学校行事

学校行事

未来創造探究 生徒研究発表会2019開催しました!

 去る9月21日(土)、新校舎を会場にして初めての「未来創造探究 生徒研究発表会2019」が開催されました。会場だけでなく、初めての週末開催ということで、数多くの教育関係者、地域の方々など外部からの参観もあり、開始前から生徒のやる気も緊張も最高潮でした。分科会に先駆けて行われた開始式ではこれまでの探究の様子を撮りためたmムービーが上映されました。音楽に合わせ、リズミカルにこれまでの探究の道のりや6つの探究ゼミの取り組みを良くとらえて紹介していたので、どの生徒のテンションもさらに上がりました。

その後、午前中に前・後編に分けて開催された分科会では7つの会場で計39本にも及ぶ2年間の探究してきた内容の発表がありました。

各分科会では、

青木 淑子様(NPO法人富岡町3.11を語る会 代表)

伊藤 学司様((公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会CFO(最高財務責任者))

佐藤 理夫様(福島大学 共生システム理工学類 教授)

菅波 香織様(未来会議事務局長、いわき法律事務所 弁護士)

半谷 栄寿様(一般社団法人あすびと福島代表理事)

平山 勉様(双葉郡未来会議 代表)

松岡 俊二様(早稲田大学国際学術院(大学院アジア太平洋研究科)教授、早稲田大学レジリエンス研究所(WRRI)所長、早稲田大学ふくしま広野未来創造リサーチセンター長)

といった各界のトップランナーの方々に審査員を務めて頂きました。

 それぞれの分科会では審査員の方々からの感想とアドバイスをいただきました。また、各会場には高校1・2年次生はもちろん、中学生も参加していたので、発表した3年次生の後輩たちの探究に活かして欲しいという思いも伝わりました。さらに、発表後に行われたディスカッションでは会場が一体となってより深い内容についての質疑応答が行われ、互いの思いを共感することができました。例えば、今年度、猪苗代町から広野町に練習拠点を移動したバドミントン部員を中心とする探究発表では、分科会での発表では語られなかった福島への思いや、部活動との両立の苦しさについて率直な感想を聞くことができました。

昼食を挟んで、午前中の分科会ごとに選ばれた代表7件について発表が行われました。さすがに午前中の分科会を勝ち抜いてきた発表はいずれも深い考察と献身的な実践に裏打ちされていて大変復興の参考となる研究に溢れていました。

審査員の先生方が審査をまとめている時間には今夏行われたベラルーシ研修についての発表も行われました。こちらは実際研修で行ったダンス・ミュージックの紹介などもあって聴衆の心を虜にするような素晴らしいプレゼンテーションでした。

大幅に協議の時間を超えてまで審査した結果、以下の各個人・探究グループが表彰されました。

●  最優秀賞

       『地域交換留学』

                 原子力防災探究ゼミ       渡辺美友

● 優秀賞

       『ひろのニコニコ大作戦~先生はおじいちゃんとおばあちゃん~』

                 健康と福祉探究ゼミ       草野くるみ、遠藤未来、遠藤愛莉

       『双葉郡のイメチェン』

                 メディアコミュニケーション探究ゼミ    志賀瑚々呂、鶴飼夢姫

       『美容でいきいきプロジェクト』

                 健康と福祉探究ゼミ       田口未来、遠藤聖弥

l●探究賞

       『バイオマス』

                 再生可能エネルギー探究ゼミ    鈴木彪雅、森谷友星、五十嵐心咲、西坂まいな

       『地域の特産品を使って風評被害を払拭する』

アグリビジネス探究ゼミ           宇佐美翔太、門馬杏由美、浅野琴美、大和田日南子、

遠藤綾那、室原智泰、志賀芙右華、坂本香蓮

       『障がいとつながるプロジェクト』

                      健康と福祉探究ゼミ    小湊真由、小椋遥花、一ノ倉愛梨、草野まほ

       『震災を教訓にする』

                     原子力防災探究ゼミ    青田このか、秋山杏由子、猪狩汐理、山崎美涼

       『Future Change the Ability(FCA)』

              スポーツと健康探究ゼミ         遠藤匠、髙村諒、宮本皇介、渡部柊斗、鈴木駿太郎、

高橋勇登

       『人と人がつながるボランティアを通した共助社会の形成』

                     原子力防災探究ゼミ       菅野光桜

●共感賞

       『地域交換留学』

                     原子力防災探究ゼミ       渡辺美友

 

 

 

