部活動

部活動

【中学校】レスリング部 大会参加報告

 4月27日(土)~28日(日)に、宮城県仙台市で行われた第36回北日本少年少女レスリング選手権大会に生徒3名が参加してきました。ふたば未来学園中学校として初めて参加した大会です。

砂川スペシャルコーチから試合前の指導を受けています。

どの試合も白熱した試合となりました。

女子40kg級で横瀬さんが見事優勝を果たしました。

 

 次は、6月7日(金)~9日(日)で行われる茨城県水戸市で行われる全国中学生レスリング選手権大会に参加する予定です。今後ともご声援を宜しくお願いいたします。

【女子サッカー部】部活動紹介・大会結果報告

平成31年4月9日(火)

 中学生・新1年生にむけて部活動紹介を行いました。新入生を4名迎えて、新校舎で新たなスタートを切ります。今年度も女子サッカー部をよろしくお願いします。

 

  東北サッカーリーグ2019が開幕し、ホームに常磐木学園高校2ndを迎え、第1節を行いました。前半先制し、1-1で折り返しましたが、後半相手チームの猛攻にあい、結果1-9で敗戦でした。

第2節の仙台大学戦は、仙台大学にて4月27日(土)17:00キックオフです。応援よろしくお願いします。

第47回全国高等学校選抜バドミントン大会

3月23日から27日に茨城県ひたちなか市総合体育館で行われた、第47回全国高等学校選抜バドミントン大会に参加してきました。大会結果は次の通りです。

 

【男子団体】

 3回戦敗退

 

【女子団体】

 第2位

 

【男子ダブルス】

 2回戦敗退  後藤 サン・高嶋 集(2年)

 1回戦敗退  末永 逸貴・杉浦 壮哉(1年)

  

【女子ダブルス】

 第2位  内山 智尋・廣上 瑠依(2年・1年)

 

【男子シングルス】

 第3位  稲光 翔太郎(1年)

 ベスト8  李 正(2年)

 

【女子シングルス】

 第3位  木村 百伽(2年)

 ベスト8  染谷 菜々美(2年)

MIND OVER BODY

【演劇部】最優秀賞受賞 東北地区高校演劇発表会

 12月21日から23日まで第51回東北地区高等学校演劇発表会が秋田市文化会館で行われ、本校演劇部も福島県代表として初めて参加してきました。

 結果、最優秀賞をいただき、来年7月佐賀県で行われる全国大会に出場することが決まりました。創部4年目で全国大会への切符を手にしたことに、部員一同、今は驚きと喜びでいっぱいです。これからは東北地区代表としての自覚を持ち、全国大会へ向けて稽古に励みます。

U-18ブータン代表との親善試合!!

 9月20日(木)、本校舎男子サッカー部が再始動したJ-VILLAGEでキャンプを行っているU-18ブータン代表とトレーニングマッチを行いました。

ブータンは幸福度世界1位で有名な国です。緯度は沖縄県と同じくらいですが、磐梯山よりもさらに高い標高2500mの場所で生活をしているそうです。そのためか、ブータンの選手たちは標高の高い場所で生活していることで心肺機能が高く、試合終盤でも足が止まることなくプレーしていました。

試合は一時リードを許す展開となりましたが、逆転して3-2で勝利する事が出来ました。海外のチームとの試合経験はそう簡単にあるものではありません。選手たちもブータンの選手たちの走りや身体の強さに驚いていました。

試合の前後には、それぞれのチームペナントに併せて、ふたば未来学園からは校章の入ったマグネット、U-18ブータン代表からは選手全員のサインが入ったシャツをそれぞれ交換しました。このような経験をさせていただいたU-18ブータン代表の皆様、J-VILLAGEの皆様ありがとうございました。

 

秋本真吾氏・岩崎領氏による特別講座

 本校の応援団である秋本真吾氏と東京学芸大学大学院からサポートに来られた岩崎領氏による走りのトレーニング講座が8月28日に広野町サッカー場で行われました。

 今年度3回目とあって前回までの復習や各自の走りのフォームを動画で確認したり、新しい練習法を部員全員で取り組みました。

 今回はタブレットを使ってフォームを撮影したものをその場で振り返り修正するだけでなく、走りの中で「どれだけ自分を追い込めるか」といったところにも重点を置いて行いました。

厳しいメニューをやり切った達成感や全員で取り組んでいるという一体感を感じることができ、生徒同士のポジティブな声かけも多く出てきたことが印象的でした。

厳しいトレーニングにも前向きに取り組む姿勢の大切さを改めて実感し、今後のトレーニングにも繋げていけるよう取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【吹奏楽部】第2回定期演奏会を開催します

吹奏楽部が定期演奏会を開催します。

ぜひ、足をお運びください。

 

福島県立ふたば未来学園高等学校吹奏楽部
第2回定期演奏会

 

日時:平成30年7月1日(日)
    13:30開場 14:00開演
会場:楢葉町コミュニティセンター 大ホール
    (福島県双葉郡楢葉町北田字鐘突堂5-4)
    ※JR常磐線 竜田駅より徒歩13分
入場無料
ゲスト:Panos Karan(ピアニスト)
    樫村 泰樹(マリンバ奏者・双葉高校吹奏楽部OB)
内容:
第1部 クラシック・オリジナルステージ
    ♪コンサート・マーチ「虹色の未来へ」
    ♪主よ、身許に近づかん(讃美歌320番) 他
第2部 ゲスト・ステージ
第3部 ポピュラー・ステージ
    ♪魔女の宅急便メドレー
    ♪夏うたコレクション
    ♪Let's go crazy    他

 

【演劇部】「あのひ、隠れたひ」を上演

 1月29日(月)放課後に、演劇部による創作劇「あのひ、隠れたひ」が上演されました。
この劇は、東日本大震災と原発事故により都会へ避難した中学生が、避難先の学校でいじめや同郷の人との出会いなどを通し、思春期の悩みや葛藤に苦悩する姿が表現されていました。
相双地区の演劇大会では、最優秀賞、県の演劇大会でも高い評価を得た作品で、演ずる生徒自身が、被災者である経験を生かしたテーマに正面からぶつかって創作された演目です。
本校舎体育館での上演ということで生徒・教職員をはじめ、多くの方々の観覧のもと上演され、来場した方々の心に強く響いたようです。

☆上演の一部
 

【レスリング部】東北高等学校選抜レスリング大会

互角に戦っての準優勝
全国選抜大会出場権・シード権も獲得

 2月4日(日)、秋田県五城目町体育館にて、東北高等学校選抜レスリング大会が行われました。
 大会では、宍戸拓海(2年)が74㎏級において、3回勝ち上がり決勝に進出しました。3試合とも自信を内に秘め、安定した試合運びができていました。決勝戦の相手は、団体戦で優勝した学校の選手でしたが、気持ちの面でも負けてはいませんでした。 前半、自信あるタックルを仕掛ける組み手でうまく崩され失点を重ねてしい、6-0、今までであればあせって攻撃を仕掛け逆にポイントを奪われる展開でしたが、今回は自分の技に自信を持っており、そのチャンスを窺っていました。タックルに入り2点、回転させて2点、6-4ワンチャンスでの逆転期が訪れ、相手との必死な攻防が続きましたが、逃げ切られてしまいました。グレコローマンスタイルが得意ですが、今回の大会はフリースタイルということでタックルの技術を磨き自信をつけました。その結果として、昨年初戦で敗退した大会において優勝まで迫れたことで、また大きな自信に繋がりました。3月に開催される全国選抜大会への出場権と・シード権を獲得し、意気込みも違ってきました。
 
 宍戸がここまで強化できたことは、3年次生の近野・小松、本校のトップアスリート系列ではないが、急成長してきた2年次生の佐藤諒太の存在が大きいです。常にレベルの高い実践練習ができていることにほかならないが、3年次生の二人は自宅学習期間も、練習に参加してくれる予定で、頭が下がる思いです。次年度福島県代表として活躍が期待される宍戸・佐藤にとってこの上ない協力者です。二人には是非とも全国大会において、上位入賞を果たして欲しいと思います。

