ふたば未来学園の日々

ふたば未来学園の日々

田植え実習

 5月22日(火)有限会社フロンティアひろの所有水田において田植え実習が実施されました。

 スペシャリスト農業で栽培を選択する3年生5名がヤンマーアグリジャパン株式会社鈴木健二さんの指導の下、田植機による田植え実習が行われました。作業をした3年3組鈴木章浩さんは「登下校中に田植えをしている風景をみるが、実際にやってみるととても難しかった。」と感想を述べました。

田植えの様子1

田植えの様子2

田植機に苗を付ける様子

壮行会

 5月21日(月)高体連県大会などへ参加する部活動の壮行会が本校体育館で実施されました。

男子サッカー部、女子サッカー部、レスリング部、剣道部、ソフトテニス部、陸上競技部、卓球部、女子バレーボール部の100名を越える選手が登壇し県大会への意気込みを述べました。

 壮行会に参加できなかった猪苗代校舎バドミントン部の男子主将廣澤紫雲さんから「今年は昨年のインターハイで3冠を取ることのできなかった悔しさと、選抜で負けた悔しさを全てインターハイでぶつけるためにも、県予選では、全種目優勝して良いスタートをきれるようにしたい。」同じく女子主将水井ひらりさんからは「昨年は、女子が全種目制覇したので、今年も昨年につづき全種目制覇することが目標。そのために、日々の練習を全力で取り組み、支えてくださっている方々への感謝の気持ちを忘れずにしていきたい。」との意気込みを生徒会代読で本校生に伝えました。

丹野純一校長より激励を受ける選手たち

 

女子サッカー部のあいさつの様子

 

応援委員による応援の様子

 

5/27 スペ系【商業】_広野町まちなかマルシェへ出店します。

平成30年5月27日(日)10時~12時頃

場所_元馬場医院駐車場(双葉郡広野町下浅見川築地25)

広野わいわいプロジェクト主催 広野町まちなかマルシェへ出店します。

 

販売品目

・みかん大福

・広野町二ツ沼直売所で販売されている「みかんマーマレード」を使ったパン

 (アルジャーノンさんと共同開発したパンです)

 

このイベントは月に1回、広野町に賑わいを取り戻そうと実施されているイベントです。

 

(参考リンク)

4/20-22 スペ系【商業】_販売実習を行いました。

 

(次回のイベント)

笑ふるタウンならは商業施設の開業オープニングセレモニー

笑ふるタウンならは内に整備を進めている商業施設(愛称:ここなら笑店街)は、次のとおり開業の予定となりましたのでお知らせいたします。

オープニングセレモニー 平成30年6月30日(土)

5月16日(水)3年次未来創造探究

 先週までのセルフエッセイ作成を引き続き行う探究班があったり、すでに次のプロジェクトに向けてフィールドワークを実施する探究班があったり、プロジェクトに向けた調べ学習をパソコン室で行う班があったりと夏の花畑のように百花斉放な様相を呈していました。

 さて、ふたば未来学園高校では探究班の担当教員同士で情報・ツールの共有を行う機会を設けています。例えば、今週のメディアコミュニケーション探究班では原子力防災探究班が先週行った「担当者との2者面談」を実施しました。主に、現在のプロジェクトの進捗状況とチーム内での人間関係について話しました。何か担当教員から答えを一方的に与えるのではなく、担当者を壁や自分自身の鏡に見立て、頭の中だけにある考えを言語化し外に出すことで、思考を構築していくことを手助けすることが目的です。9月19日の未来創造探究生徒研究成果発表会まであと10回ということでどの生徒も、どの探究班でもまとめに向けて加速度を増してきた印象でした。

最後に、この時間は福島県選出の国会議員 玄葉 光一郎代議士や遠藤 智広野町町長が参観に来てくださいました。こうした外部の大人からの意見がそれぞれのプロジェクトの深みを増していくきっかけになるので、生徒は緊張しながらも自分たちの目指している目標や理想とする将来について説明していました。

 

SNSマナーアップ講座

 5月17日(木)に「SNSマナーアップ講座」が本校舎の1,2年生を対象に行われました。講師として、双葉警察署刑事生活安全課の松本美智子氏、広野町駐在所の高橋誠 氏にお越しいただき、実際に起きたSNSでのトラブルのお話や、防犯指導をしていただきました。

 県内でもSNSによるトラブルから、命を落としてしまう事例もありました。本校生にはこの講座で学んだことを忘れず、SNSやスマートフォンを正しく使用していってほしいです。

講座の様子

 

 

高崎経済大学附属高校の皆さんと交流会を行いました。

5月14日(月)高崎市立高崎経済大学附属高等学校の

オナークラスの皆さんが、ふたば未来学園に来訪されました。

スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校同士の

交流ということで、双方の学校紹介、活動紹介などを行い、

限られた時間でしたがグループごとのフリートークで

 震災当時の話をするなど内容の濃いひとときを

過ごすことが出来ました。

 オナークラスの皆さんは、1泊2日のプログラムで、

ほかには、富岡町内や、楢葉町遠隔技術開発センターなど

訪問されるそうです。

 お互いの交流を通して、群馬のこと、福島のことを

知り合うこと、繋がることが出来ました。

オナークラスの皆さん、ありがとうございました!

