ふたば未来学園の日々

ふたば未来学園の日々

収穫祭を行いました

 11月19日(月)、二ツ沼総合運動公園フラワーパーク東温室駐車場にて、スペシャリスト系列農業の2年生・3年生が収穫祭を行いました。2年生にとっては初めての収穫祭ということで、とても楽しんでいる様子でした。

現在、生徒達が栽培している無農薬ハクサイを豚汁に使用するなど、授業で栽培している野菜を収穫物として使用し、食べ物に感謝をしながら互いに一年間の実習の労をねぎらいました。

 

 

仙台エスパルにて生徒考案商品の販売を行いました。

11月18日(日)、仙台エスパルにて、農業&商業の2年生が考案したオリジナル商品の販売会が行われました。4月より「課題研究」の授業で、マーケティングを学びながら温めてきた商品はどれも好評で一部完売した商品もありました。今回販売した商品は以下の通りです。

・生徒から手書きメッセージ入り!チョコマドレーヌ(手作り)

・広野町のみかんジャムを使用!パウンドケーキ(手作り)

・3色のジャムが鮮やかに映える!3種類のジャムクッキー(手作り)

・甘すぎず、キャラメルが香ばしい!キャラメル主クリーム(製造委託)

・6種類の味が1セットで楽しめる!おにぎり団子(製造委託)

 

↑広い売り場でお客様の目にとまっていただくためには、どのようなお声がけをしたらいいのでしょうか。

 

↑ポップも生徒達の手作りです!

 

↑お客様の笑顔が間近で見られるのが販売の楽しいところです!

 

製造委託のご依頼を快く引き受けてくださった「パイ&シュウすがわら」さん。「うちにいらっしゃい!」との、奥様の温かいお言葉に甘えて少しお店を見学させていただきました。

 

↑創業143年の老舗の洋菓子店「パイ&シュウすがわら」は、地元仙台でとても愛されている洋菓子店です。普段は決して見ることのできないプロの現場を、社長の菅原さんにご説明いただきながら見学させていただきました。

 

↑今回生徒が考案した「キャラメルシュークリーム」が、なな、なんと店頭に並んでおりました!奥様曰く「予備用に多く作りすぎてしまったので」とのことで、余りをお店で販売されていたのですが、思いがけず商品を見つけた考案者の生徒たちは大興奮しておりました。

 

 

平成30年度 福島大学訪問’(本校舎)

 

 10月30日(火)に広野校舎のトップアスリート系列1年生と猪苗代校舎の生徒が福島大学へ行ってまいりました。3つの模擬授業を行っていただき、大学ならではの専門的な内容にトップアスリート系列の生徒たちは集中して授業を聞いていました。

講義をしていただいた3名の先生方貴重なお時間をありがとうございました。

生徒たちには本日のお話を受け、今後の活動に生かしていけるよう頑張って欲しいと思います!!!

 

☆1時間目「スポーツ文化論」小川教授

 

真剣に講義を受けている様子

 

☆2時間目「運動生理学」安田教授 

膝外腱反射を体験する生徒たち

 

☆3時間目 川本教授

 

「スポーツトレーニング」

~スポーツの成功は遺伝か環境か~

 

 

 

サツマイモの加工・配付について

 11月13日(火)広野町保育所にて10月24日(水)に収穫したサツマイモを加工した蒸しケーキを配付しました。

スペシャリスト農業で栽培を選択する3年生5名が広野保育所の子どもと一緒に育て、収穫したサツマイモを追熟させてきました。食品製造を選択する3年生5名が、追熟されたサツマイモを「園児でも食べられるように」と11月12日(月)にサツマイモの蒸しケーキに加工しました。

加工されたサツマイモ蒸しケーキは11月13日(火)に園児たちに配付されました。同保育所を卒園した3年2組齊藤篤君は「みんなで収穫したサツマイモを蒸しケーキにしてきました。美味しく食べてください。」と笑顔で園児たちに手渡ししていました。

サツマイモ蒸しケーキを手にした園児たちは「早く食べたい」と笑顔で話していました。

      生地を作る様子          容器に入れられた蒸しケーキ

 美味しそうに膨らんだ蒸しケーキ         包装する様子

 

    蒸しケーキに並ぶ園児         園児に手渡す齊藤篤君

 