☆秋田県五城目町体育館内にて(宍戸 拓海)
 

【演劇部】校内公演近づく

演劇部の校内公演を、1月29日(月)16時より、ふたば未来学園本校舎体育館で開催します。以前にも告知しましたが、部員が校長室に来てポスターを持ってきたので、再度お知らせします。
「あのひ、隠れたひ」 避難先でのいじめを題材とした衝撃的な問題作です。校外の皆様もよろしければおいでください。(駐車場はありません)


【バレーボール部】平成29年度 11、12月活動報告

◆12月16日(土)新人戦地区大会に参加しました。
 結果
  1回戦 ふたば未来 対 相馬東  0-2 ●
  3決戦 ふたば未来 対 小高産技 0-2 ●
 成績
  第4位 (県大会出場)

 夏に3年生が引退してから、この新人戦地区大会で3位を目指して半年間努力してきました。結果は4位ということで、目標達成とはなりませんでしたが、半年前に結成したばかりの頃のチームと比べれば、ひとりひとり大きく成長することができました。県大会への出場権は獲得できたので、まずは県大会で少しでも自分たちのバレーボールができるよう、頑張ります。
 カタリバのみなさんをはじめ、多くの方から温かいご声援、ありがとうございました。

◆12月15日(金)広野中学校バレーボール部と合同練習を行いました。
 広野町民体育館で、広野中学校バレーボール部さんと合同練習を行いました。初めての中学生との合同練習で、私たち(高校生)の方が緊張しました。広野中バレー部さんたちの明るさに私たちの緊張もほぐれ、充実した練習ができました。同じ双葉郡のチームとして、これからも切磋琢磨していきましょう。

 勿来・四倉高校合同チーム、遠野高校、磐城桜が丘高校と練習試合をしました。ありがとうございました。

【サッカー部】秋本真吾氏・柴村直弥氏による特別講座

 本校のふたばの教育復興応援団である秋本真吾氏とCriacao所属の柴村直弥選手によるトレーニング講座が12月19日に広野町サッカー場で行われました。
 柴村選手は、広島県出身で広島皆実高校2年時に全国高校総体で優勝を経験。大学サッカーを経て、アルビレックス新潟シンガポールに入団しプロ生活をスタート。その後はアビスパ福岡、徳島ヴォルティス、ガイナーレ鳥取と渡り歩き、ラトビア、ウズベキスタン、ポーランドなどの海外チームでも活躍されてきました。
秋本氏と柴村選手の対談では、柴村選手のプロになってからの苦難や挫折の体験談やそこからどう道を切り拓いてきたかなどの話を聞くことができ、プロ生活の厳しさや努力して掴みとることの大切さを学ぶことができました。
 トレーニングでは守備のトレーニングを中心に行い、プレスのかけ方や身体の寄せ方、コーチングの仕方など細かい部分まで指導していただきました。一緒にトレーニングにも参加していただき、球際の厳しさや正確なコーチングなど質の高いプレーを肌で感じることができ、選手たちにも大きな刺激となりました。
 プレーだけでなく、メンタル面の成長もしていき、個人としてもチームとしてもこの経験を今後に活かしていきたいです。

☆特別講座の様子

【吹奏楽部】第1回定期演奏会を開催

 12月24日(日)、いわき市文化センターにて第1回目の定期演奏会を開催いたしました。
当日はたくさんのお客様に御来場いただき、ありがとうございました。また、今回の開催にあたり、御寄付をいただいた多くの皆様方、そして運営と賛助出演に御協力いただいた方々に、心より御礼申し上げます。
 今回は、多くの賛助出演の方々をはじめ、スペシャルゲストとしてオーボエ奏者の斎藤舞先生、南相馬のMJCアンサンブルが花を添えてくださり、すてきなクリスマス・イブのひと時となったことと思います。
 これからも、地域の皆様に潤いと元気をもたらすことができるよう、精進して活動して参りたいと思います。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
福島県立ふたば未来学園高等学校吹奏楽部 一同

☆定期演奏会の様子

【演劇部】演劇部校内公演決定!

 1月29日(月)、本校体育館において、演劇部の校内公演が行われます。
 昨年11月に開催された福島県高等学校演劇コンクールで、優秀賞を受賞した「あのひ、隠れたひ」を再演します。
 本校生と教職員を対象にした公演ですが、保護者や一般の方もご来場いただけます。
生徒が「震災いじめ」をテーマに、身を切る思いで創作した舞台です。ぜひこの機会に足をお運び下さい。
 
■ふたば未来学園高校演劇部校内公演 「あのひ、隠れたひ」(生徒創作)
  • 日  時 1月29日(月) 15時40分開場
                  16時00分上演(約60分)
  • 会  場 本校体育館
  • 入場無料 (事前申込不要)
   ※なお、駐車場の準備はしておりませんのでご了承下さい。
   ※本公演に関する問い合わせは、演劇部顧問 小林までお願いします(電話0240-23-6825)

<昨年のコンクールの様子>

【レスリング部】北海道・東北地区全日本ジュニア予選大会

東北大会で初のタイトル

 12月25日(月)、岩手県いこいの村岩手体育館で行われた、北海道・東北地区全日本ジュニア予選大会へ参加してきました。

 宍戸拓海(2年)が、ジュニアの部グレコローマンスタイル72㎏級において、3名によるリーグ戦ではあったが2勝し、東北大会において本校としては初のタイトルを獲得し、4月に開催される全日本ジュニア選手権大会への出場権を獲得しました。大学3年の早生まれまで出場できる選手達に、どれだけ善戦できるかが楽しみです。
 
 佐藤諒太(2年)は、17歳以下カデットの部60㎏級に出場しました。出場選手は15名で、優勝した選手に前半4-0とリードしたが、レスリングの経験の差から逆転され、4-8で敗れました。優勢な場面から得点できなかったり、逆に返されたりと苦戦しましたが、最後まで諦めない姿が印象的でした。その相手が決勝に勝ち進んだことで、敗者復活戦を戦うことができました。力は互角でしたが、0-5と初戦同様の内容で敗退してしまいました。相手も勝ち進み、3位入賞を果たしています。実力的には、1・2番手と接戦を演じたことにより、レスリングを始めて1年数ヶ月ですが、潜在能力を秘めていることを改めて確認できた大会でした。

 齊藤篤(2年)は、当初2名の参加でしたが、相手が負傷のため大会を棄権したため第1位となりました。
 次の日からは、佐藤・宍戸が、グレコローマンスタイル、齊藤がフリースタイルに別れ、今年度世界選手権で優勝した選手や全日本のコーチによる指導も含めた実践練習に積極的に参加し、実践的な技術の取得・コーチや他校生達との交流に努めていました。

☆いこいの村岩手体育館内にて
 宍戸 拓海      齊藤  篤
  

【卓球部】「クリスマス杯」開催

 12月25日、大会の少ない冬季において、卓球への意欲を保ち、技術の向上を図ることをねらいとして、「ふたば未来学園高校卓球部クリスマス杯」を開催しました。
現役の部員6名と、引退した3年次生3名、そして教員8名が参加し、大いに盛り上がり、生徒と教員が卓球を通して交流できる良い機会にもなりました。
3年次生の土屋君が優勝し、先輩としての底力を見せてくれました。

☆開会式の様子
 
☆生徒も教員も真剣で、そこには熱い戦いがありました
  
☆優勝・・・先輩はやっぱり強い!
 