未来創造探究 生徒研究発表会2019 のご案内

 本校は地域の課題をテーマに探究活動を推進しております。このたび、3年生の探究活動の集大成となる「未来創造探究 生徒研究発表会2019」を9月21日(土)に実施することとなりました。詳細は下記ファイルをご覧ください。多くの方のご来場をお待ちしております。

190921未来創造探究発表会2019案内(最終)一般者向け.pdf

 

令和元年度中学生1日体験入学①

 7月26日に体験入学が実施されました。当日は県内外から多数の中学生や保護者・教員が本校に訪れました。

今回はスペシャリストコースとトップアスリートコース「野球」の体験授業の様子や地域協働スペースを掲載します。

 

本校の地域協働スペースでの様子です。

 

 

スペシャリストコース「工業」の体験授業の様子です。

 

 

スペシャリストコース「商業」の体験授業の様子です。

 

 

スペシャリストコース「農業」の体験授業の様子です。

 

 

スペシャリストコース「福祉」の体験授業の様子です。

 

 

トップアスリートコース「野球」体験授業の様子です。

開校式・入学式

福島県立ふたば未来中学校開校式及び中学校・高等学校入学式

平成31年4月8日(月) アリーナ1

 

入場

 福島県教育委員会教育長式辞

入学許可

 校長式辞

 復興大臣 祝辞

 文部科学副大臣 祝辞

ふたばの教育復興応援団代表 祝辞

福島県知事 祝辞

福島県議会議長 祝辞

 双葉地方町村会会長 祝辞

 広野町長 祝辞

 新入生誓いのことば

 教科書授与

 新入生退場 

 

 

4月16(火)~17日(水)中学校オリエンテーション開催!

 新たな仲間と出会って早々、全校生で、いわき海浜自然の家に出かけて中学校オリエンテーションを開催しました。校長先生から、「みんな仲良くなろう!」とのお話をいただき、2日間、演劇ワークショップに取り組みました。講師には、NPO法人PAVLICから、俳優の河野悟さん、村井まどかさん、村田牧子さん、そして演出家のわたなべなおこさんにお越しいただきました。

 

ワークショップは、アイスブレイク、言葉なし表現活動、言葉を入れた表現活動と続き、1日目の最後は、自分たちで登場人物を決め、それらの人間関係を話し合い、劇として構成するというかなりハードルの高いワークショップに取り組みました。生徒たちは、講師の先生の話をよく聞き、仲間ともよく話し合い、期待以上の劇を披露することができました。

 夜は、キャンプファイヤーを行いました。夕日が沈む中、火の神が灯した「親睦の火」に照らされながら、歌やゲームで楽しい時間を過ごしました。最後には、一つの輪になって校歌をうたいました。

 

 2日目のワークショップでは、1~3年生が10グループに分かれて、とあるメンバーの小学生時代のエピソードを題材として、短編の演劇づくりにチャレンジしました。昼食を挟んで行われた発表会では、予想を超える劇が発表されました。過剰なパフォーマンスよりも心の動きを繊細に表現したグループ、主役を引き立てるために脇役の役割演技にこだわったグループ、言葉よりも間を大切にして観ている人の心をキュンとさせたグループなどなど多彩な劇が披露されました。今回の演劇ワークショップを通じて、一人ひとりは違う存在だけど、お互い欠かせない存在であること、何かの縁で出会った仲間と過ごしていくこれからの時間を大事にしていきたいことなど、様々な気づきがあったようです。そして、何より、「笑顔」が増え、「みんな仲良し」になることができました。

中学校入学式

4月8日(月)に、渡辺博道復興相、浮島智子文科副大臣、ふたばの教育復興応援団代表の小泉進次郎衆議院議員、内堀雅雄知事、遠藤智広野町長をはじめ、多数の来賓の方をお招きし、開校式並びに平成31年度入学式を挙行いたしました。

新入生は、一般選抜50名とスポーツ選抜10名の計60名が入学しました。2、3年生は、猪苗代中に通っていた富岡一中バドミントン部の18人と、レスリング選抜の3人が転入しました。

入場時は、緊張した面持ちでしたが、新入生呼名では、元気な返事を披露することができました。

新入生誓いの言葉では、大越佑哉さんが「ふたばの復興の象徴である学園で学び、夢の実現に向け壁にぶつかってもがんばりたい」と誓いの言葉を力強く述べました。

来賓の皆様、地域の皆様、学校関係者の皆様からたくさんのお祝いのお言葉をいただきましたことに、心より御礼申し上げます。

 

 いざ、ふたば未来学園中学校の出航です。これからの航海を生徒や保護者の皆さん、そして地域や世界中の皆さんとともに進めてまいります。今後も変わらぬご支援、ご協力をお願いいたします。

修学旅行 第3日目

♦︎ホテル日航奈良

3日目の朝です。今朝も検温をしてから朝食です。

モリモリ食べて今日も1日頑張っていきましょう!