交流会の様子

 

5/3 スペ系【商業】 二ツ沼フェスタに参加しました。

○平成30年5月3日(木)10時00分~

 場所_二ツ沼総合公園(双葉郡広野町)

 イベント名_二ツ沼総合公園ふれあいフェスタ2018

 

広野町のみかんを使った「みかん大福」と楢葉町のゆずを使った「のの字」

雨の中多くの方にお買い求めいただきました。

広野町のみかんを使ったプリンです。お試し販売中です。

生徒個人で開発をすすめているマカロンについてアンケート調査中

 

みかん大福とのの字はそろそろ販売終了です。

お買い求めは、いわき駅ビル3Fの菓匠庵。もしくは道の駅よつくら港へお願いします。

 

5月9日(水)ほぼ一月ぶりの3年次未来創造探究

 年度初めの様々な行事やゴールデンウィークの影響で4月18日(水)以来となる未来創造探究を行いました。それではこの期間、探究活動は全く行われていなかったのでしょうか?

実は、この探究空白期間を上手に利用して、生徒たちはウェブ上で各担当の先生とやり取りしながらセルフエッセイ(注1)の深掘りを行っていました。そして、9日(水)はその発表会を行いました。しかし、単なる発表会ではなく、2年次に“未来創造学”で学んだ“輪読”の技法を活用したものでした。

具体的には3~4人のグループを作り、ワークシートと共に自身のセルフエッセイを回します。各自読んだら批判的な視点からの感想と、今後の探究へのアドバイスをワークシートに記載します。最後、戻ってきたワークシートに書かれた内容を読み込み、さらに改善し、セルフエッセイの完成となります。完成したセルフエッセイは今後の探究活動だけでなく、きっと論文や各自の進路にも生かされるはずです。

その後、これまでの探究活動の継続をしました。これから5週間、前期中間考査までは毎週水曜探究活動が絶え間なく行われます。良いアウトプットができることを期待しています。

「命の大切さを学ぶ授業」 もう一度あいたい ~伝えたい想い~

 5月10日(木)に「命の大切さを学ぶ授業」が本校体育館で行われました。講師として、交通事故遺族の会「こまくさの集い」代表の渡邊理香さんにお越しいただきました。渡邊さんから、ご自身の娘を交通事故で亡くしてしまったときの想いを生徒達に伝えていただきました。講話中には、教員・生徒ともに涙を流しながら真剣に渡邊さんのお話を聞いていました。講演後のアンケート・作文には、枠に収まらないほど記入している生徒もおり、非常に心に残る授業となりました。

講話の様子

 

事故当時の記事や写真

 

大戸屋×ふたば未来 プロジェクトの様子① ~全国発売に向けていよいよ始動!~

 本校、スペシャリスト系列農業で食品製造を選択している生徒5名と株式会社大戸屋ホールディングスによるメニュー開発がいよいよ始まりました。

 4月24日(火)、株式会社大戸屋の東京本社商品開発部長、マーケティング企画部部長、コーポレートブランド室次長、NPOカタリバジュニアマネージャーの方々がご来校され、生徒たちと初顔合わせを行いました。

この日の授業は、「好きなおかず一品を作成する」という大戸屋さんからの課題のもと、一人一作品を調理しました。

試食会では、「大戸屋のお客様10万人の胃袋を満足させるためには、第一に“おいしい料理”の徹底と、料理にメッセージを込めることが大切である」というアドバイスをいただきました。

次回、5月の試作までの課題として、どのようにしたら「福島の魅力」をいっぱいに全国の方に伝えられるのか、美味しい定食とはどんなものか、について授業で考えていきたいと思います。

「福島の“食”で、全国に満腹と笑顔を届けたい」生徒達の課題研究が、始まりました。

 ↓大戸屋さんの大切な想いを学びます!

メニュー開発がいよいよ始動!

実際に大戸屋店舗で使用されている食器を使い、

盛り付けまで考えます↓

 

調理する人のことを考えて作ります!

作品のプレゼンをしながら評価していただきます

大戸屋さんと初対面です!