ふたば未来学園の日々

カテゴリ:スペシャリスト系列商業

【商業】ソーシャルプロダクツ賞を受賞しました

第9回ソーシャルプロダクツ・アワード(SPA)2022で受賞しました!

①年度テーマ(SPA2022)
「東日本大震災からの復興」につながるソーシャルプロダクツ
 2011年3月の東日本大震災後に発売され、被災地(岩手・宮城・福島)の社会的課題の解決につながる商品・サービス

ソーシャルプロダクツ賞
応募商品・サービスの中で、優れた社会性と商品性を持つと認められるものに授与されます。

スペシャリスト系列【商業】3年次

Fのえんぴつ・ピンバッジ 休校の想いを未来へ

この取り組みは、本校のWEBよりご確認できます。

【商業】休校の学校を忘れない(Fのえんぴつ・ピンバッジ)

同様の取り組みとしてこちらもご覧ください。

【商業】おだがいさま工房と「Fのエコバック」

 

 

ソーシャルプロダクツとは
「エコ(環境配慮) 」や「オーガニック」、「フェアトレード」、「寄付つき」、「地域や伝統に根差したもの」など、人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、購入者が持続可能な社会づくりに関する行動や団体とつながることができるものをいいます。

ソーシャルプロダクツ・アワード (SPA)とは
SPA は、ソーシャルプロダクツの普及・推進を通して、持続可能な社会を実現することを目的にした、日本で初めての、そして唯一の、ソーシャルプロダクツを表彰する制度です。
優れたソーシャルプロダクツの情報を生活者に広く提供するとともに、ソーシャルプロダクツを通して持続可能な社会づくりに取り組んでいる企業、団体を応援します。

◆展示販売会のご案内
場所:大丸東京店 9 階「イベントスペース」
〒100-6701 東京都千代田区丸の内 1-9-1
日時:2022 年 2 月 23 日(水)~2021 年 3 月 1 日(火)
10 時~20 時(営業時間は変更する場合があります。最新の情報は大丸東京店
ウェブサイトでご確認ください。)

 

ソーシャルプロダクツ・アワード について

背景
環境問題や貧困問題、食の安全・安心の問題など、さまざまな社会的課題を解決するには多くの生活者を巻き込むことが必要である。身近な商品やサービスに社会的価値や意味を組み込んだソーシャルプロダクツにはその可能性があるが、いかに普及していくかが課題となっている。
理念
「ソーシャルプロダクツを通して世界を変える」
目的
(1)優れたソーシャルプロダクツの情報を生活者に広く提供し、身も心も豊かなライフスタイルの実現を後押ししていくこと。
(2)ソーシャルプロダクツを通して持続可能な社会づくりに取り組んでいる企業、団体を応援すること。
(3)ソーシャルプロダクツの普及を通じて持続可能な社会を実現すること。

応募対象商品・サービス
以下の5点を全て満たすもの。
(1)何らかの社会的課題の解決に貢献する全ての商品・サービス
(食品、化粧品、アパレル、雑貨、住宅、家電、自動車、旅行、金融商品など、有形・無形を問わない)
(2)生活者が、商品・サービスの購入や利用を通して持続可能な社会づくりへの参加(人・環境・地域社会
への貢献)が可能であるもの。
(3)社会性と商品性(機能や品質、デザインなど)を兼ね備えたもの
(4)一般の生活者が購入および利用できるもの ※企業向け(B to B)のものは対象外
(5)2021年10月15日までに販売実績があり、2021年10月16日以降も継続して販売予定があるもの

審査のポイント
(1)社会性
生活者が商品・サービスを選択するにあたって、それらが持つ社会的課題の解決、持続可能な社会づくりへの貢献などは商品選択の重要な要素となるため、SPAでは、環境や人、地域社会に対する配慮である「社会性」を審査の対象とする。
①生活者が「持続可能な社会」づくりに関心をもつような啓発活動をしている。
②社会的課題の解決に向けた取り組みの実績がある。
③社会的課題の解決に対する取り組みが既存の枠にとらわれないユニークで先進的なものとなっている
(3)ストーリー
ソーシャルプロダクツは、何らかの形で社会的課題の解決に貢献するものである。それゆえ、商品やサービスの開発にあたっては、その商品ならではの開発背景や想いなどが産まれる。SPAでは、そうしたストーリーも審査の対象とする。