【剣道部】平成29年度福島県高等学校相双地区剣道大会

 12月16日(土)、福島県立相馬高等学校の講堂にて開催された「平成29年度福島県高等学校相双地区剣道大会」の女子個人戦において、坂本瑞奈さん(3年生)が優勝、愛川遥さん(1年)が準優勝に輝きました。
 愛川さんは、4人のAブロックを、得意の出ばな面で、全試合で勝利しブロック代表になりました。坂本さんは、3人のBブロックの代表になり、決勝トーナメントに出場しました。
 インターハイの地区大会を制した坂本さんは、3年次生として進路活動の合間の少ない時間も集中して練習をしていました。決勝戦では、県総体の地区大会を制した、後輩の愛川さんとの同校対決を、延長戦の末、引き面で勝利し、この大会を制しました。

 ☆試合の様子 ☆表彰後の記念写真
 


【美術部】県高校美術展へ出品・参加してきました

 12月8日(金)~10日(日)にかけて郡山市民文化センターで開催された、第43回福島県高等学校美術展へ、本校から7作品を出品し、美術部の3年次生2名が開催行事へ参加してきました。
 開催行事の午前の部は、映像作家/アニメーション作家の橋本大祐氏による「プロジェクションマッピングについて」の講演があり、映像作家/アニメーション作家の仕事について、プロジェクションマッピングについて、制作工程、作品コンセプトのまとめ方を、自身が手掛けた作品を見ながらお話ししていただきました。
 午後の部は合評会が行われ、講評担当の清陵情報高校の吉川先生へ、生徒自身が制作した作品概要の説明をして、講評をいただきました。
 今後の作品制作をしていく上でのアドバイスをいただき、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

☆会場入り口にて
 
☆開会式の様子           ☆講演会の様子
    
☆合評会の様子
   
☆展示の様子
   

【演劇部】福島県高校演劇コンクール優秀賞受賞!

 11月29日(木)~12月1日(金)、白河文化交流館コミネスにて開催された、第71回福島県高校演劇コンクールにおいて、優秀賞第三席を受賞しました。さらに、主演の関根颯姫さん(2年)が演技奨励賞を受賞しました。
 相双地区大会からさらに磨きをかけた演技とストレートなメッセージが観る側の心を大きく動かし、審査員からも、舞台作りに取り組む姿勢や技術面で高い評価をいただきました。
 目標としていた東北大会出場まではあと一歩のところでしたが、今大会の経験を生かし、スケールの大きな舞台を創っていきたいと思います。
 新作となる次回公演は3月を予定しています。日程が決まり次第、学校ホームページ等でお知らせしますので、ぜひご来場下さい。
 引き続き演劇部の活動へのご支援をよろしくお願いいたします。
 
 

【サッカー部】平成29年度福島県高等学校新人体育大会地区大会

平成29年度福島県高等学校新人体育大会地区大会
優 勝
《新人戦県大会出場決定》

 相馬光陽サッカー場で行われた地区大会初戦は、小高産業技術高校との試合でした。試合では、同点に追いつかれ、リードされる場面もありましたが、自分達の特徴の攻撃的なサッカーを生かし、4対2と勝ちきる事ができました。
 準決勝は相馬東高校との試合でした。1点先制され焦りのせいか、なかなか1点を取ることができませんでした。しかし、自分達の力を最後まで信じ、1点を取り延長戦まで持ち込みました。延長戦でも決着がつかず、PK戦へ持ち込み、最初の2人が外してしまい、0-2とリードされるましたが、相手も続けて2人外し、3-2と逆転勝利しました。
 決勝戦では相馬高校との試合でした。今年の選手権では、3年次生が相馬高校に0-1と破れ、涙を流し引退しました。先輩達の借りを返すため、一致団結し決勝に臨み、先輩達への想いが届いたのか自分達の攻撃力を生かし、3点を取り3-0と快勝し、3年生の借りを返し、地区大会優勝する事ができました。
 11月25日・26日・27日の3日間(いわき地区で)新人戦県大会に出場します。
先輩達が残したベスト4という結果を越えられるように頑張っていきたいと思います。

☆小高産業高校との試合のメンバー   ☆相馬高校との試合のメンバー
   
☆相馬東高校との試合のメンバー
  
☆表彰式の様子
 
  

【レスリング部】県高校新人大会

 11月11日(土)~12日(日)に、田島高校レスリング場で、県高校新人大会が行われました。

佐藤・宍戸、東北全国を見据え安定した実力を発揮

 大会へは、本年度県内では唯一、愛媛国体に2年次生として参加した、60㎏級佐藤諒太・74㎏級宍戸拓海の二人が、安定した実力を発揮し優勝した。 
 宍戸は、国体において入賞するチャンスがあっただけに、今後の東北大会や全国大会を見据え自信を持って試合に臨んでいた。佐藤も、今年度の全国大会を通して練習次第では全国でも勝てる可能性が高いことを実感したことで、余裕を持った試合展開ができていた。
 柳沼も、着実に実力を付けていることを実感しながらも自分に足りないものに気づき、今後の練習の在り方について前向きにとらえていた。
 齊藤にとっては、デビュー戦となり、緊張しながらも練習の成果は十分に発揮し、自分自身をしっかりと見つめ考えている姿が印象的であり、今後が楽しみである。

☆大会会場にて
 左から宍戸・佐藤・齊藤・柳沼
 

【演劇部】相双地区高校演劇コンクール2年連続最優秀賞!

 11月4日(土)、南相馬市さくらホールにて開催された平成29年度相双地区高校演劇コンクールにおいて、昨年に引き続き最優秀賞を受賞し、さらに主演の関根颯姫さん(2年)が演技奨励賞を受賞しました。
 今回の作品の「あのひ、隠れたひ」は、震災によって故郷を追われた中学生が、都会の転校先で苦悩する物語です。脚本を手がけた2年次生を中心に、重く、苦しいテーマに全力で取り組んでいます。
 福島県大会は、11月29日(水)~12月1日(金)に、白河市コミネスで開催されます。本校の上演は30日(木)の16時からとなっております。どなたでも入場できますので、是非多くの方々にご来場いただければと思います。
  

【美術部】平成29年度ひろの秋祭りに参加しました

 11月4日(土)~5日(日)にかけて、広野町体育館にて開催された「平成29年度ひろの秋祭り・文化展」へ、本校の美術部の8作品と教科書道の17作品を出品しました。
 本校の美術部と教科書道の取り組みを発表する良い機会となりました。
 この場をお借りして、関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。

<ひろの秋祭り・文化展>
 
☆体育館のステージに本校の展示ブースが用意されました
 ◆美術部
 
 ◆教科書道
 

<お知らせ>
 第36回福島県高等学校総合文化祭美術・工芸部門及び第43回福島県高等学校美術展へ、本校美術部員の作品を出展いたします。
 お時間がありましたら、ぜひ、足をお運びください。
 なお、会期及び会場につきましては、下記のとおりです。

 ■会 期  平成29年12月8日(金)~10日(日) 午前9時~午後5時まで
        ※10日(日)は、午後3時まで
 ■会 場  郡山市民文化センター 展示室
 ■入場料  無料
 ★駐車場などにつきましては、郡山市民文化センターのホームページ等でご確認ください。

【バレーボール部】10月活動報告

10月21日(土)にいわき海浜自然の家にて、お楽しみ会として野外炊飯活動を行いました。あいにくの雨でしたが、天気などは全く関係なく盛り上がりました!
 野外炊飯活動では、カレーライス、豚汁をつくりしました。

☆役割分担しています
  
☆施設の方に丁寧に説明していただきました
 
☆火起こしから自分たちでやります
 
 ☆完成しました。みんなでいただきます!
  