♦︎東大寺
 
東大寺大仏殿にて。現在でも世界最大級の木造建築であり、 その壮大さは見る者を圧倒します。

進路実現に向けて学力がつきますように!
♦︎薬師寺

創建当時から1300年の時を経て、現存している国宝の建物。 6重に見えるが3重である。

薬師寺でお馴染みのご住職の講話を拝聴しました。 芸人並みのその話術に圧倒されました。

♦︎ハートンホテル京都

各班自分たちで計画したルートにしたがい、 いざ京都の自主研修へ出発です。

本日の夕食はセットメニューでした。ハンバーグ、海老フライ、 唐揚げ等高校生が好きそうなおかずでご飯がすすんでいました。

修学旅行 第2日目

・修学旅行 第2日目。

 

♦︎ホテル広島ガーデンパレス①

ホテル広島ガーデンパレス

朝6時30分。朝食会場前で名前の確認後、検温し体調のチェックを行いました。

 

♦︎ホテル広島ガーデンパレス②

ホテル広島ガーデンパレス②

♦︎ホテル広島ガーデンパレス③

ホテル広島ガーデンパレス③

朝食はバイキングでした。みんな食事のバランスをしっかり考えて野菜もたっぷり食べていました。今日も1日頑張れそうです。

 

♦︎宮島①

宮島①

♦︎宮島②

宮島②

♦︎宮島③

宮島③

日本三景の一つである宮島を訪れました。フェリーでの移動はおよそ10分。たくさんの鹿が私たちを出迎えてくれました。厳島神社には縁結びの神様がいらっしゃるということですが生徒の皆さんはどんなお願いをしたのでしょうか。

 

♦︎USJ①

USJ①

♦︎USJ②

USJ②

♦︎USJ③

USJ③

いよいよUSJです。説明が終わるやいなやダッシュで中に消えていきました。よほど楽しみにしていたのでしょう。思いっきり楽しんできてください。

修学旅行 第1日目

・修学旅行 第1日目。

◆羽田空港①

 

首都高では多少の渋滞はありましたが順調に羽田空港までたどり着くことができました。これから搭乗します。

◆羽田空港②

 

岩国空港の上空が天候不良ということでweather check中です。しばらくして条件付きで離陸することになりました。天候次第では福岡空港に着陸しバスで広島に入る可能性が出てきました。

◆岩国空港

無事に岩国空港に着陸できました。よかった。これから広島に向かいます。

◆広島(平和公園)①

雨の中、生徒たちは感慨深げに原爆ドームを見つめていました。ここで集合写真を撮る予定でしたが雨がひどく中止になりました。

◆広島(平和公園)②

 「原爆の子の像」にて。白血病で亡くなった佐々木禎子さんを思い生徒全員で折り鶴と花を奉納しました。平和について改めて考えさせられました。

◆広島(平和公園)③

「広島平和記念資料館」にて。「伸ちゃんの三輪車」を食い入るように見ています。言葉では言い表せない思いがこみ上げてきました。

◆広島(平和公園)④

被爆の体験講話を聞きました。みんな真剣な表情で話に聞き入っていました。戦争の悲惨さや平和の大切さを伝えていただきました。

◆広島駅

 

夕食のお好み焼きです。焼きそばがぎっしりつまっていてボリュームもあり美味しかったです。さすが本場は違います。猪苗代の生徒たちは2枚食べたようです。やっぱりアスリートは違いますね。

 

 

一球入魂!球技大会が行われました!

 10月5日(金)、本校舎で校内球技大会が行われました。開会式では、フェアプレーで試合に臨み、みんなで楽しく大会に参加することを誓いました。

ソフトボール、バスケットボール、バレーボール、学年対抗ドッジボールのそれぞれに分かれ、各チーム力の限りプレイをしました。

 本球技大会では、出場選手に熱い声援を送りクラスが一丸となったり、学年対抗ドッジボールで学年が団結し合ったり、時には教員も試合に参加するなど、「勝ちたい」という本気の気持ちがぶつかり合う、ギラギラとした球技大会でした。