 

【商業】R3東北農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」授与式に出席しました。

令和3年度 東北農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」選定証授与式

東北農政局のWEBへ

 

ディスカバー農山漁村の宝アワード選定証授与式へ出席してきました。

日時 12月21日(火)13:00
場所 エル・パーク仙台セミナーホール1・2
内容 選定証授与式 及び 意見交換会

出席者の方々と記念撮影しました。

 

スペシャリスト系列【商業】3年次9名の代表として受け取りました。

意見交換会では、自分たちの活動だけでなく、先輩や後輩たちの活動も含めて紹介しました。

 

 

 

東北農政局WEBより

令和3年度東北農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」の選定結果について

1.趣旨
内閣官房及び農林水産省は「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現に向けて、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良な事例を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第8回選定)として、令和3年11月19日(金曜日)に34地区及び4名を選定しました。
東北農政局においても、応募のあった事例の中には、これら以外にも優れた取組があることから、東北独自の特徴ある優れた取組について、令和3年度東北農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」として選定し、広く発信することにより他地域への横展開を図ることとします。

2.選定結果
令和3年度東北農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」選定委員会を開催し、次の9地区及び2名を選定しました。

1 青森県 五戸町 舘町神楽舞保存会(倉石土地改良区) コミュニティ
2 岩手県 遠野市 特定非営利活動法人遠野山・里・暮らしネットワーク コミュニティ
3 岩手県 滝沢市 水土里ネット 岩手山麓 コミュニティ
4 秋田県 藤里町 特定非営利活動法人ふじさと元気塾 コミュニティ
5 福島県 広野町 福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校スペシャリスト系列(商業)3年次 コミュニティ
6 青森県 弘前市 農業生産法人 有限会社 ANEKKO ビジネス
7 岩手県 紫波町 株式会社紫波フルーツパーク ビジネス
8 秋田県 八峰町 八峰町 農林振興課 ビジネス
9 山形県 庄内町 株式会社 いで葉工望 ビジネス
10 宮城県 丸森町 八島 哲郎 個人
11 秋田県 上小阿仁村 鈴木 孝明 個人

 

スペシャリスト系列【商業】3年次の活動が、他の高校や地域にも広がっていくように発信していきます。

応援よろしくお願いいたします。 

 

スペシャリスト系列【商業】の活動は、下部の”商業”タグをクリックしてご確認ください。

未来創造探究における商業の生徒、他系列の商業科目選択者の活動も含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【商業】おだがいさま工房と「Fのエコバック」

平成27年2月15日のことになりますが・・・・

震災・原子力発電所事故の影響により、サテライト校(いわき明星大学)で学習活動を行っていた、双葉高校、双葉翔陽高校、富岡高校の生徒とおだがいさま工房(富岡町)が写真のような活動を行いました。

双葉翔陽高校FBより

 

 

7年近く経ち・・・休校になった学校を忘れない取り組み第2弾として、エコバックの開発を行いました。

令和3年11月24日(木)

おだがいさま工房と一緒に活動しました。

地域協働スペースで作業を行います。

この場所に、休校になった学校の作品が飾ってあります。

デザインしたものの型抜きを行います。

力を込めて作業しました。

 一日干します。

 

令和3年11月25日(木)

水洗い中。ブラシでごしごし。

アイロンがけを行います。 

エコバックをひっくり返して、アイロンがけ。

どのように梱包して販売しようか?

プラスチックを使わない梱包を考え中。

完成しました。

休校になった学校も本校も一緒です。

 

 

完成したエコバックの販売について

・令和3年12月1日(水)点灯式前に販売しました。

 YONOMORIまち灯り2021(夜ノ森駅待合室)で販売しました。

コロナ対策として、お持ち帰り用商品のみをそろえました。

Fのわたあめ(バケツ)も新登場です。

Oh!くまちゃんも、リニューアルして新登場です。

4月の桜まつりから始まり、12月のイルミネーションまで頑張りました。

 

・委託販売先

 ふたばいんふぉ(富岡町)

 道の駅ならは(楢葉町)

 

