部活動紹介

部活動紹介

【ディベート】中学・高校ディベート選手権 東北地区予選 結果報告

 7月7日(日)に、東北地区のディベート選手権大会がオンラインで行われました。

結果は以下の通りです。

中学の部:2位(全国大会出場)

高校の部:3位(全国大会出場)

 

中高どちらも全国大会への出場を決めることができました。

全国大会は8月10~12日に千葉大学で対面で行われます。残りの期間も全国大会に向けて準備を進めていきます。

【中・高 陸上競技部】県スポーツ大会相双地区予選、大会記録2つを含む大活躍!

6月22日(土)から24日(月)にかけて、南相馬市・雲雀ヶ原陸上競技場にて福島県スポーツ大会相双地区予選会が開催されました。本校の中高生が出場し、素晴らしい成績を収めました。

特に、女子5000mと少年男子B3000mにおいて、それぞれ大会新記録を樹立しました。

これからも県大会に向けて、さらなる飛躍を期待しています。応援いただいた皆様、ありがとうございました。

主な結果

女子5000m:第1位 市川眞央 19分01秒87(大会新記録)

少年男子B3000m:第1位 廷々光琉 9分21秒93(大会新記録)

男子1500m:第2位 長谷川翔哉 4分17秒74、第3位 髙橋亜玖吾 4分18秒13

少年男子B100m:第2位 長谷川椋哉 12秒11

女子円盤投:第1位 本郷芽生 24m57

男子800m:第3位 廷々光琉 2分10秒75

男子5000m:第2位 長谷川翔哉 18分04秒63

女子200m:第3位 中島優空 28秒91

女子4×400mR:第2位 島田風花・本郷芽生・澁谷歩惟・市川眞央 4分53秒75

選手たちの今後の活躍にご期待ください。

お祝い 【中学校ソフトテニス部】相双地区中体連大会結果

6月5日(水)団体戦、6日(木)個人戦が、南相馬市テニスコートで行われました。

・女子団体 優勝(県大会出場)

 予選リーグでは鹿島中に惜敗し、グループ2位で決勝トーナメントに進出。

 決勝トーナメントでは決勝戦で再び鹿島中と対戦となりましたが、2-1でリベンジを果たし初優勝となりました。

・男子団体 予選リーグ敗退

 新入部員も団体メンバーに入り健闘しましたが、惜しくも県大会出場とはなりませんでした。

・男子個人

 3位 井戸川・新家ペア(県大会出場)、ベスト16 田村・川嶋ペア

・女子個人

 ベスト8 新家・遠藤ペア(県大会出場)、林﨑・舘石ペア(県大会出場)

 ベスト16 山谷・佐藤ペア、小野・工藤ペア

 中学校創立から創部6年目で男女通じ初めて団体戦で優勝することができました。あわせて、震災後に初めて優勝旗を双葉郡に持ち帰ることができたことも感慨深く感じます。ジュニア経験者がおらず、ソフトテニス初心者のチームですが、ソフトテニス好きが高じてだんだんと実力がつきつつあります。これも、保護者のみなさまの御理解と御協力、広野町のテニスコート利用について、地区連盟の大会参加への御理解と御支援があったからこそだと思っています。今後も、まわりから応援されるチームを目指していきますので、変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。中体連男女集合写真

女子集合3年生

お祝い 【中学校ソフトテニス部】4・5月 大会結果報告

中学校ソフトテニス部は新入部員を迎え、6月5日・6日に行われる相双地区中体連大会に向けて練習にも熱が帯びてきています。

今年度に入り、相双地区で行われた各種大会で優勝をはじめ入賞することができました。

勢いそのままに、中体連では3年生はこれまでの練習の集大成として、チーム・個人目標の達成を目指す!1・2年生は、3年生の思いを受けて共に何ができるかを考え、自分の役割を考えて精いっぱいプレーと応援をしてほしいと思います。

応援してくれている方々への感謝の気持ちを忘れず、最後まであきらめずに全力プレーを!!

【大会結果報告】

・相馬市ソフトテニス春季大会 中学女子の部 第1位 新家・遠藤ペア

・第90回南相馬市民ソフトテニス大会 中学3年女子 第1位 新家・遠藤ペア

                   中学3年男子 第2位 井戸川・新家ペア

                   中学2年女子 第2位 林﨑・舘石ペア

                          第3位 小野・工藤ペア

・令和6年度ダンロップ杯争奪相双地区中学校ソフトテニス春季選手権大会 女子個人 第1位 新家・遠藤ペア優勝トロフィとカップ

【中・高 陸上競技部】高校:地区予選と中学:選手権大会で活躍!

5月10日(金)からの3日間、今年も陸上競技部が地区予選と相双選手権大会に参加し、見事な成績を収めました。

高校生の活躍

高校生はインターハイ地区予選で熱い戦いを繰り広げました。特に、女子3000m、女子1500m、女子円盤投げ、女子200mの競技で優勝し精彩を放ちました。加えて、チーム全体としての団結力が光りました。その他の種目でも優れた成績を残し、5月24日(金)から開催される県大会への切符を手に入れました。

 

中学生の躍進

中学生も相双選手権大会で素晴らしい結果を収めました。選手たちは地道に練習を重ね、大会での実力を発揮しました。5月16日(木)からは中体連地区大会も開催されます。これからさらに成長する彼らの活躍に期待が高まります。