海外研修について

海外研修

ドイツ研修3日目(フライブルク)

 ドイツ研修の3日目は、環境都市フライブルクでの研修でした。
ドイツの南西端に位置するフライブルクは、「フライブルク大学」や各種研究機関があり、緑の多い学術研究都市となっています。エネルギー政策や公共交通機関を中心とした都市デザイン、緑の保護条例など、先進の環境対策と快適性の両立を目指した都市です。
まず市内にあるホテルを見学しました。エコにこだわりつつ、不便を感じることなく居住性・快適性にこだわったホテルです。まず目に付いたのがフロント横にある発電量表示パネルです。このホテルでは、屋上に設置したソーラーパネルと風力発電装置で発電しています。
☆ホテル外観            ☆フロントに設置された表示パネル
 
☆屋上のソーラーパネルと風力発電装置(最大で21kwの発電量があります)

☆客室にある植物のパネル


 ホテルを見学した後、環境モデル地区のヴォーバン地区を見学しました。都市計画段階から環境と居住性を両立させた街づくりをした新興住宅街ですが、日本のそれとは違って古いものは改修しながら使う、緑地は自然のままにする、カーシェアリングや公共交通機関によって車の所有率を下げるなど、見習うべきところがたくさんあります。
☆ヴォーバン地区の見学の様子
  

 「緑地などに手を入れすぎず、あえて古い石積みなどを残して、昔から生活する人が思い出に浸ったり、新しく入居してきた人がその思い出を共有して、お互いにふれあう機会を作る街づくりに感動した」と生徒が感想を述べて本日の研修を締めくくりました。

ドイツ研修2日目(ハイデルベルク)

 ドイツ研修の2日目、ハイデルベルクでの研修でした。
 フランクフルトのホテルからアウトバーンを専用車で1時間ほどの移動でした。
ハイデルベルクドイツの歴史を感じる古い町並みが保存されており、また名門の「ハイデルベルク大学」があることで有名です。

☆石畳の道を散策       ☆大学の学生組合の建物を見学
  
☆ドイツの最も有名な城址のひとつ、ハイデルベルク城も見学し、門の前で記念撮影
映画に出てきそうなたたずまいでした

☆ちなみにアウトバーンを走っているときも、山の頂にはいくつかの城跡が見えました
 (小さくてわかりにくいですが山頂に城跡があります)
急な坂道を上り哲学者の道を見学した後、ハイデルベルクの旧市街のレストランで昼食を取り、食後に市内で最も古い「ハイデルベルク聖霊教会」を見学しました。
厳かな雰囲気と規模の大きさに圧倒されました。

☆哲学者の道に通じる細くて急な坂 ☆哲学者の道で、城跡をバックに記念撮影
     
☆ハイデルベルク聖霊教会の内部

 
 旧市街を見学した後、バスでホテルに向かう途中、車窓からでしたが環境開発都市バーンシュタットを見学しました。
以前は鉄道施設があったところですが、環境を考えた再開発計画で現在建設が進んでいる地区です。その広さは東京ドーム26個分。外部からのエネルギーを極力減らし、快適な生活をする工夫がされた「パッシブハウス」や雨水を利用する施設、ビオトープなど、都市開発と環境を両立させたモデル地区となっています。

☆太陽エネルギーを効率よく取り入れる工夫がされたパッシブハウス
 手前の溝は雨水を効率よく集める働きをする


本日の見学はここまでで、その後ホテルに移動して、おいしいドイツ料理を堪能し、部屋で十分休養をとりました。

☆ドイツはジャガイモが主食

ドイツ研修(1日目)

 1月6日より、1年次生12名がドイツ研修に参加しています。
 これはSGH研究指定校としての活動の一つで、再生可能エネルギーについての学習、異文化交流、ドイツの学校との交流などを目的としています。
 1日目は朝7時に学校を出発し、日本時間の7日午前3時半にフランクフルトのホテルに到着しました。生徒たちは長時間の移動で若干疲れていますが、みんな元気で、明日からの研修を楽しみにしています。