活動の様子は以下のサイトからもご確認できます。

5校の校章や校名あしらったエコバッグ 福島県広野町のふたば未来学園高 

【商業】北海道・高知フェアを”道の駅ならは”で実施しました。

活動の様子は以下のサイトからご確認できます。

高校生開発の古里特産品を紹介 福島県、高知県、北海道の4高校 オンラインで自慢の商品販売

 

高校生同士で地域特産品の販路拡大を図ろうと、ICTを活用して【北海道-福島県-高知県の高校で合同販売実習】を行いました。

日時 令和3年11月23日(火)10時~15時

場所 道の駅ならは

Zoom参加 北海道立斜里高等学校

     北海道浦河高等学校

動画参加 高知県立佐川高等学校

     

スペシャリスト系列【商業】3年次_開発商品

どらシリーズ

 広野町の蜜柑を使ったどら焼き

 楢葉町の柚子を使ったどら焼き

 大熊町の苺を使ったどら焼き

Oh!くまちゃん(新しくなりました♡)

 大熊町の苺・キウィを使った焼き菓子

 

Fのえんぴつ・ピンバッジ

 浪江高校津島校、浪江高校、双葉高校、双葉翔陽高校、富岡高校、福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校

 Fのわたあめ(バケツ)

 広野町のミカン

 楢葉町のユズ

 富岡町のパッションフルーツ

 スペシャリスト系列【農業】のシクラメン

 

 

 

〇合同販売実習を実施しました。

日 時  令和3年11月3日(祝・水)

参加校  修明高校 情報ビジネス科
     ふたば未来学園高校 スペシャリスト系列【商業】3年次

Zoom参加 高知県立佐川高等学校
     北海道浦河高等学校

動画参加 北海道立斜里高等学校

Fのわたあめには行列が・・。

一番人気は、棚倉町のブルーベリー味!

自分のカップにお絵かきしよう♡

北海道や高知とつながっています。

今回のオンラインで交流したメンバー。

7月の生徒商業研究発表大会以来ですね。

 

 

〇第2回 オンライン交流兼商談会を実施しました。

日 時  令和3年10月4日(月) Zoom

県 外  高知県立佐川高等学校
     北海道立斜里高等学校
     北海道浦河高等学校

県 内  修明高校 情報ビジネス科
     ふたば未来学園高校 スペシャリスト系列【商業】3年次

内 容  11/3の福島県合同販売会における取扱商品について

 

修明・高知県立佐川・本校で商談中です。

 

 

〇第1回 オンライン交流を行いました。
日 時  令和3年 9月13日(月) Zoom
県 内  修明高校 情報ビジネス科
     ふたば未来学園高校 スペシャリスト系列【商業】3年次
内 容  令和3年度生徒商業研究発表大会福島県大会(R3.7.23-24)の振り返り
     棚倉町のブルーベリーで、本校企画のFのわたあめ
     合同販売実習へのおさそい(11/3棚倉町にて)
     遠隔地オンライン商談会へのおさそい 


     

 

【商業】愛知県立一宮商業高校生へ講演(プレゼン)を行いました。

日 時 令和3年11月18日(木)14:20-15:10

参加者 愛知県立一之宮商業高校(全学年約700名)

 

スペシャリスト系列【商業】3年次9名は、愛知県の一之宮商業高校の生全生徒を対象にした「防災教室」で講演(プレゼン)を行いました。

これまでの自分たちの活動を振り返り、東日本大震災からの復興への活動と涵養してきた「生きる力」を伝える内容を心掛けました。 

・福島の元気な姿を伝える。

・被災した地域で生きる力になっていることを伝える。

 

やっぱり緊張しますね。

 プレゼンしたり動画を流したり、コメントもらったり注文受けたり。

高校生同士って、やっぱりいいよね。

 

【商業】ユズ農家さんと交流しました。

令和3年11月17日

 

前ユズ研究会会長の新妻孝さんのユズほ場に行ってきました。

今回の交流で、3年目を迎えます。

「多田錦は種が少ないんだ。」「ほんとだ!」

「トゲに気を付けて、大きいの収穫しな。」「はーい」

参加できなかった生徒分にと、収穫用のユズを頂きました。

本校の地域協働スペースで、ユズ狩りが出来ます。

ユズにはトゲがあるから気を付けてね。

これまでの活動

【探究&商業】R2楢葉町のユズ収穫で、農家さんと交流をしました。

【商業】地元農産物の収穫と開発商品の試食会について

【商業】楢葉町のユズで商品開発!