 今月は、勿来・四倉高校合同チーム、いわき総合高校、小野高校、小高産業技術高校、茨城県立太田第一高校、磐城桜が丘高校と練習試合をしました。
 ありがとうございました。

新人戦地区大会(卓球部)結果報告

 10月7日(土)~8日(日)にかけて、新地町総合体育館において第56回福島県高等学校新人体育大会卓球競技相双地区大会が行われました。本校からは1名の生徒が県大会へ出場します。
 今回の大会を通して、自分たちの課題点を明らかにすることができました。それを成長のチャンスと捉え、次の大会に向けて日頃の練習に励むことを顧問・部員間で話し合いました。

<県大会出場選手>
 男子シングルス  国分 将太(2年)
 

【レスリング部】国民体育大会に参加してきました

国民体育大会

10月 7日(土)~10日(火) 愛媛県宇和島市体育館にて

ラスト10秒、5位入賞を逃す

 宍戸拓海(2年次)がグレコローマンスタイル74㎏級において、1回戦勝利し2回戦追いかける展開となったが、試合が始まって5分30秒得意のそり投げが決まって、3-3ながら内容差でリードした。攻め抜く気持ちはあったが5分50秒過ぎ一瞬の隙をつかれ失点3-5で敗れた。
 悔しい気持ちが全面に出ていたことは今後に繋がるだろう。自分に足りないことを再確認して、次年度こそは3位以上を目指すことを誓っていた。
 フリースタイル66㎏級佐藤諒太(2年次)は、初めての大舞台、試合前は緊張感で一杯だったが、試合が始まると同時に戦闘モードに入っていた。
 レスリングを始めて1年と数ヶ月攻め続けたが、力及ばず敗れた。新しいキャプテンにも決まり、宍戸と同様、気持ちを新たにしていた。
 
☆競技会場入り口にて(佐藤 諒太 ・ 宍戸 拓海)
 

【ふたば未来学園高校サッカー部】30年度県リーグ1部へ昇格決定!

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017福島県サッカーリーグ2部
10勝5敗3分 リーグ3位  《来年度の県リーグ1部の昇格が決定》

リーグ前半戦は、自分たちのペースで試合が出来ず、勝ちきれないゲームが多くありました。
自分たちの目指す攻撃的なサッカーが少しずつチームに浸透していき、全18節を戦い、リーグ2位の54得点を上げ、成績も後半戦は7勝1敗3分と巻き返し、勝ち点を積み上げて参入1年目での県リーグ1部昇格を決めました。
1期生にとって目標の一つであった「県リーグ一部昇格」を達成でき、来年度の新たなステージへの挑戦権を得ることができました。県リーグ1部参入に向けて更なるチーム・個人の強化を図っていきます。
全国高校サッカー選手権大会も一次大会を突破し、10月14日から行われる二次大会へと駒を進めました。リーグ戦での流れを大切にしながら、一つでも上位にあがれるようチーム一丸となって闘っていきます。

☆試合の様子
  
  

【バレーボール部】9月活動報告

☆前期期末テストがありました。
 9月7日より前期期末テストだったので、相双選手権があった翌日の8月29日より約2週間部活動がOFFとなり、テスト勉強に集中しました。テストの結果は・・・ひとそれぞれだったようですが、みんなよく頑張っていました。

☆いわき地区練習会に参加しました。
 9月17~18日に開催されたいわき地区練習会(17日:勿来高校、18日:いわき光洋高校)に参加しました。多くの試合が組まれ、良い経験が積めました。また、18日には、いわき光洋高校の保護者の皆さんに作っていただいた、カレーライスをごちそうになりました。とてもおいしかったです。ありがとうございました。

☆宇徳杯に参加しました。
 9月24日にいわき総合体育館にて宇徳杯が開催され、参加しました。宇徳杯は地元の株式会社宇徳さんが主催されている大会で、私たちも相双地区のチームということで、温かいお言葉をたくさんいただきました。来年は一勝できるように頑張ります。
 対 湯本高校  0-2 ●
 対 いわきFT 0-2 ●

 学法石川高校、磐城農業高校、いわき光洋高校、勿来・四倉高校合同チーム、磐城高校、磐城桜が丘高校、いわき総合高校、須賀川高校、白河旭高校、湯本高校、遠野高校、帝京安積高校と練習試合をしました。ありがとうございました。

【野球部】秋季大会結果報告

 本校野球部は、秋季東北地区高校野球相双支部予選および福島県大会に参加してまいりました。
 大会結果は、次の通りです。
<相双支部予選>
 ふたば未来 5-3 相馬東
 ふたば未来 4-1 小高産業技術
 ふたば未来 9-6 相馬    相双支部予選初優勝!

<福島県大会>
 ふたば未来 4-8 郡山

 支部予選で初めて優勝することができ、野球部の成長を実感しました。しかし、初参加となる秋の県大会では、その大きな壁に跳ね返される結果となりました。
 これからますます精進してまいりますので、応援よろしくお願いします。

☆相双支部予選勝利後の校歌斉唱の様子(SOSO.R.ならはスタジアム)
 

【陸上競技部】地区新人戦大会結果報告

 8月25日(金)~27日(日)まで南相馬市・雲雀ヶ原陸上競技場において福島県高等学校新人体育大会陸上競技相双地区予選会が開催されました。後日、9月9日(土)から会津若松市・あいづ陸上競技場で開催された県新人への出場権を多くの選手が勝ち取ることができました。
 10月15日(日)秋季記録会、同月26日(木)県高校駅伝と、今シーズンの高体連関連の試合も残すところあと2試合です。
 今後とも選手への暖かなご声援をお願いします。

<主な大会結果>
 平成29年度福島県高等学校新人体育大会 相双地区大会 陸上競技
 男子総合    第2位
 男子トラック   第3位 
 男子フィールド 第3位 
 男子
  200メートル     第3位 岡田航青 
  3000メートル障害 第2位 三瓶将哉 
  4×100メートルリレー 第2位 
  4×400メートルリレー 第2位 
  走高跳 第2位 泉水悠斗 
  砲丸投 第1位 馬籠優 
  砲丸投 第3位 深谷拓海 
  円盤投 第3位 馬籠優 
 女子
  1500メートル 第3位 大和田瑠奈

☆集合写真
 

【レスリング部】全国高校生グレコローマンスタイル選手権大会に参加

全国大会本校初のベスト8進出
 8月17日(木)~19日(土)にかけて、全国高校生グレコローマンスタイル選手権大会が、大阪府堺市金岡公園体育館で行われました。
 本校レスリング部の宍戸拓海(2年次)が、85名出場した74㎏級において、2回戦からの戦いに3回勝利し、本校初のベスト8進出を果たしました。
 すべての試合が接戦でしたが、敗戦の時も実力差は感じられませんでした。そり投げという得意技があることで、勝つチャンスはあるという冷静さがあったことでの結果でした。
 まだまだ発展途上ですが、2年次生ということで、今後、レベルが高まることでの上位入賞も視野に入ってきました。

 山形で開催されたインターハイにおいても、マットサイドで校長先生が応援する中、本校生としての初勝利をあげることができました。2回戦は、優勝者に敗れましたが、攻守で次につながる対応ができました。

☆宍戸初勝利後、校長先生が撮影
 

 66㎏級では、佐藤諒太(2年次)、74㎏級では小松維真(3年次)も共に1勝しました。

 10月に開催される愛媛国体に、県代表中唯一の2年生として、66㎏級に佐藤諒太、74㎏級に宍戸拓海が出場します。

【バレーボール部】平成29年度 7・8月活動報告

◆いわきサンシャインカップ
 8月19~20日に開催された、いわきサンシャインカップに参加しました。3年次生が引退してから初めての大会でした。夏休みの練習の成果が出せるように試合に臨みました。
 8月19日(土)
  対 橘高校     0-2 ●
  対 郡山商業高校  0-2 ●
  対 水城高校    0-2 ●
  対 いわき光洋高校 0-2 ●
 8月20日(日)
  対 勿来高校・四倉高校連合チーム 2-0 ○
  対 磐城農業高校         0-2 ●
  対 遠野高校           2-0 ○

 最終結果は20チーム中18位でした。

◆相双選手権
 8月27日に開催された、相双選手権に参加しました。12月に行われる新人戦の前哨戦ということで気合いを入れて参加しました。
 対 相馬東高校 0-2    ●
 対 小高産業技術高校 0-2 ●
 対 原町高校 0-2     ●

 最終結果は第4位でした。これで夏休みのすべての大会予定を終えることができました。みんな一生懸命練習しましたが、まだ勝利までの道のりは長いことが分かりました。
これから前期期末テストの期間になります。頑張って勉強しましょう!!
  

