未来創造探究

未来創造探究

未来創造探究生徒研究成果発表会

令和元年9月21日(土)に未来創造探究生徒研究発表会を実施しました。

 

今回は、高校3年生の生徒たちが地域復興の実践に取り組む学習(未来創造探究)の成果を発表し、高校1,2年生や中学生、保護者の方々や地域の方々、そして教育関係者に本校の探究活動の内容を発表しました。

 

今年度の発表会では、午前中は7つの会場に分かれて分科会を行い、午後は各分科会で選抜された発表7チームが発表する形式で行いました。

 

午前中の分科会では、会場ごとに審査員の先生にお越しいただき、生徒の探究活動にご指導をいただきました。

NPO法人富岡町3.11を語る会代表 青木 淑子様

(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会CFO(最高財務責任者)伊藤 学司様

福島大学 共生システム理工学類 教授 佐藤 理夫様

未来会議事務局長、いわき法律事務所 弁護士 菅波 香織様

一般社団法人あすびと福島代表理事 半谷 栄寿様

双葉郡未来会議 代表 平山 勉様

早稲田大学国際学術院教授 松岡 俊二様

 

いくつかの発表が終わるごとに生徒と会場の皆様、そして審査員の先生方を交えたディスカッションを行いました。

 

午後からの全体会では、午前中に審査委員を務めていただいた先生方に審査をしていただき、午前中の分科会における発表を含め、すべての発表の中から優れた実践と発表を行った生徒を表彰しました。

 

この発表会の後、3年生は主にこれまでの取り組みを論文にまとめる活動に移っていきます。3年生が行ってきた活動を、この地域でさらに発展させてくれる後輩や、今回の発表から新たな課題を見つけ新しいアクションを起こす生徒が出てくることを期待します。ご来場いただきました皆様、発表生徒への温かい励ましをありがとうございました。