令和3年11月17日(水)

有機JAS認証を受けている、松本さんのユズほ場で収穫しました。

 

テレビで放送されました。

KFB 楢葉町の子どもたちがユズの収穫体験(福島)

 

有機JAS認証のユズ農家の松本さんからの挨拶

あおぞらこども園の園児と一緒に収穫しました。

松本さんから、高枝ばさみ等の指導も受けました。

収穫した(有機JAS認証の)ユズは、ユズサイダーや青春ドレッシングに生まれ変わるよ!

探究の再エネゼミも参加しました。

「ユズの香りがするかな?」「する⤴」

 

 

これまでの活動 

 【商業】楢葉のゆずでライブコマース

 

【商業】大熊町のキウイ・苺・梨で商品開発!

令和3年11月12日(金) 

 大熊町在住の佐藤さんのキウイを収穫しました! 

ジャガイモみたいに大きいキウイです。

このキウイを使って商品開発するぞ!

 「ネクサスファームおおくま」に行ってきました。

工場長から商品開発に向けて、激励の言葉を頂きました。

この夏いちごを使って商品開発するぞ!

 大熊といえば・・。

レインボー!前回伺ったときは定休日でした。

大熊のイチゴを使ったドリンクとメニューを市場調査しました。

休憩時間にも関わらす、実演していただきました。

3層がキレイ!

レインボー武内さんの試作メニューを頂きました。

ネクサスファームおおくまのイチゴと関本元樹さんのキウイ。

うまい!

 

令和3年10月6日(水)

双葉郡で育てている梨。

志賀さんいつもありがとうございます。

今年は、最初の霜がつらかった。

収穫できたのは1個だけ・・。

大事に商品開発するぞ!

 

これらの3種類の果実を使った商品開発を行います。

 

先輩方と協働で開発するぞ!

【高校探究】ただいま双葉翔陽 フルーツの香り漂うロマンの里へ~10月編

 この時は、梨とキウイのみでした。

 今回はいちごも一緒に開発します。

 

 

令和3年11月20日(土)

ペールノエルさんで、【Oh!くまちゃん】と【Fのわたあめ】の製造を行いました。

講師として、昨年度Oh!くまちゃんの開発者の先輩に来ていただきました。

大熊のイチゴがいっぱいです。

大熊のキウイの皮むきの仕方は?

新しいクマの焼き型を使っています。

今回は、進学先で米粉について学んでいる先輩が講師です。

今回はIwaki Laiki(いわきライキ)の米を使ったOh!くまちゃん。

膨らみ具合が気になります。

クマに合わせて流し込みます。

ラベルの作り方をご指導中。

さあ、やってみましょう。

 

購入するには?

・令和3年1月7日(金)に、委託販売をしました。

広野町直売所のらっこ(広野町)、道の駅ならは(楢葉町)、ふたばいんふぉ(富岡町)、レインボー(大熊町)

これからも定期的な販売をする予定です。

大熊町の特産物を、より多くの方々に伝えていけるように頑張ります。

 

【商業】休校の学校を忘れない(Fのえんぴつ・ピンバッジ)

〇活動の様子は以下のサイトからご確認できます。

原発事故の影響で休校中の高校のことを伝える…ふたば未来学園の生徒が取り組む (21/11/06 21:15)

福島ニュース [福テレ]

 

 〇令和3年10月22日(金)12:00〜販売開始

 委託販売先での購入が難しい方は、こちらのサイトをご利用ください。

磐城高箸ネットショップ

 ※写真は生徒が撮影しました。

 

 

 

〇令和3年10月20日(水) 12:00〜12:30

 地域協働スペースにて販売会を実施しました。

全種類ご用意いたしました。

 ※この日はcaféふぅも一般向け営業日

後輩たちからの質問にも答えました。

 

〇令和3年10月17日(日)

 作業場所:磐城高箸

前回から生まれたアイディアを製造するぞ!

 

焼き印を押している作業は前回と同じように見えるけど・・。

あれ?えんぴつに6回焼き印押しているね!