◆余談ですが・・・
 ふたば未来学園高等学校では、7月12~13日に3校合同体育祭が行われました。
 この日、バレー部として「部活動対抗リレー(パフォーマンス部門)」に参加・出場しまし、そこでなんと優勝しました!これからも幅広く活動して行きたいと思います(笑)
 

◆いわき光洋高校、平商業高校、福島工業高等専門学校、勿来高校・四倉高校合同チーム、いわき総合高校、磐城農業高校、磐城高校、須賀川高校と練習試合をしました。
ありがとうございました。

【サッカー部】これまでの大会結果報告

 昨年度は、1・2年次生主体で、県リーグ参入戦を勝ち抜き、創部2年目にして県2部リーグへの昇格を決めました。
 今年度からは3学年が揃い、チーム一丸となって戦っています。県リーグでは10チームによる総当たりのホーム&アウェー方式で行っており、現在7位で前半戦を折り返しました。
リーグ戦序盤は昨年までのリーグとの違いに苦しみ、自分たちのペースでプレーをすることができず、我慢の時間を強いられる展開がありました。また、得点を奪うことができず、自分たちのミスから失点を重ねてしまう試合が多く、「昇格・降格」がある県リーグでの戦い方や試合運び、1点の重みに苦しめられた前半戦でした。
 5月のインターハイ地区大会・県大会を戦いでは、その中で自分たちを見つめ直すことができ、また怪我から復帰した選手や1年次生が台頭してきたこともあり、徐々にチームの調子もよくなっていき、勝ち点を積み重ねていけるようになりました。
 今年度から2チーム体制になったこともあり、トップチームとセカンドチームの入れ替えなど、チーム内競争も生まれ、互いに刺激しあいながら切磋琢磨しているところです。
 県1部リーグ昇格に向け、後半戦の巻き返しを狙っていきます。 

【バレーボール部】平成29年度 6月活動報告

 福島県総合体育大会バレーボール競技相双地区大会に参加しました。県大会出場を懸けた3位決定戦で、惜しくも小高産業技術高校に敗れ、県大会出場とはなりませんでした。
 今大会で、3年次生の3名は引退ということになります。開校してから、自分たちの力でバレーボール部を創り、後輩に道を残してくれました。本当にありがとう。
 3年次生の今後の活躍に期待します!

 今月は、植田東中学校、小名浜第一中学校、いわき光洋高校、福島工業高等専門学校、小野高校、小野高校平田校、四倉高校、いわき総合高校と練習試合をしました。
 ありがとうございました。

☆閉会式の様子
 
☆3年生との最後の記念撮影
 

【バレーボール部】平成29年度5月活動報告

 今年度はじめての公式戦である福島県高等学校体育大会バレーボール競技相双地区大会に参加しました。3位決定戦で、小高産業技術に敗れ4位でしたが、県大会出場を勝ち取ることができました。
 続いて、福島県高等学校体育大会バレーボール競技(県大会)に参加しました。初戦で喜多方高校と対戦し、敗れましたが、創部初めて県大会で1セットをとることができました。
 今月は、船引高校、小野高校、小野高校平田校、帝京安積高校、小高産業技術高校、磐城桜が丘高校、磐城高校、湯本高校、いわき総合高校と練習試合を行いました。

【バレーボール部】平成29年度4月活動報告

 4月に部活動編成がありました。新1年生が7名入部し、3年生3名、2年生3名と合わせて、今年度は13名で活動を始めています。
 今月は、磐城桜が丘高校、磐城農業高校、いわき総合高校、いわき市立玉川中学校、白河高校と練習試合を行いました。

【吹奏楽部】吹奏楽部が平成29年度相双地区高等学校前期音楽祭に出演

 吹奏学部は、平成29年5月27日(土)に、南相馬市鹿島区のさくらホールにおいて、今年度初めての外部での演奏会に出演しました。年に2回開催される地区の音楽祭に、本校吹奏楽部が創部3年目で5回目の出演をいたしました。

 今回は、石﨑君のピアノソロと、吹奏楽部全体の演奏を披露しました。
 石﨑君は3年次生で、1年生の前期音楽祭から毎回ピアノ演奏を披露してきました。最近は自作の曲もプログラムに組み入れ、今回はMarasyの「sogna」、オーイシマサヨシの「ようこそじゃパリーグ」、「???」3曲の演奏を演出を入れて披露しました。
   
吹奏楽部全体の演奏は、昨年夏、ニューヨーク研修が実現してますます意気込む3年次生を中心に、1年次生を迎えて全体で23名となった吹奏楽部の初ステージでした。
曲は石﨑君の指揮でスピッツの「チェリー」、遠藤君の指揮でTHE BOOMの「風になりたい」を演奏しました。
   
4月1日、2日の岐阜・福井遠征で学んだ武生商業高校の植田薫先生の作品である「Luv, peace under the groove」により、会場のお客さんや高校生を巻き込んでのパフォーマンスを行いました。
   

  
 創部年度を振り返ると1年目のこの行事への参加は楽器がなく、ボディパーカッションでの出演でした。そこから様々なものを少しずつ揃えて迎えた3年目の今年、更に活発な活動を展開していきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

【レスリング部】第63回福島県高等学校体育大会へ参加しました

 平成29年6月2日(金)~4日(日)にかけて、田島高等学校体育館で、第63回福島県高等学校体育大会レスリング競技が行われました。

 大会では、66㎏級 近野雄一郎と74㎏級 宍戸拓海は、新人戦に続いて優勝し、よりレベルが高まっていると実感しました。圧巻だったのは、84㎏級 小松維真で、普段の体重が74Kgで、新人戦で体力負けした相手に勝利し、両親・妹たちが応援する中、涙の優勝を飾りました。

 この3人は、本校トップアスリート系列で学ぶメンバーです。普段は、近野が72㎏、宍戸が76㎏と3名がほぼ同じような体重であることから、お互いに毎日切磋琢磨したことが、大会での結果につながりました。最後まで諦めない気持ちが身に付いてきたことで大きく成長したようです。
 東北大会・全国大会と続きますが、自分の持っている力をすべて出し切って、入賞をつかみ取ってくれるはずです。

 レスリング部には、トップアスリート系列ではなく、放課後の練習のみという限られた中で成長している藤原清哉、柳沼直樹、佐藤諒太がいます。この3人は、試合の経験を積むことで、着実に実力をつけています。
 その中でも佐藤諒太は、初めての5㎏減量で試合に臨み、団体戦で敗れた3年生を相手に勝利して3位に入賞しました。初めての減量に耐え、計量に合格した精神力があったからこその勝利でした。

☆個人戦で優勝した3人の部員
 

<演劇部>春の発表会参加報告と校外公演のお知らせ

 平成29年6月7日(水)に鹿島生涯学習センター・さくらホールにて、相双地区高等学校演劇連盟主催春の発表会が行われ、新作の「人生ゲーム」を発表しました。
 2年次生中心で作ったこの作品は、3年次生にとって最後の演目となります。また、1年次生も初舞台という緊張を振り切りながら部員が一丸となり精一杯演じてきました。
 この新作の「人生ゲーム」を平成29年6月17日(土)、18日(日)に、いわきPITにて上演いたします。
 ふたば未来学園高校演劇部を立ち上げ、牽引してきた3年次生の引退公演になります。
 お時間がある方は、ぜひお越しいただき、ご観覧ください。

 公演名:「福島県立ふたば未来学園高等学校演劇部6月公演」
 日 時:平成29年6月17日(土)開場16:40 開演17:00
            6月18日(日)開場14:40 開演15:00
 会 場:チームスマイル・いわきPIT(入場無料)
    ※交通情報につきましては、いわきPITのホームページより、ご確認ください。

<チラシ>
    

演劇部 校外公演(3月)のお知らせ

 2月の東京公演で各方面に旋風を巻き起こした演劇部が、3月19日(日)いわきアリオスで、磐城高校、磐城桜が丘高校演劇部との合同自主公演を行います。
 昨年秋から取り組み、上演のたびに進化を遂げてきた「数直線」も、今回がいよいよ最後のステージとなります。
 まだご覧になっていない方はこれがラストチャンスとなります。ぜひお見逃しなく!
 
