年次の青木凜華さんが、第3位の表彰を受けました。

 スピーチでは、手話を覚えるきっかけとなった出会いや手話の魅力、今後の願いなどを表現し、体や空間を大きく使って、豊かな表情と動きで伝える姿が印象に残るものとなりました。
発表後は、「今までで1番感情を込めて伝えることができた。順位よりも、この場に立ってスピーチできたことが嬉しい。」と話していました。
今後も、手話の魅力や大切さを、多くの人に伝えていけることを期待しています。