☆経由地のコペンハーゲン空港、スターバックスの前で
 
☆フランクフルトのホテルで食事。美味しかったです
 

<トップアスリート系列サッカー>ドイツ研修報告⑤

 今日はロストック最終日です。ウォーミングアップからテクニックのトレーニングを、朝のみ行い、トレーニングの参加はこれで終了です。ドイツの選手は、常に100%でプレーしており、生徒はやりきったのかな?と思いました。
 午後はアカデミーを取りまとめているパウロさんにインタビューをして、特徴のあるインタビューはできたのではないかと思います。インタビュー後は、ハンザ・ロストックの見学をしました。質の高いトレーニングを目の前で観て、トレーニングの自分と比べて何かを感じてくれたのではないかと思います。
 空き時間には、ロストックとWarnemündeを散策し、帰国することが寂しく感じました。

<生徒の感想>
●今日はハンザ・ロストックでの最後の練習だった。外国人とコミュニケーションを取ろうと相手の話を聞いて、頑張って英語で返すことはできましたが、積極性や自立の部分はできていませんでした。悔いが残る結果になってしまって悔しかったです。しかし、帰国をして、自分のプレーがレベルアップしていることを感じさせ、頑張らなくてはならないと思いました。このような経験や自分の課題などがわかったこと全てにおいて今回のことに関わってくれた皆さんに本当に感謝したいです。
●今日でトレーニングが全て終わりました。反省としては、最初から120%でできたらもっと良いトレーニングができたのではないかと思いました。世界を知ったこの機会は良い経験であり、世界を知れたので、これからのサッカーに生かしていきたいと思います。
●今日でトレーニング参加が終わりました。ドイツ人との差や学んで生かせることをチームに還元し、良い人間性を築いていきたいと思います。

☆最後のトレーニングの参加
  
☆ロストック
  
☆Warnemündeでトレーニング      ☆Warnemündeの港町
  

平成28年度SGH海外研修(米国・ニューヨーク)第9日目

<国連関係者意見交換、UNIS生徒意見交換>

いよいよ総括となる国連関係者との意見交換を行うニューヨークでの活動最終日。緊張感のある朝を迎えました。

午前中は、UNIS(国連国際学校)を訪れ、1時間目には日本語を学んでいる外国籍の高校生への英語でのプレゼンテーションと意見交換、2時間目には中学生への英語でのプレゼンテーションと意見交換を行いました。

午後には、いよいよ国連本部へ。広報局のナンバー2であるナセルアウトリーチ部長や当局者、シエラレオネ、コロンビア、バングラディッシュ、インド、米国等の国連Youth Delegateの若者との意見交換を行いました。福島の現状や自分たちが取り組む復興の活動に関するプレゼンテーション&スピーチは6回目となりました。今回は、ニューヨーク研修で学んできた内容も踏まえた発表となりました。

戦災や差別を経験したバックグラウンドを持って、平和な世界の実現のために国連を志した彼らに、自分たちの発表がどう響くのか不安もありましたが、生徒たちはこれまでのニューヨークでの学びを自分のものとして、福島のことだけでは無く、広島や9.11や難民問題についても言及しながら発表を行い、高い評価を頂きました。

「体験をしたあなたたちにしか言えないことがある。あなたの思いや考えを世界に発信していくべきだ、諦めずに何度も何度も」「これからも一緒に活動していこう」等のコメントを頂き、その後は小グループに分かれて昼食をとりながら議論を深めました。

国連Youth Delegateからは、早速国連のSNSであなたたちのメッセージを発信したいと申し出を頂き、急遽その場でメッセージ動画の撮影も行われました。国連Youthと生徒たちは、SNS等でこれからもコンタクトし合うことを約束していました。

宿舎に戻って一連のニューヨークでの研修を総括するミーティングを行った後、宿舎の近くのイタリア料理屋でピザとパスタで打ち上げが行われました。

使命感を持って駆け抜けたニューヨークでの9日間は素晴らしい経験となり、大きな成果を日本へ持ち帰ることとなりました。しかし、探しにきた「福島復興の解決策」は見つからず、むしろ多くの「福島と世界の未来に対する課題」を持ち帰ることとなりました。

ニューヨーク研修の実現に際して、多大なるご協力を頂いた国際連合日本政府代表部と在ニューヨーク総領事館、ジェラルド・カーティス先生をはじめとしたコロンビア大学の皆さまに、心から御礼を申し上げます。

生徒たちがまとめたレポートは別途掲載致します。