公演名:「磐城&磐城桜が丘&ふたば未来学園高校演劇部合同公演2017」

 日 時 : 平成29年3月19日() 13時30分開場
        14時00分 ふたば未来学園高校「数直線」
        15時30分 磐城高校「3652日目の真実」
        17時00分 磐城桜が丘高校「最終試験場の9人」

 会 場 : いわきアリオス小劇場(入場無料・予約不要



東京公演の様子(撮影 青木司)
  
  

【レスリング部】東北高等学校選抜レスリング選手権大会に参加しました

 2月3日(金)~5日(日)にかけて秋田県の五城目町広域体育館にて、東北高等学校選抜レスリング選手権大会が開催され、部員3名が参加してきました。
 3名とも今持っている実力を発揮することができ、大会の雰囲気に飲まれることなく、冷静な試合運びができました。
 66Kg級に出場した近野雄一郎が、第3位となり全国選抜大会出場権獲得しました。
 これからも、心技体に成長させていきたいと思います。

【演劇部】校外公演のお知らせ

 昨年の福島県高校演劇コンクールで優秀賞を受賞した演劇部が2つの校外公演を行います。


 (1)NPO法人富岡町3.11を語る会「演劇鑑賞と意見交換会」
  ・日   時 : 平成29年1月15日(日) 14時30分~
  ・場   所 : いわきアリオス小劇場
  ・入場無料 : (定員230名 予約申込:024-955-6760)
 「福島の現在を生きる私を考えよう」をテーマにしたシンポジウムの中で、相馬農業高校飯舘校の演劇部とともにコンクールでの作品を上演します。


 (2)東京公演
  ・日  時  : 平成29年2月4日(土)14:00 19:00
                    5日(日)14:00 (計3ステージ・各回アフタートークあり)
  ・場  所  : アトリエヘリコプター(東京都品川区東五反田2-21-17)
  ・入場無料 : 1月17日予約開始
 予約方法は「こまばアゴラ劇場」の公演情報を参照 http://www.komaba-agora.com/
 本校の「産業社会と人間」で演劇のご指導をいただいている平田オリザ先生のサポートを受け、東京で公演をさせていただけることになりました。定員が限られておりますのでお早めにご予約下さい。

  この他にも3月に再びいわきアリオスで自主公演を企画中です。大感謝の思いを忘れず、より良い上演ができるよう一同頑張ります。

吹奏楽部 アンサンブルコンテスト相双支部大会 参加報告

今年度、学校内外の様々な行事にチャレンジしている本校吹奏楽部ですが、この度、12月11日(日)、鹿島生涯学習センター「さくらホール」で開催された、吹奏楽連盟主催のアンサンブルコンテスト相双支部大会へ初めて出場しました。
 この行事は、吹奏楽コンクール出場以降の練習で、合奏の基本となるアンサンブルを取り入れることで、プレーヤーの合奏能力の向上を図り、その成果を発表し合うものです。
 今回は厳正な校内選考を経て、フルート三重奏と金管五重奏が出場しました。
8月のニューヨーク研修、9月の前期期末考査や相双バンドフェスティバルが終わってから練習を開始し、約2ヶ月かけてステージマナーやチューニング室の過ごし方、本番前のコンディションの整え方など、基本中の基本から学習しました。
 本番では、なんとか曲を通せたということが正直なところですが、それでも昨年度と比べれば、確実に進歩しています。
 「部員全員で部活動を創る愉しみ」を感じながら、今後も精進していきたいと思います。

  
  

吹奏楽部 2016年度の活動報告

今年度の吹奏楽部のここまでの活動についてご報告いたします。
今年度は吹奏楽部として様々なイベントにチャレンジしております。

○4月は初めての行事参加で、入学式では入場と退場の演奏を担当しました。式典での演奏は非常に緊張しましたが、なんとか最後まで演奏しきりました。
   
○翌日の部活動紹介ですが、昨年は顧問が一人で紹介しましたが、今年度は2年生で曲を披露。1・2年生での部活動がスタートしました。
   
○5月8日(日)は原町第二中学校での楽器別講習会に参加。相双吹奏楽連盟の主催行事で、楽器の演奏法の基礎を学びました。
   
○5月28日(土)には今回で2回目の参加となる、南相馬市のさくらホールにて開催された相双地区の高校音楽学習発表会に参加し、アンサンブル三重奏と吹奏楽単独ステージで演奏しました。ようやく吹奏楽らしい形になってきました。色々な経験をすることが大事かと話し合い、指揮は今野先生だけでなく石﨑正隆君、そしてゲストとして相馬高校の鈴木謙太朗先生にも指揮していただき、タイプの違う3人の指揮者にうまく合わせられるように努めた経験は、後々の活動に大きく影響を及ぼしています。
   
   
○6月17日(金)、喜多方プラザ文化センターで開催された福島県高等学校総合文化祭音楽部門に初参加し、2曲演奏しました。この行事は60年以上も続いている伝統ある行事で、私たちは地区外での演奏は初めてで緊張しましたが、なんとか最後まで演奏しきることができました。


○7月はいよいよコンクール初出場です。今年度は相馬農業高等学校との合同チームで出場することができました。吹奏楽コンクール相双支部大会の高等学校小編成の部にて「ケルト民謡による組曲」から4曲を演奏し、金賞を受賞することができ、加えて相双地区の代表として県大会への推薦をいただきました。初心者が多く、加えて夏休みに検定や特別課外など様々なスケジュールをうまく調整して練習に取り組まなければならず、本番では沢山の課題があった演奏でしたが、部の歴史のスタートとしては幸先の良いスタートが切れたと思います。

8月6日(土)には吹奏楽コンクール福島県大会が開催され、初めてのステージでしたが堂々と演奏し、銅賞でしたが次への課題を沢山知ることができた有意義なコンクール参加でした。私たちは部活動の歴史の1ページをつくったこの銅賞の賞状をずっとに大切にしていきたいと思います。
    

○ニューヨークの興奮冷めやらぬまま9月になり、前期期末考査が終了後、17日(土)の相双地区高等学校吹奏楽合同練習会を経て18日(日)には、相馬市民会館で開催された「第17回相双バンドフェスティバル」に参加いたしました。この行事は、東日本大震災で痛手を負って一時は相双吹奏楽連盟の歴史が終わりそうなときに一念発起し、2012年1月29日に第13回を復活後援してからの、いわゆる相双地区にとっては吹奏楽復興の象徴のような行事で非常に意味があるものです。南相馬・双葉地区の小学生中学生高校生合同バンドで「吹奏楽のための民話」「AKB48メドレー」、高校合同バンドで「マーキュリー」「ルイ・ブルジョアの讃美歌による変奏曲」「カーペンターズ・フォーエバー」を、いつもレベルの高い演奏を披露される相馬高校、相馬東高校、原町高校をはじめとする相双地区高校の皆さんと一緒に演奏させていただき、大いに刺激を受けました。また今回は岐阜県立羽島高等学校吹奏楽部がゲスト出演してくださり、客席をも巻き込んで盛り上げてしまうパフォーマンススキルの高さに圧倒されました。

