野球部活動報告

2023年6月の記事一覧

【野球部】第42回春季相双地区高等学校野球選手権大会

 

6月3日(土)~6月5日(月)の3日間で第42回春季相双地区高等学校野球選手権大会が開催されました。

本校野球部は4日(日)の第1試合で相馬総合高校さんと対戦しました。

 試合は初回に2アウトからのフォアボールと盗塁でピンチを迎えると相手の4番バッターに先制のタイムリーヒットを許し、追う展開となります。
 直後の2回表の攻撃。7番箱﨑正義(3年)、8番蒲生謙心(2年)のヒットで1アウト1・2塁と反撃の形を作ると9番の緑川歩幹(3年)がライトスタンドへ逆転の3ランホームラン!一振りで試合をひっくり返します。
 この勢いで試合の主導権を握りたいところでしたが、4回裏の守備。この日先発した佐藤一之成(3年)が相手の打線にフォアボールにバントヒット含む4本のヒットを打たれこの回2失点試合は3―3と振り出しに戻ります。
 前半5回を3-3で折り返し、次の点を先に奪いたいところでしたが、後半の立ち上がり6回裏に1エラーを挟んでの4連打で一挙3点を失います。
 何とか逆転したい打線でしたが、後半は6回から継投に入った相手投手を攻略できず、7回に箱崎龍聖(3年)の2ベースヒットをきっかけに返した1点のみ。
 8回の裏に相手にレフトスタンドへの特大のホームランを許すなど、守備で精彩を欠きこの回5失点。4-11の8回コールドで試合は終了しました。
 
 この大会期間中に体調不良者が続出し、急遽メンバーの入れ替えを余儀なくされ、夏の大会前のこの公式戦をチームとしてベストな状態で迎えることができませんでした。さらに昨秋の県大会ぶりの公式戦コールド負けを喫し、来る夏の大会へ危機感を持つ試合となりました。しかしながら、そのような状況の中、公式戦初出場をした1・2年生も持ち味を発揮し、チームとして今後の成長に生かせる部分も多くありました。

 

 
 日頃より本校野球部への様々なご支援とたくさんのご声援をくださる皆さまへ感謝申し上げます。来る夏の大会へ向けて、「地域に感動を与え、応援されるチーム」を目指し、より一層の精進に励みます。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

 また今大会では、地域の子どもたちとティーボールで楽しんでもらう「キッズボールフェスタ」と3年生マネージャーへのこれまでの感謝を伝えるための「感謝状贈呈式」が行われました。

 キッズボールフェスタでは各校の高校生たちがグラウンドを駆け回る子どもたちに翻弄されながらも楽しく交流する様子が見られました!

 3年生マネージャーへの感謝状贈呈式では、各校の選手たちに囲まれながらこれまで選手とともに頑張ってきた相双地区の3年生マネージャー4名が感謝状を受け取りました。選手たちはこれまで支えてくれたマネージャーのためにもチーム一丸となり夏の大会へ向かっていって欲しいと思います!