6校が一つになった鉛筆だね♡

ネットショップの原稿と写真をチェック中

磐城高箸さん、今回もありがとうございました。

 

 

〇販売委託先

・ふたばいんふぉ

・道の駅ならは

・磐城高箸ネットショップ(10/22の12時〜)

一部品切れしております。申し訳ございません。

 

〇商品ラインナップ

福島県立浪江高等学校 津島校

福島県立浪江高等学校

福島県立双葉高等学校

福島県立双葉翔陽高等学校

福島県立富岡高等学校

・福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校

 

・6校セット

 

 

〇令和3年10月2日(土)

 高校生ブースへの納品作業

 場所:道の駅ならは

どう置いたら、思いは伝わるだろう?

 

 天神岬サマーフェスタ2021に出店

 場所:楢葉町天神岬公園

休校になった5校(浪江高校津島校、浪江高校、双葉高校、双葉翔陽高校、富岡高校)のOB/OGの方が購入していきました。

 

夜空を彩る花火。私たちの思いも天まで届け!!

 

 

〇令和3年10月1日(金)

 ※この日は、創立記念日(ふたば未来学園中学校・高校)です。

 11:00〜11:30

 ふたばいんふぉ 

 〒979-1111 双葉郡富岡町大字小浜字中央295ふたばタイムズ1F

OB/OGの方が購入しながら、交流していました。

 13:00〜13:30

 道の駅ならは

 〒979-0513  双葉郡楢葉町山田岡大堤入22−1

「新聞見て来たよ」とOB/OGの方々。

出身校を懐かしく思い出していただきました。

 

磐城高箸さんもいらっしゃいました。

ネットショップの打合せ中。

 

 

〇令和3年9月30日(木)

 一つ一つ手作業しています。

 作業場所:選択教室

脱プラで梱包中です。

 

 

 

〇令和3年9月28日(火)

 中学生に思いを伝えました。

 作業場所:本校技術室

 中学2年生へ、休校の学校への思いを伝えました。

高校生「ピンの接着に協力してもらえますか?」

中学生「はい!」

 

福島県産の木材で作った「休校の校章バッチ」にピンを接着しています。

このピンバッチは、誰の手に渡るのでしょうか?

 忘れない。忘れないで!忘れていないよ。

どんな思いを、中学生は込めているでしょう?

 

  

〇令和3年9月20日(祝・月)

 商品へ思いを込める。

 作業場所:磐城高箸

 レーザ加工されたピンバッチのヤニを洗浄しています。

ひとつ、ひとつ思いを込めて

鉛筆に焼き印を押しています。

一本、一本思いを込めて

高橋社長との打ち合わせ

 ソーシャルビジネスとSDGsについて、アドバイスを頂きました。

 

 

 この取り組みのプロローグは!、こちらからどうそ!

5/3【商業】億プロ セレクトギフトは何にする?いわき編

4/25【商業】億プロ 休校の学校を訪問しました。

【商業】Fのわたあめ_イベント出店情報

Fのわたあめ 出店情報!

  

☆令和3年10月23日(土)

☆令和3年10月31日(日)

☆令和3年11月3日(祝・水)

場所:棚倉町「みりょく満点物語」

参加高校:修明高校、ふたば未来

オンライン参加:北海道斜里高校北海道浦河高校高知県佐川高校

 

 

〜F から始まる言葉への思い〜

私たちが生活する福島県双葉郡では、フルーツ栽培が盛んです。しかし、双葉郡の町村ごとにいろんなフルーツが栽培されていますが、知名度が低くあまり知られていません。そこで私たちは双葉郡のフルーツを広める為に「Fのわたあめ」のソーシャルビジネスを始めました。

当初は双葉郡の広野町のみかん・楢葉町のユズ・富岡町のパッションフルーツのフルーツわたあめの開発・製造・販売まで行ってきました。今回はさらに、オンラインで交流している修明高校(棚倉町)のブルーベリーも、新しい味として加わりました。

今後は、全国の学校で地元の果実を使った「Fのわたあめ」が取り組めるように活動を展開していきます。

F・・復興・復活・ふるさと・福島・双葉郡などの想いが込められています。

 

Fのえんぴつ・ピンバッジの販売も予定しております。