南相馬双葉地区合同バンド

相双地区高校合同バンド

全体演奏

集合写真

吹奏楽部 TOMODACHIサントリー福島未来ミュージックプログラム2016へ参加

 このプログラムは本校吹奏楽部2年生を対象に平成28年2月から10月までの期間に実施されました。
このプログラムの目的は、
 ・音楽やその理論、および作曲に対する学びを深める。
 ・グローバルな視野を身に付け、グローバルな人材として、また日本の代表としての自信を身につける機会を提供する。
 ・東北在住者として、東日本大震災以降の東北地方への支援に対する感謝を米国の人々に伝える。
といったもので、
 ・サントリー ホールディングス
 ・米日カウンシルジャパン
 ・ニューヨークフィルハーモニック
のご支援をいただき、福島大学名誉教授の嶋津武仁氏の音楽指導をいただきながら進めるプログラムです。
 プログラムの内容は、楽器の演奏や、音楽教育、作曲について学ぶ本校吹奏楽部の生徒に、音楽の技術を高めてもらうだけでなく、他の音楽様式や作曲、音楽理論、また自分の専門以外の楽器について学ぶ機会を提供するプログラムです。プログラムに参加する高校生はまず日本で研修を受け、その後2016年8月16日から24日の1週間、ニューヨークでのワークショップに参加しました。


☆詳しい内容につきましては、下記の報告書をご覧ください。
 ■TOMODACHIサントリー福島未来ミュージックプログラム2016

演劇部 地区コンクール最優秀賞受賞!

 11月3日(木)、南相馬市さくらホールで開催された相双地区高校演劇コンクールで、最優秀賞を受賞し、県大会への出場権を獲得しました。
 今回の作品の「数直線」は集団創作劇で、部員一人一人が嘘のない自分の思いを語るために、必死に言葉と表現を探りながら少しずつ形にしてきました。
 震災と原発事故以降の自分たちを取り巻く問題をテーマにしています。
 県大会は、11月24日(木)~26日(金)に会津風雅堂で行われます。本校の上演は25日(金)17:00からです。平日ではありますが、お時間のある方はぜひ足をお運びください。

【舞台写真より】

          

全日本高等学校女子サッカー選手権東北大会へ出場

11月11日から岩手県盛岡市いわぎんスタジアムにて行われる、全日本高等学校女子サッカー選手権東北大会へ、富岡高校女子サッカー部と本校女子サッカー部との合同チームが出場します。
 本校女子サッカー部員が校長室にて、「富岡高校の思いを引き継ぎながら頑張ります!」と、この大会への意気込みを伝えてくれました。

☆校長室での記念写真
  
皆さんの活躍に期待しています! ガンバレ!富岡・ふたば未来学園高校チーム

第61回福島県高等学校駅伝競走大会

平成28年10月26日(水)に、猪苗代町にて行われました。
10月25日(火)
開会式 カメリーナ タスキ授与

 
1区から2区へ

10月26日(水)
男子スタート9:20


2区から3区へ

 スタート直後

 4区走者

 第五走者

 来年もこの会場に!

 第六走者

  第七走者

 福島県立ふたば未来学園高等学校陸上競技部は長距離組・短距離組の力をあわせて初参加ながら33位でした。ご声援を頂いた方々に感謝いたします。

【演劇部】地区発表会で上演しました

今年度から部に昇格した演劇部は1年生が11名も入部し、総勢17名とすっかり部活動らしくなりました。
新入部員の初舞台となる「相双地区高校演劇連盟春の発表会」が6月11日(土)、南相馬市さくらホールで行われました。
本校は2年生2名の共作による「昇華」を上演し、楽しく伸び伸びした演技を披露して講師の先生からも好意的な評価をいただきました。

<舞台写真より>
☆英語のアクティブラーニングを舞台で表現しました
 
☆ラブストーリーです                ☆語り部役:浴衣が似合っています
       
☆高校生の身近なテーマが共感を呼びました ☆講評の様子:ホッとした表情です
       

【女子サッカー部】富岡・ふたば未来学園合同チームで準優勝!

第62回福島県高校体育大会サッカー競技〈女子〉で、富岡・ふたば未来学園合同チームが準優勝となりました。

【準決勝】 対 磐城桜が丘高校
6月3日 福島空港公園サッカー場 11時キックオフ

                 2-2
富岡・ふたば未来学園 5       2 磐城桜が丘
                 3-0
【決 勝】 対 桜の聖母高校
 6月5日 鳥見山陸上競技場   11時キックオフ

                 0-4
富岡・ふたば未来学園 1       5 桜の聖母
                 1-1

富高スタッフのサポートや男子部員の応援はじめ、両校保護者の皆様の声援、ありがとうございました。

【富岡・ふたば未来学園合同チーム】
後列青4名がふたば未来学園サッカー部です。
 
【表彰式】優勝目指していたので、無念の表情…
 
【応援幕紹介】合同チームの応援幕も作ってもらいました!
 

【レスリング部】インターハイ初出場!

福島県高校体育大会県大会でレスリング部がインターハイ初出場しました。
これからの活躍に期待しています。

<結果>
団体戦  対田島高校    2-5
     対喜多方桐桜高校 3-4

個人戦  84Kg級  宍戸(1年次) 全国高校総体出場権、東北選手権大会出場権を獲得
     74Kg級  小松(2年次)  第3位
 

【サッカー部】初の県大会への切符を獲得!

ここから選手・マネージャー・サポーターの一体感が力を発揮しました!!
高体連大会相双地区大会へ出場し、初戦の富岡高校戦は力の差を見せつけられ、0-5の敗戦となりましたが、しかし、サッカー部は2月に広島県の安芸南高校へ訪問し、畑喜美夫先生から「ボトムアップ理論」を学び、この大会で選手主導のゲームを進め、敗者復活戦を勝ち上がって県大会の切符を獲得しました!!
県大会でも生徒たちの力に期待します!!

<結果>
・1回戦      vs富岡高校   0-5 ●
・敗者復活戦1回戦 vs相馬農業高校 7-0 ○
・敗者復活戦2回戦 vs小高工業高校 3-1 ○
・敗者復活戦準決勝 vs相馬高校   1-0 ○
・第2代表決定戦  vs相馬東高校  3-1 ○

<試合での様子>
☆ボトムアップ理論を用いて、試合の戦略を練っています。           ☆実践しました
  
☆応援にも力が入ります。       ☆勝利への喜び!
  
☆これからの皆さんの活躍に期待しています!

【男子サッカー部】高円宮杯U-18福島県リーグ相双地区F3リーグが開幕

 高円宮杯U-18サッカーリーグ福島県リーグ相双地区F3リーグが開幕しました!!
 相手は新地高校。初戦ということもあり、堅さが見られるゲームでしたが2得点を奪い2-0で勝利することが出来ました!!
 昨年度は地区を1位で勝ち抜けたものの、県リーグ参入戦で敗れ、県リーグ昇格を逃した悔しい大会。今年にかける思いは強い!!課題はまだまだありますが、チームが「一体感」を持って戦っていきます!!

☆チームのメンバーです

【男子サッカー部】ルーキーリーグ東北2016の第2節が行われました!

  ルーキーリーグ東北2016の第2節が行われました。
  相手は盛岡市立高校。チームの歯車がうまく噛み合わず、0-3の状況を作ってしまう展開に・・・。
  しかし、ここから「自分たちで」状況を打開しようと猛攻を仕掛けて2得点を奪取!!その後も、あと1点!!2点!!という気持ちが伝わる展開を見せましたが、叶わず。
  2-3という前節に続く1点差の敗戦。とても悔しいですが、2得点を奪うことができ、前節よりもチームの成長を感じました!!
  次こそは勝利出来るように、これからもトレーニングに励みます!!

 ☆チームメイトです                 ☆円陣を組んで気合を入れます!
 

【男子サッカー部】F3リーグ第二節

 F3リーグ第二節!!
 相手は相馬農業高校。気温が上がり、終盤苦しい時間もありましたが第一節の課題へ積極的にトライしていました!!
 リーグ戦の二戦目で、緊張もだいぶほぐれており10-0という結果で勝利することが出来ました!!

