猪苗代校舎

カテゴリ:報告事項

≪ふたば未来学園高等学校猪苗代校舎より感謝を伝える会≫・≪ふたば未来学園高等学校猪苗代校舎閉校式≫

3月15日(金)に猪苗代校舎の閉校行事が行われました。

 《ふたば未来学園高等学校猪苗代校舎より感謝を伝える会》

 1時間目は、お世話になった猪苗代高校の生徒、職員の皆様をお迎えして感謝を伝える会を行いました。代表生徒がお礼を述べ、「静岡インターハイの集合写真のパネル」「電波時計」を記念品として寄贈しました。猪苗代高校の皆様からは、「ななかまどの苗木」を記念品としていただきました。

最後に全員で集合写真を撮影しました。集合写真もパネルにして、後日寄贈する予定です。

《ふたば未来学園高等学校猪苗代校舎閉校式》

2時間目は、来賓の方をお招きして閉校式を行いました。

代表生徒が、猪苗代町に対する謝意と、広野町での新生活への決意を述べました。心のこもった言葉に、涙を禁じえませんでした。

 《ステンレス銘板 御披露目》

 閉校式の後は、ステンレス銘板の御披露目を行いました。「富岡高校猪苗代サテライト」「ふたば未来学園高校猪苗代校舎」の8年間の足跡が印されています。

 東日本大震災、そして福島第一原子力発電所事故から8年が経過しました。あっと言う間の8年間でした。猪苗代町でずっと生活していくように思っていましたが、広野町に移転する時が来てしまいました。

2011年5月10日、猪苗代高校の施設をお借りして、富岡高校バドミントン部のサテライト生活が始まりました。震災が起きてからわずか2か月後に学校生活を再開することができたのも、浜通りから避難してきた縁もゆかりもない私たちを受け入れてくださった猪苗代高校、猪苗代町の皆様のおかげです。あの時、受け入れていただけていなかったら、子どもたちはバドミントンを続けていくことはできませんでした。そして、今の子どもたちもいません。子どもたちを救ってくださって、本当にありがとうございました。

 この御恩は一生忘れません。

 

1 感謝を伝える会 生徒代表あいさつ

 

2 感謝を伝える会 記念品贈呈

 

3 感謝を伝える会 集合写真

 

4 閉校式 生徒代表あいさつ

 

5 ステンレス銘板

 

6 ステンレス銘板 集合写真

 

 

 ◎お知らせ

≪猪苗代校舎のページの記事は、 今回の閉校行事の記事で最後となります。≫

≪4月以降のバドミントン部の記事は、 本校舎のページにアップされます。≫

 これまで、猪苗代校舎の記事をご覧頂きありがとうございました。

 

2019/2/21猪苗代校舎SC勝沼悠先生の最後のご勤務日でした

 猪苗代校舎に来ていただいていたスクールカウンセラーの勝沼悠先生の、最後のご勤務日でした。毎年度初めには、生徒全員との個人面談を実施し、生徒の心の状態や成長を見守っていただきました。また、「産業社会と人間」や「総合的な学習の時間」などの授業にも来てくださり、様々な視点からアドバイスをしてくださいました。最後のごあいさつでは、「変化を恐れず、何事にも挑戦し続けてください。」というお言葉をいただきました。富岡高校猪苗代サテライト時代から今年度まで、大変お世話になりました。ありがとうございました。

2018福島民報杯 福島県選抜ジュニアバドミントン競技大会

 2月2日~3日に郡山西部体育館で行われた、2018福島民報杯 福島県選抜ジュニアバドミントン競技大会に参加してきました。

大会結果は次の通りです。

 

【U17 男子シングルス】

優勝    稲光 翔太郎(1年)

第2位  阿部 大輔(1年)

第3位  安田 伊吹(2年) 李 正(2年)

ベスト8  末永 逸貴(1年)

3回戦敗退  鶴岡 真人(2年) 髙嶋 集(2年)

 

【U17 女子シングルス】

優勝    染谷 菜々美(2年)

第2位  千葉 美采(2年)

第3位  中静 朱里(1年) 山浦 波瑠(1年)

 

【U17男子ダブルス】

優勝    鶴岡 真人・安田 伊吹(2年)

第2位  阿部 大輔・稲光 翔太郎(1年)

第3位  髙嶋 集・末永 逸貴(2年・1年)

 

【U17 女子ダブルス】

優勝    内山 智尋・廣上 瑠依(2年・1年)

第2位  染谷 菜々美・千葉 美采(2年)

第3位  木村 百伽・山浦 波瑠(2年・1年)

 

MIND OVER BODY

 

 