 「ありがとう」とお礼を言う園児たち   笑顔で蒸しケーキを手に持つ園児

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社広野町振興公社バナナ栽培見学・試食

 11月5日(月)に今年から始まった広野町振興公社バナナ栽培温室の見学をしました。

スペシャリスト農業を選択する2年生11名が中津弘文代表取締役社長よりバナナ栽培が始まった経緯や今後の方針について説明を受け、バナナを栽培している温室の見学を行いました。説明の中で中津社長は「バナナ栽培によって自立可能な町づくり推進への貢献を目標にしており、ふたば未来学園高校には広野産バナナを使用した加工品の開発を目指してもらいたい。」と話していました。

 11月14日(水)に中津社長が来校し、バナナ苗の購入先で収穫された「皮まで食べられるバナナ」をいただきました。

 生徒たちで「皮まで食べられるバナナ」を試食し、初めて食べるバナナの皮に驚いていましたが、広野産バナナの6次化へ向け取り組みたいと意欲的な様子でした。

広野産バナナの収穫は平成31年6月を予定しており、農薬を使用しないで栽培することで「皮まで食べられるバナナ」として3年間で15万本の収穫を見込んでいるとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

スペ系【商業】_道の駅で試食アンケートを実施しました。

平成30年11月2日(金)

道の駅よつくら港

 

・道の駅のお客様は、お土産品購入が目的のひとつです。

そのお客様にアンケートを実施しました。

・駅長さんへ

「場所を貸していただき、ありがとうございました。」

・道の駅よつくら港では、みかん大福を購入することができます。

スペ系【商業】_Rakuten IT School NEXT校内発表会&開発商品試食会を実施しました。

Rakuten IT School NEXTは、全国各地の高校生が楽天のサービスやテクノロジーを活用して地域の課題解決を目指すプログラムです。全国から選ばれた10校のうち、東日本からは水沢商業高校(岩手県)と本校が参加しています。

 

校内発表会を、本校舎にて開催しました。

平成30年11月8日(木) 

この校内発表会で、楽天本社で発表するグループが決まります。

①温泉班

 ②野菜班

③ゆず班

 選考会の間は・・。

開発中の商品の試食・試飲会を、双葉郡の企業向けに開催しました。

・富岡町をイメージした商品はいかがですか?

・先輩方が開発した「みかん大福」はいかがですか?

・選考結果の発表です。結果は・・全国大会まで内緒です。

 ・楽天の社員の方々からのお言葉。

 ・はるばる大分から福島に来ていただき感謝です。

 ・今度は東京で会いましょう。

 ・今回お世話になった方々と、試飲・試食会で【お・も・て・な・し】。

・それぞれの商品を通して、交流できました。

・商品開発のサポート団体からも応援取材です。

・商品化が目的ではありません。

その商品が継続して販売され、地域に賑わいをもたらすことが目的です。

 

・楽天本社で、全国10校の代表チームと会えることを楽しみにしています。

それまで、発表内容をさらに深化させます。

成果発表会は、以下の日程で開催されます。

日時 2018年12月8日(土)
会場 楽天クリムゾンハウス

 

 

 

選書実習を行いました

 10月17日(水)17:00から、いわき市平「ヤマニ書房」さんにご協力いただいて、本校生徒による選書実習を行いました。
 図書委員を中心とした8名の生徒が真剣に本を選んでいました。1人につき3~4冊の割り当てでしたが、様々なジャンルから自分たちが読みたいと思っていた本や授業などの参考になる本を選んでくれました。購入した本は、図書館で紹介しておりますので生徒の皆さんはぜひ活用してください。

 

【写真】
 選書実習の様子です。

【美術部】平成30年度ひろの秋祭りに参加しました。

 11月3日(土)~ 4日(日)にかけて、広野町体育館にて開催された「平成30年度ひろの秋祭り・文化展」へ、本校の美術部の6作品と教科書道の22作品を出品しました。

 本校の美術部と教科書道の取り組みを発表する良い機会となりました。

 この場をお借りして、関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。

 

 

<ひろの秋祭り・文化展>

 ☆体育館のステージに本校の展示ブースが用意されました。

 ◆美術部

 

◆教科書道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Halloween

 October 31st is Halloween. Now, the 2nd graders are learning about the origin of Halloween. On October 30th, Danny came to our classes in his Halloween costume! We enjoyed his activities a lot.