 ☆これより試合に挑みます!
 

【女子バレーボール】女子バレーボール県大会出場

 女子バレーボール県大会出場!
 今年度新たに創部した女子バレーボール部が、高体連相双地区大会に出場しました。
 初めての公式戦で1勝し、5月27日からいわき地区で開催される県大会への出場権を獲得することができました。
 選手たちは緊張でなかなか思うようにプレーすることができませんでしたが、今大会に出場できたことが、次への大事な1歩になりました。
 まだまだこれからのチームではありますが、技術を磨き、よりよいチームワークを発揮できるよう、日々の練習を大切にしていきたいと思います。
 これからも応援よろしくお願いいたします。

<結果>
 第一試合 対 相馬農業・小高商業合同チーム 0-2 負
 第二試合 対 新地高校 2-1 勝

☆今大会に出場したバレー部員です!

【野球部】公式戦初勝利!

 野球部が、公式戦初勝利を成し遂げました。
 春季東北地区高校野球大会相双支部予選の敗者復活1回戦で、相馬農業・双葉・新地の連合チームと対戦しました。
 試合はお互いに点を取り合う展開で、手に汗握る状況でしたが、七回表に再逆転すると、そのまま7対5で逃げ切りました。
 選手たちは初勝利に大喜びし、次戦(4/30)の原町高校戦に向けて、新たに気持ちを引き締めたようでした。

 本校野球部創設に当たり、御支援と御協力を賜りました。様々な方々に、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
 今後とも、変わらぬ御支援と御協力をお願いいたします。

<初勝利!>
 

【男子サッカー部】ルーキーリーグ東北2016が開幕しました!!

 2016年4月17日(日)、1年生のみに出場の機会が与えられるルーキーリーグ。第1節は聖光学院高校。
 強風で思うようにサッカーが出来ないコンディションでした。チャンスは作りましたが決めきれず。逆に一瞬の隙を突かれて失点。0-1で残念ながら敗れました。
 1年生から東北地方の様々な強豪とゲームが出来る機会を与えて頂いたことに感謝し、一つ一つの試合を全力で戦っていきたいと思います!!
 次節は「5月1日(日)盛岡市立高校@広野町サッカー場」です。是非、応援にお越し下さい!!

☆チームのメンバーです
  

【陸上部】広野ふるさとふれあいマラソン出場!

広野ふるさとふれあいマラソン出場!

1月24日(日) に行われた「広野ふるさとふれあいマラソン」に本校陸上部チームが出場しました。一人2.8km×8名でタスキをつなぎました。本校チームは、全26チーム(約300名の出場選手)のなかで、見事5位の成績をおさめました。

がんばるぞー!!

本校生徒が選手宣誓

埼玉県の公務員で世界陸上大会に2年連続出場の川内優輝選手と一緒にハイ チーズ!!

副賞としてお米5kgをいただきました

 県教育庁チームも健闘しました

【レスリング部】JOC杯全国予選北海道・東北ブロック大会結果報告

レスリング部 JOC杯全国予選北海道・東北ブロック大会結果報告

12月25日(金) 岩手県八幡平市「岩手いこいの村」体育館において行われた大会で、下記の成績をおさめ、全国大会出場への切符を手にしました。これからも応援よろしくお願いいたします。
  カデットの部  63Kg級 第5位  近野 雄一郎

【レスリング部】新人大会の結果報告

レスリング部 新人大会の結果報告

 11月14日、15日 田島高校にて、福島県高等学校新人大会レスリング競技が行われ、本校の2名が出場しました。結果は、以下のとおりです。
  近野雄一郎 66kg級 第2位 (1年生大会 第1位)  東北大会出場権獲得
  小松 維真  74kg級 第3位 (1年生大会 第2位)



【音楽部】第21回ひろの童謡(うた)まつりに出演

10月18日(日)『第21回ひろの童謡(うた)まつり』出演。音楽部が広野町中央体育館にて開催された『ひろの童謡(うた)まつり』に出演しました。
このイベントでは広野町の幼稚園や小学校をはじめとする多くの団体が美しい歌声を響かせました。本校の音楽部は、オープニングでジブリ・ソングスの
演奏を披露し、たくさんの拍手をいただきました。演奏に合わせて子供たちが歌を口ずさむ様子も見られました。

演劇同好会が創作脚本賞受賞!

10月17日(土)演劇同好会が相双地区で創作脚本賞受賞!
できたばかりの同好会ですが、短期間によくがんばりました。ふたば未来の「現在」をこの上なく、よく表現したと思います。感動しました。

【女子サッカー】全日本高等学校女子サッカー選手権福島県大会 優勝

 第24回全日本高等学校女子サッカー選手権福島県大会が、9月19日(土)~20日(日) いわき明星大学グラウンドにおいて開催され、富岡・ふたば未来学園合同チームが優勝しました。   
      VS 磐城桜が丘 6-0       VS 桜の聖母  5-0

 東北大会は、10月23日(金)~26日(月) に青森県十和田市で行われます。頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。


【女子サッカー部】インターハイ全国大会の結果報告

女子サッカー部は、全国高等学校総合体育大会に出場しました。8月5日 兵庫県ユニバー記念補助競技場において、試合が行われました。
富岡・ふたば未来学園合同チームは、岡山県代表作陽高校と対戦し、1-7 で敗れはしましたが、精一杯プレーできました。
応援してくださった皆様、ありがとうございました。





【女子サッカー部】インターハイ出場決定!

女子サッカー部は、6月20日から22日まで十和田市で行われた東北選手権大会に、富岡高校との合同チームで出場しました。
準決勝で秋田県代表の明桜高校を3-2で破り、東北第二代表として、見事インターハイ出場の切符を手にしました。

富岡・ふたば未来学園チームは、8月4日から 兵庫県で行われるインターハイで岡山県の作陽高校と対戦します。
     応援よろしくお願いします。




【野球部】野球部にボールを寄付していただきました。

本校の野球部のために、ボールを寄付していただきました。野球部がいつも練習している楢葉球場の愛称「Y&Mならはスタジアム」の命名権者であるY&Mの星様から、野球部キャプテンと荒監督が頂戴しました。本校の各部活動は、開校間もないこともあり物品が十分にそろわず苦労していますので、とてもありがたかったです。秋の大会での初勝利目指してがんばります! 

全国高等学校野球選手権福島大会

第97回 全国高等学校野球選手権福島大会の結果報告

7月10日(金) 郡山の開成山球場にて、南会津高校と対戦しました。
保護者と応援委員会・音楽部が会場にかけつけ、熱い応援を届けました。東京から応援に来てくださった双葉出身の方もいました。
結果は、12対1で負けはしましたが、選手たちの精一杯のプレーに、大きな拍手を頂きました。全員が一年生というフレッシュな17名にとって、『未来につながる第一歩』となりました。
応援ありがとうございました。

球場の電光掲示板には、うれしいサプライズが!

開会式での入場行進。緊張の選手たち。 ブルーの校旗が目をひきました。




炎天下の中、応援も頑張りました。   

応援してくれたみんなに挨拶。

【野球部】野球部にボールを寄付していただきました。

本校の野球部のために、ボールを寄付していただきました。いわき市の菅波様から、荒監督が頂戴しました。本校の各部活動は、開校間もないこともあり物品が十分にそろわず苦労していますので、とてもありがたかったです。7月10日(金)南会津高校戦がんばります! 

【野球部】激励会

 7月5日(日) 夏の大会に臨む野球部を激励するために、広野町在住の飯島伸芳さんが、来校されました。野球部全員に美味しいカツ丼を差し入れしてくださいました。

 初戦は、7月10日(金) 開成山球場にて、南会津高校と戦います。精一杯頑張ってきますので、応援よろしくお願いします。
 

お礼の言葉を述べる遠藤主将



 飯島さんを囲んで!