第47回全国高等学校選抜バドミントン大会東北地区予選会

 1月17日から20日に宝来屋郡山総合体育館で行われた、第47回全国高等学校選抜バドミントン大会東北地区予選会に参加してきました。大会結果は次の通りです。

※:全国高等学校選抜バドミントン大会出場種目および出場者

 

【男子団体】

 優勝※

 

【女子団体】

 優勝※

 

【男子ダブルス】

第3位  末永 逸貴・杉浦 壮哉(1年)※ 後藤 サン・高嶋 集(2年)※

ベスト8  阿部 大輔・稲光 翔太郎(1年)

1回戦敗退  鶴岡 真人・安田 伊吹(2年)

 

【女子ダブルス】

優勝  内山 智尋・廣上 瑠依(2年・1年)※

ベスト8  染谷 菜々美・千葉 美采(2年) 木村 百伽・山浦 波瑠(2年・1年)

 

【男子シングルス】

第2位  稲光 翔太郎(1年)※

第3位  李 正(2年)※ 山下 啓輔(1年)

1回戦敗退  後藤 サン(2年)

 

【女子シングルス】

第2位  木村 百伽(2年)※

第3位  染谷 菜々美(2年)※ 内山 智尋(2年)

ベスト8  中静 朱里(1年)

 

MIND OVER BODY

スウェーデンオープン2019

 1月17日から20日にスウェーデン ルンド市で行われたスウェーデンオープン2019に参加してきました。

大会結果は次の通りです。

 

【女子シングルス】

第3位  水井 ひらり(3年)

 

MIND OVER BODY

韓国ジュニアオープン2018

 12月10日(月)から12月16日(日)にかけて、韓国・密陽市で行われた、韓国ジュニアオープン2018に参加してきました。

大会結果は次の通りです。

 

【U19 男子ダブルス】

3回戦敗退  鶴岡 真人・安田 伊吹(2年) 李 正・山下 啓輔(2年・1年)

2回戦敗退  末永 逸貴・杉浦 壮哉(1年)

1回戦敗退  後藤 サン・高嶋 集(2年) 阿部 大輔・稲光 翔太郎(1年)

 

【U19 男子シングルス】

ベスト8  山下 啓輔(1年)

4回戦敗退  李 正(2年) 稲光 翔太郎(1年)

3回戦敗退  阿部 大輔(1年)

2回戦敗退  後藤 サン(2年) 髙嶋 集(2年) 杉浦 壮哉(1年)

1回戦敗退  末永 逸貴(1年)

 

【U19 女子ダブルス】

第3位  内山 智尋・廣上 瑠依(2年・1年)

1回戦敗退  染谷 菜々美・千葉 美采(2年) 木村 百伽・山浦 波瑠(2年・1年)

 

【U19 女子シングルス】

優 勝  染谷 菜々美(2年)

第2位  中静 朱里(1年)

ベスト8  木村 百伽(2年) 千葉 美采(2年)

3回戦敗退  内山 智尋(2年) 廣上 瑠依(1年)

2回戦敗退  山浦 波瑠(1年)

 

【U19 混合ダブルス】

3回戦敗退  後藤 サン・千葉 美采(2年)

2回戦敗退  安田 伊吹・内山 智尋(2年) 李 正・木村 百伽(2年)

         末永 逸貴・廣上 瑠依(1年)

1回戦敗退  鶴岡 真人・染谷 菜々美(2年) 髙嶋 集・中静 朱里(2年・1年)

         杉浦 壮哉・山浦 波瑠(1年)

 

 

MIND OVER BODY

 

 

 

 

 

 

2018福島県総合バドミントン選手権大会

12月1日(土)から12月2日(日)にかけて、西部第二体育館で行われた、2018福島県総合バドミントン選手権大会に参加してきました。

大会結果は次のとおりです。

【男子シングルス】

 優勝  阿部 大輔(1年)

 第2位  髙嶋 集(2年)

 第3位  齋藤 直(3年) 松岡 聖和(3年)

 【男子ダブルス】

優勝  鶴岡 真人・安田 伊吹(2年)

第2位  李 正・阿部 大輔(2年・1年)

ベスト8  松岡 聖和・齋藤 直(3年) 末永 逸貴・杉浦 壮哉(1年)

 

 

 【女子シングルス】

 優勝 千葉 美采(2年)

 

 

【女子ダブルス】

優勝 千葉 美采・山浦 波瑠(2年・1年)

 

 MIND OVER BODY

 

第72回全日本総合バドミントン選手権大会

11月26日(月)から12月2日(日)にかけて、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた、第72回全日本総合バドミントン選手権大会に参加してきました。

大会結果は次の通りです。

 

【女子シングルス】

ベスト16  水井 ひらり(3年)

 

【女子ダブルス】

予選1回戦敗退  内山 智尋・廣上 瑠依(2年・1年)

 

  MIND OVER BODY